マット・アンダーソン (バレーボール)

マット・アンダーソンとして知られるマシュージョン・アンダーソン(Matthew "Matt" John Anderson,1987年4月18日 - )は、アメリカ合衆国の男子バレーボール選手である[2][3]アメリカ合衆国代表

マシュー・ジョン・アンダーソン
Matthew John Anderson
Volleyball (indoor) pictogram.svg
Matthew Anderson.jpg
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生年月日 (1987-04-18) 1987年4月18日(30歳)[1]
出身地 アメリカ合衆国の旗 ニューヨーク州バッファロー
ラテン文字 Matthew John Anderson
身長 202cm
体重 100kg
選手情報
愛称 マット
ポジション OP
スパイク 360cm
ブロック 332cm
 
獲得メダル
Flag of the United States.svg アメリカ合衆国
オリンピック
2016 男子バレーボール
テンプレートを表示

目次

私生活編集

ニューヨーク州バッファロー出身。5人兄姉の末弟として生まれた。2人の姉は学生時代にバレーボールの経験があり、マットはウェストセレカ高校を2005年に卒業している。

選手キャリア編集

 
マット・アンダーソンのスパイクサーブ(2014年世界選手権のイタリア戦にて)

ウェストセレカ高校(英語版)最上級学年時には、同校バレーボールチームをレギュラーシーズン17勝無敗の好成績で、地区決勝戦へと導いた。決勝ではハンブルグ高校に3-0で敗れている。2004年には同校は、ディビジョンⅠ選手権者となった。その後、アンダーソンはエリー郡イーデン町にあったイーデンバレーボールクラブでプレーした。ペンシルベニア州立大学に進んだアンダーソンは、2年次には驚くべきことに身長が207cm(6'10")に達した。高校時代の元来のポジションはミドルブロッカーであったが、イーデンVCではアウトサイドヒッターやオポジットとしての経験を積んだ。アンダーソンは今日、著名な同クラブ出身者の中でもトップクラスのプレーヤーとして名を馳せている。

ペンシルベニア州立大学におけるアンダーソンの成績はアタック決定本数1,212本、サービスエース82本であり、歴代の同学出身者ランキングの13位となっている。特筆すべきは2008年シーズンで、ペンシルベニア州立大学ニッタニーライオンズを決勝戦に導き、ペパーダイン大学ウェーブスを打ち破ってNCAA選手権二度目の優勝を飾ったことである。この試合では29本のアタックを決め、MOP(Most Outstanding Player=最も傑出した選手)に選出された。また同年にはEIVA(東部大学バレーボール協会)の年間優秀選手、AVCA(全米大学監督協会)の年間優秀選手、AVCAファーストチームにも選出されている。

2008年7月、ペンシルベニア州立大学4年次への進級を中断し、韓国Vリーグ現代キャピタル・スカイウォーカーズとプロ契約を締結した[4]。デビューシーズンではスカイウォーカーズをレギュラーラウンド1位への導いている。2010/11シーズンはイタリアのカッリポ・ヴィボ・ヴァレンツィアでプレーし、翌シーズンにはパッラヴォーロ・モデナに移籍、更に2012年からはロシア・スーパーリーグゼニト・カザンへと移籍した。2012/13シーズンにはロシア選手権銅メダル[要出典]欧州チャンピオンズリーグ銅メダル獲得に貢献した[5]。2013/14シーズンには、ロシア選手権優勝の原動力となり、自らもMVPに選出されている[6][7]

2014年10月29日、アンダーソンはうつ病を理由に、セニト・カザンとの契約打ち切りを申し入れしたが[8][9]、同年12月26日、年明けからゼニト・カザンへの復帰を表明した[10]

球歴編集

アメリカ合衆国代表 2007年-

所属クラブ編集

受賞歴編集

脚注編集

  1. ^ アメリカ | 男子出場チーム FIVBワールドカップバレーボール2015
  2. ^ fivb. “Player's Biography”. 2015年2月7日閲覧。
  3. ^ TEAM USA. “Biography”. 2015年2月7日閲覧。
  4. ^ Anderson to forego senior year; signs professional contract in Korea - gopsusports.cstv.com - 01-07-2008
  5. ^ Zenit KAZAN settles for bronze to celebrate fourth European medal - cev.lu - 17-03-2013
  6. ^ RUS M: Zenit Kazan keeps Matt Anderson - worldofvolley.com - 04-05-2014
  7. ^ Zenit Kazan wins national championship - end.tatar-inform.ru - 14-04-2014
  8. ^ Андерсон решил приостановить карьеру - zenit-kazan.com - 29-10-2014
  9. ^ Matt Anderson terminated contract with Zenit - worldofvolley.com - 29-10-2014
  10. ^ FIVB. “American Anderson to return to Zenit-Kazan”. 2014年12月29日閲覧。

外部リンク編集