マックスバリュ名古屋

マックスバリュ名古屋株式会社( -なごや)は、かつて愛知県名古屋市を中心にスーパーマーケットを展開していたイオングループの企業。2007年(平成19年)10月にマックスバリュ中部株式会社に吸収合併された。

長らくボランタリー・チェーンの「ナフコチェーン」の1社「ナフコはせ川」としてスーパーマーケットを運営していたが、マックスバリュ中部の傘下に入ったことを受け社名を改称、店舗名も「マックスバリュ」に改称した。マックスバリュ中部に吸収合併された時点では19店舗を運営していた。

沿革編集

  • 1950年(昭和25年)10月 - 名古屋市東区矢田市場内に塩乾物商「長谷川商店」を開業
  • 1953年(昭和28年)7月 - 有限会社はせ川を創立
  • 1968年(昭和43年)7月 - 株式会社はせ川フードセンターを設立
  • 1969年(昭和44年)1月 - ボランタリー・チェーン協同組合ナフコチェーン」に加盟
  • 1983年(昭和58年)8月 - 株式会社はせ川に商号変更
  • 1989年(平成元年)7月 - 株式会社ナフコはせ川に商号変更
  • 2006年(平成18年)
    • 5月 - マックスバリュ中部株式会社の100%子会社となる
    • 6月 - ボランタリーチェーン「協同組合ナフコチェーン」より脱退
    • 7月 - マックスバリュ名古屋株式会社に商号変更し、全店舗を「マックスバリュ」に店名変更
    • 9月 - クレジットカードの取扱いを開始
    • 10月 - 茶屋ヶ坂店を閉店
    • 11月 - マックスバリュポイントカードの取扱いを開始
  • 2007年(平成19年)10月 - マックスバリュ中部株式会社に吸収合併 

店舗編集

マックスバリュ中部における、かつてのマックスバリュ名古屋の店舗は、ナフコはせ川の店舗を継承しているため、名古屋市内は北部・東部地域に集中しており、中心部の中区の他、南部の熱田、瑞穂、天白、港、南、緑の各区内には店舗がなかった。最も多いのは名東区の6店舗で、北、昭和、中川の各区に2店舗ずつあった。

マックスバリュ名古屋への改称(2006年7月1日)からマックスバリュ中部に吸収合併される直前(2007年9月30日時点)に存在した店舗は以下の通り(その後閉店した店舗もあり)。【 】を付した店舗名はナフコはせ川当時のもの(店舗ブランドをマックスバリュに変更した際に改称したもののみ記載)。いずれも愛知県内に所在。公式サイトの店舗一覧(2006年8月6日現在2007年9月29日現在)も参照。

マックスバリュ中部への合併後、マックスバリュ東海の店舗として存続しているもの
マックスバリュ名古屋を吸収合併したマックスバリュ中部は、2019年9月1日にマックスバリュ東海に吸収合併された。
  • 一社店【一社21店】(名古屋市名東区
    • 入店していたビルの取り壊しに伴い2012年1月に一旦閉店、同地に増床新築し、2012年7月に閉店前と同じ店名で再オープンした[1]
  • 香流店【香流21店】(名古屋市名東区)
  • 今池店(名古屋市千種区
  • 御器所店【御器所21店】(名古屋市昭和区
  • 川原店【川原21店】(名古屋市昭和区)
  • 代官店(名古屋市東区)
マックスバリュ中部への合併後、イオンビッグの店舗として存続しているもの
マックスバリュ中部は、運営していた「ザ・ビッグ エクスプレス」全店舗を2019年6月1日にイオンビッグに移管しており[2]、それらには以下のマックスバリュ名古屋から継承した店舗を転換したものも含まれていた。なお、「ザ・ビッグ エクスプレス」に転換したもののこの移管以前に閉店済みの店舗については、下記の「閉店した店舗」を参照。
  • 味鋺店(名古屋市北区
    • 2018年9月7日に「ザ・ビッグ エクスプレス」に転換[3]
  • 五女子店【五女子21店】(名古屋市中川区
  • 荒子店【荒子21店】(名古屋市中川区)
    • 2009年に「バリューセンター」に転換[注 3]。2010年8月26日に「ザ・ビッグ エクスプレス」に再転換[5]
  • 花ノ木店(名古屋市守山区
    • 2010年に「バリューセンター」に転換[注 1]。2010年11月12日に「ザ・ビッグ エクスプレス」に再転換[6]
マックスバリュ名古屋の当時に閉店した店舗
マックスバリュ中部への合併以降に閉店した店舗
  • 菊井店(名古屋市西区、2008年2月23日閉店[8]
  • 瀬戸店【グリーンシティー瀬戸店】(瀬戸市、2008年2月25日閉店[8]
    • 同所にはその後「ダイトミ」が開店するも2009年に閉店、次いで「三河屋」が開業するも2011年に閉店、次いで「直販市場しんせん」が開店。
    • ナフコはせ川時代は「ナフコ グリーンシティー瀬戸店」を名乗っていたが、これとは別にナフコ瀬戸店(ナフコ不二屋が運営)も存在する。なお瀬戸市内にはホームセンターのナフコも所在している(瀬戸みずの店)。
  • 如意店(名古屋市北区、2008年6月30日閉店[8]
  • 本地店(尾張旭市、2008年6月30日閉店[8]
  • 引山店(名古屋市名東区、2009年8月31日閉店[9]
    • 跡地には2009年11月よりナフコ加盟の1社・ニワキンの店舗「ナフコ名東引山店」が開店したが2014年2月4日閉店。その後スギ薬局引山店が開店。
    • 2015年12月10日よりナフコ不二屋が営業している「ナフコ引山店」[10]は別の店舗である。
  • 猪高店(名古屋市名東区、2012年7月31日閉店[11]
    • 跡地にはスギ薬局文教台店が開店。
  • 藤が丘店【藤が丘21店】(名古屋市名東区、2014年7月31日閉店[12]
  • 高針店(名古屋市名東区、2015年9月30日閉店[15]
  • 向島店【向島21店】(名古屋市中村区、2019年5月30日閉店[17]
    • 2009年に「バリューセンター」に転換し[注 3]、2011年11月19日に「ザ・ビッグ エクスプレス」に再転換していた[18]
    • 建物は解体された[19]うえで、同所にアルビスが出店を申請している[20]

補足

  • ナフコはせ川当時に計画していたもののナフコはせ川としては開業に至らなかった「ナフコ砂田橋ショッピングセンター」は、「砂田橋ショッピングセンター」に改称のうえ、運営を当社ではなく親会社のマックスバリュ中部として[7]2006年11月18日に開店した。マックスバリュとしての店名は「砂田橋店」。
  • 商号変更時からマックスバリュ中部に吸収合併される間、愛知県下のマックスバリュは、マックスバリュ名古屋の他、イオン[注 5]、マックスバリュ中部、マックスバリュ東海の4法人が運営する店舗が混在していた。特に名古屋市内はマックスバリュ東海を除く3社の店舗が併存していた(区単位でも千種区には3社の店舗が併存していた[注 6])。2013年にイオンからイオンリテールを経て誕生したマックスバリュ中京がマックスバリュ中部に吸収され、名古屋市内をはじめ、愛知県東部を除く愛知県内がマックスバリュ中部運営に一本化された。2019年にはマックスバリュ中部がマックスバリュ東海に吸収され、愛知県全域で統一された。

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ a b 2010年3月5日現在のマックスバリュ中部公式サイトの店舗一覧では今池店・花ノ木店はマックスバリュと案内されているのに対し、2010年8月4日現在のマックスバリュ中部公式サイトの店舗一覧ではバリューセンターと案内されている。
  2. ^ 2011年8月16日現在のマックスバリュ中部公式サイトの店舗一覧では「バリューセンター今池店」と案内されているのに対し、2011年11月6日現在のマックスバリュ中部公式サイトの店舗一覧では「マックスバリュ今池店」と案内されている。
  3. ^ a b c d e 2009年9月9日現在のマックスバリュ中部公式サイトの店舗一覧では藤が丘店・高針店・向島店・五女子店・荒子店はマックスバリュと案内されているのに対し、2009年12月28日現在のマックスバリュ中部公式サイトの店舗一覧ではバリューセンターと案内されている。
  4. ^ さらに以前(2013年途中まで)は「松坂屋ストア藤が丘店」であった。
  5. ^ イオンが運営していたマックスバリュ店舗は、その後2008年にイオンリテールに承継され、さらに豊橋橋良店はマックスバリュ東海に再度承継され、それ以外の愛知県と岐阜県の店舗は、2010年にマックスバリュ中京として分社化している。
  6. ^ マックスバリュ名古屋の発足時点での千種区のマックスバリュは、今池店・茶屋ヶ坂店はマックスバリュ名古屋が運営、自由ヶ丘店はマックスバリュ中部が運営、千種若宮大通店はイオンが運営していた。

出典編集

  1. ^ 7月26日(木)お待たせしました!「マックスバリュ一社店」オープン”. マックスバリュ中部 (2012年7月20日). 2020年9月21日閲覧。
  2. ^ マックスバリュ東海株式会社及びマックスバリュ中部株式会社の合併契約締結並びにマックスバリュ東海株式会社からイオンビッグ株式会社への会社分割(簡易分割)及びマックスバリュ中部株式会社からイオンビッグ株式会社への会社分割(簡易分割)に関するお知らせ (PDF)”. マックスバリュ東海株式会社、マックスバリュ中部株式会社 (2019年4月10日). 2020年9月21日閲覧。
  3. ^ マックスバリュ中部/名古屋市に「ザ・ビッグ エクスプレス味鋺店」”. 流通ニュース (2018年9月5日). 2020年9月22日閲覧。
  4. ^ ~食品ディスカウントストア「ザ・ビッグ エクスプレス」~ 9月17日(土)「ザ・ビッグ エクスプレス五女子店」オープン!”. マックスバリュ中部 (2011年9月7日). 2020年9月21日閲覧。
  5. ^ マックスバリュ中部/ザ・ビッグ・エクスプレス荒子店開店”. 流通ニュース (2010年8月23日). 2020年9月21日閲覧。
  6. ^ マックスバリュ中部/「ザ・ビッグ エクスプレス」名古屋市内2号店開店”. 流通ニュース (2010年11月15日). 2020年9月21日閲覧。
  7. ^ a b 2007年2月期 決算補足資料(第82期)”. イオン. 2020年9月27日閲覧。
  8. ^ a b c d 2009年2月期 決算補足資料(第84期)”. イオン. 2020年9月23日閲覧。
  9. ^ 2010年2月期 決算補足資料(第85期)”. イオン. 2020年9月23日閲覧。
  10. ^ ナフコ引山店 12月10日オープン”. 不二屋 (2015年12月8日). 2016年1月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年11月11日閲覧。
  11. ^ 2013年2月期 決算補足資料(第88期)”. イオン. 2020年9月23日閲覧。
  12. ^ 2015年2月期 決算補足資料(第90期)”. イオン. 2020年9月23日閲覧。
  13. ^ 店舗譲受に関するお知らせ”. マックスバリュ中部 (2014年1月21日). 2014年4月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月21日閲覧。
  14. ^ 中部地区店舗の事業譲渡および閉鎖について”. イオンマーケット (2014年3月1日). 2015年1月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月21日閲覧。
  15. ^ 2016年2月期 決算補足資料(第91期)”. イオン. 2020年9月23日閲覧。
  16. ^ ~食品ディスカウントストア「ザ・ビッグ エクスプレス」~ 2月25日(土)「ザ・ビッグ エクスプレス高針店」オープン!”. マックスバリュ中部 (2012年2月17日). 2020年9月23日閲覧。
  17. ^ 検索: 名古屋市”. マックスバリュ中部. 2019年5月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月21日閲覧。
  18. ^ 11月19日「ザ・ビッグ エクスプレス向島店」オープン!”. マックスバリュ中部. 2013年11月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月21日閲覧。
  19. ^ 施工実績”. 株式会社豊成. 2020年12月10日閲覧。
  20. ^ (仮称)アルビス中村店(令和2年8月11日提出) 出店概要書(事業向け情報)”. 名古屋市 (2020年8月26日). 2020年12月10日閲覧。

外部リンク編集