メインメニューを開く

マリエンバード (Marienbard) はアイルランドで生産されイギリス(のちにアラブ首長国連邦)で調教を受けた競走馬。現役引退後は種牡馬。第81回(2002年凱旋門賞の優勝馬である。

マリエンバード
欧字表記 Marienbard
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 1997年5月26日(22歳)
Caerleon
Marienbad
母の父 Darshaan
生国 アイルランドの旗 アイルランド
生産 Saif Ali
馬主 Saif Ali
Godolphin
調教師 Michael A. Jarvis(イギリス
Saeed bin Suroor (UAE)
競走成績
生涯成績 17戦8勝
獲得賞金 211,316ポンド
+ 1,591,014ユーロ
+ 100,000ドル
テンプレートを表示

戦跡編集

デビューから3連勝で準重賞を制すと初重賞挑戦となったグレートヴォルティジュールステークス (G2) でも2着に食い込む。初G1挑戦となったセントレジャーでは6着と惨敗してしまうも、古馬になってシェイク・モハメド率いるゴドルフィンにトレードされてから初戦のヨークシャーカップ (G2) で初重賞勝利を挙げる。その後は長距離路線を歩み、アイルランド、フランスオーストラリアにも遠征したが、勝ち切れなかった。

5歳になるとドバイシーマクラシック4着のあと、ジョッキークラブステークス (G2) で約1年ぶりの勝利を挙げる。コロネーションステークス4着を経てドイツ賞で初G1勝利を挙げると続くバーデン大賞も勝利し、G1を連勝。勢いで臨んだ凱旋門賞も8番人気と低評価ながら、当年のジョッケクルブ賞勝ちのスラマニ (Sulamani) や次走でブリーダーズカップ・ターフを勝つハイシャパラル (High Chaparral) 以下を破って優勝した(ちなみに日本馬のマンハッタンカフェもこの競走に参戦していた。結果13着)。この1戦を最後に引退、種牡馬入りした。

競走成績編集

出走日 競馬場 競走名 距離 着順 騎手 着差 1着(2着)馬
2000.06.09 レイセスター 未勝利S 芝12f 1着 M.テブット 1 3/4馬身 (Pepe Galvez)
2000.06.26 ウインザー 条件S 芝11f153y 1着 P.ロビンソン 2馬身 (Promissing Lady)
2000.07.08 ヘイドック ジュライトロフィーS 準重 芝12f 1着 P.ロビンソン アタマ (Air Marshall)
2000.08.22 ヨーク グレートヴォルティジュールS G2 芝12f 2着 P.ロビンソン 2 1/2馬身 Air Marshall
2000.09.09 ドンカスター セントレジャーS G1 芝14f132y 6着 P.ロビンソン 7 1/4馬身 Millenary
2000.10.21 ニューベリー パーペチュアルS G3 芝12f 2着 L.デットーリ 1 1/2馬身 Wellbeing
2001.05.17 ヨーク ヨークシャーC G2 芝14f 1着 L.デットーリ 1馬身 (Samsaam)
2001.06.21 アスコット アスコット金杯 G1 芝20f 5着 L.デットーリ 7馬身 Royal Rebel
2001.08.26 ドーヴィル ドーヴィル大賞 G2 芝2500m 2着 L.デットーリ 2 1/2馬身 Holding Court
2001.09.15 カラ 愛セントレジャー G1 芝14f 3着 L.デットーリ 4馬身 Vinnie Roe
2001.11.06 フレミントン メルボルンC G1 芝3200m 7着 L.デットーリ 8馬身 Ethereal
2002.03.23 ナドアルシバ ドバイシーマクラシック G1 芝2400m 4着 J.スペンサー 2 1/4馬身 Nayef
2002.05.03 ニューマーケット ジョッキークラブS G2 芝2400m 1着 J.スペンサー クビ (Millenary)
2002.06.07 エプソム コロネーションC G1 芝12f10y 4着 J.スペンサー 12馬身 Boreal
2002.07.28 デュッセルドルフ ドイツ賞 G1 芝2400m 1着 L.デットーリ 1 1/2馬身 (Yavana's Pace)
2002.09.01 バーデンバーデン バーデン大賞 G1 芝2400m 1着 L.デットーリ 2 1/2馬身 (Salve Regina)
2002.10.06 ロンシャン 凱旋門賞 G1 芝2400m 1着 L.デットーリ 3/4馬身 (Sulamani)

種牡馬入り後編集

引退後は日本に輸出され、イーストスタッドで種牡馬入りした。産駒は馬格はあるが、あまり勝ち上がり率は高くない。中央競馬における代表産駒であるマイネルダイナモは洋芝を使う函館競馬場の条件戦を連勝している。2008年の種付けシーズン終了後に、生まれ故郷であるアイルランドに輸出された。

代表産駒編集

ブルードメアサイアーとしてのおもな産駒編集

血統表編集

マリエンバード血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 ニジンスキー系
[§ 2]

Caerleon
1980 鹿毛
父の父
Nijinsky II
1967 鹿毛
Northern Dancer Nearctic
Natalma
Flaming Page Bull Page
Flaring Top
父の母
Foreseer
1969 黒鹿毛
Round Table Princequillo
Knight's Daughter
Regal Gleam Hail to Reason
Miz Carol

Marienbad
1991
Darshaan
1981 黒鹿毛
Shirley Heights Mill Reef
Hardiemma
Delsy Abdos
Kelty
母の母
Marie de Fontenoy
1983
Lightning Kashmir
Fidra
Primura Petingo
Valrose
母系(F-No.) マリエンバド系(FN:12-g) [§ 3]
5代内の近親交配 アウトブリード [§ 4]
出典
  1. ^ [2]
  2. ^ [3]
  3. ^ [2]
  4. ^ [2][3]


脚注編集

外部リンク編集