メインメニューを開く

高知優駿(こうちゆうしゅん)は、高知県競馬組合高知競馬場ダート1900メートルで施行する地方競馬重賞競走である。「黒潮ダービー (回次)高知優駿」と表記される。

高知優駿
開催国 日本の旗 日本
主催者 高知県競馬組合
競馬場 高知競馬場
創設 1973年12月8日
2019年の情報
距離 ダート1900m
格付け 重賞
賞金 1着賞金500万円
出走条件 サラブレッド系3歳オープン、地方全国交流
負担重量 定量(56kg、牝馬2kg減)
出典 [1]
テンプレートを表示

優勝馬馬主への副賞は、(一社)JBC協会エスポワールシチー)賞、株式会社高知放送賞、日本地方競馬馬主振興協会会長賞(2019年)[1]

概要編集

1973年に距離1410メートルのサラブ4歳優駿として新設、翌年からは距離1600メートルに定着し、サラブ4歳優駿・やいろ鳥特別(1979~1983年)→黒潮ダービー・やいろ鳥賞(1984 - 1996年)とレース名の変遷を経て、1997年より現在の名称及び距離で行われるようになる。 高知競馬三冠レースの第二戦として、位置付けられている。 2017年からはダービーシリーズの構成競走となり、全国交流競走となる。2018年には佐賀競馬場所属で九州ダービー栄城賞勝馬のスーパージェット号が優勝し、初のダービーシリーズ2冠馬となった。

過去のレース名称で使用されていた「やいろ鳥」は、高知県の県鳥。

条件・賞金等(2019年)編集

出走条件
サラブレッド系3歳、地方競馬全国交流。
負担重量
定量。56kg、牝馬2kg減。
賞金等
1着500万円、2着175万円、3着100万円、4着75万円、5着50万円、6着以下25万円。
スタリオンシリーズに指定されており、エスポワールシチーの配合権利が優勝馬馬主への副賞となっている。
優先出走権付与
本競走で上位3着までに入った高知所属馬に、珊瑚冠賞の優先出走権が付与される。

この節の出典:[1]

歴代優勝馬編集

すべてダートコースでの施行。

回数 施行日 距離 優勝馬 性齢 所属 タイム 優勝騎手 管理調教師
第1回 1973年12月8日 1410m ワカトサ 牡4 高知 1:35.3 曽我心一 打越
第2回 1974年9月21日 1600m ミスカゴシマ 牝4 高知 1:50.7 松村武 内田
第3回 1975年9月27日 1600m ハイランドホマレ 牝4 高知 1:47.7 細川忠義 能勢
第4回 1976年10月24日 1600m ワカテルヒカリ 牝4 高知 1:45.9 西田義美 打越
第5回 1977年10月15日 1600m グツトスリー 牡4 高知 1:47.0 森山春雄 岡林
第6回 1978年10月10日 1600m レイタイム 牝4 高知 1:45.4 打越初男 堅田
第7回 1979年9月16日 1600m キングダンサー 牡4 高知 1:45.9 西田義美 浜田
第8回 1980年7月27日 1600m ゴツドソデイアム 牡4 高知 1:47.4 竹内昭利 山岡
第9回 1981年6月14日 1600m アオイテツト 牡4 高知 1:48.6 竹内昭利 坂本通
第10回 1982年6月27日 1600m シゲノダイヤ 牡4 高知 1:49.4 打越初男 山岡
第11回 1983年6月19日 1600m ワイエストツプ 牝4 高知 1:50:4 打越初男 西浦
第12回 1984年7月29日 1600m ニシケンカチドキ 牝4 高知 1:48:2 竹内昭利 工藤英嗣
第13回 1985年6月18日 1600m トサブルースカイ 牡4 高知 1:44.5 松木啓助 尾立甲
第14回 1986年5月25日 1600m ファンドリボーイ 牡4 高知 1:49.3 鷹野宏史 土居高知
第15回 1987年6月21日 1600m ビービーリドン 牡4 高知 1:45.1 竹内昭利 竹内昭三
第16回 1988年5月29日 1600m チカラキング 牡4 高知 1:48.4 田中譲二 梶原榮太郎
第17回 1989年6月11日 1600m シービーパトリス 牝4 高知 1:45.9 竹内昭利 竹内昭三
第18回 1990年5月27日 1600m カツゼアキング 牡4 高知 1:49.0 徳留康豊 堅田忠雄
第19回 1991年5月6日 1600m ライジングドラゴン 牡4 高知 1:48.4 徳留康豊 松木啓助
第20回 1992年5月5日 1600m ナスティダイヤ 牝4 高知 1:49.4 徳留康豊 打越初男
第21回 1993年5月30日 1600m ビショップスキー 牡4 高知 1:44.8 徳留康豊 曽我心一
第22回 1994年5月5日 1600m ヤマキヨリーフ 牝4 高知 1:47.8 四宮幸治 細川忠義
第23回 1995年5月5日 1600m イージーアンサー 騙4 高知 1:45.4 戸梶由則 濱田隆憲
第24回 1996年5月3日 1600m カイヨウフウジン 牡4 高知 1:48.0 北野真弘 土居高知
第25回 1997年6月8日 1900m イージースマイル 牝4 高知 2:07.2 赤岡修次 谷力
第26回 1998年6月14日 1900m カイヨウジパング 牡4 高知 2:06.2 北野真弘 土居高知
第27回 1999年6月20日 1900m マルチドラゴン 牡4 高知 2:07:1 徳留康豊 坂本通
第28回 2000年7月2日 1900m オオギリセイコー 牡4 高知 2:07:7 北野真弘 濱田隆憲
第29回 2001年7月8日 1900m カチマサル 牡3 高知 2:07:9 赤岡修次 工藤英嗣
第30回 2002年7月14日 1900m ミドリノオトメ 牝3 高知 2:07:2 中西達也 曾我心一
第31回 2003年6月29日 1900m ワイエスジュリアン 牝3 高知 2:08:5 中西達也 雑賀秀介
第32回 2004年7月10日 1900m カイヨウソルトオー 牡3 高知 2:08:6 西川敏弘 大関吉明
第33回 2005年6月5日 1900m スマイルリターン 牝3 高知 2:10:2 上田将司 國澤輝幸
第34回 2006年6月4日 1900m ラインフォーク 牡3 高知 2:11:7 中西達也 炭田健二
第35回 2007年6月24日 1900m スパイナルコード 牡3 高知 2:10:9 西川敏弘 大関吉明
第36回 2008年7月6日 1900m パッショネートキス 牡3 高知 2:11:2 西川敏弘 大関吉明
第37回 2009年6月26日 1900m グランシング 牡3 高知 2:13:3 中西達也 炭田健二
第38回 2010年6月20日 1900m モルフェキープオフ 牡3 高知 2:07:2 倉兼育康 田中譲二
第39回 2011年6月18日 1900m シャイニーフェイト 牡3 高知 2:08:5 倉兼育康 松木啓助
第40回 2012年6月10日 1900m ドンスキマー 牡3 高知 2:12:0 赤岡修次 工藤英嗣
第41回 2013年6月23日 1900m アラマサシャープ 牝3 高知 2:08:7 永森大智 別府真司
第42回 2014年6月15日 1900m ニシケンメイピン 牝3 高知 2:09:5 中西達也 大関吉明
第43回 2015年6月28日 1900m オトコノヒマツリ 牡3 高知 2:06:2 永森大智 雑賀正光
第44回 2016年6月19日 1900m ディアマルコ 牝3 高知 2:06:1 佐原秀泰 那俄性哲也
第45回 2017年6月18日 1900m フリビオン 牡3 高知 2:08.4 中西達也 炭田健二
第46回 2018年6月17日 1900m スーパージェット 牡3 佐賀 2:08.8 山口勲 九日俊光
第47回 2019年6月16日 1900m ナンヨーオボロヅキ 牝3 高知 2:05.9 御神本訓史 雑賀正光

※2000年までは旧馬齢表記による。

競走結果の出典編集

出典編集

関連項目編集