メインメニューを開く

株式会社マリーン5清水屋(マリーンファイブしみずや)とは、山形県酒田市に本社を置く日本の百貨店である。日本百貨店協会には非加盟。

株式会社 マリーン5清水屋
SHIMiZUYA Department Store Logo.jpg
Shimizuya Sakata 2019,04.jpg
種類 株式会社
設立 1977年9月24日
(株式会社酒田セントラルビル)
業種 小売業
事業内容 小売業(百貨店業)
代表者 代表取締役社長 成沢五一
売上高 25億6100万円
従業員数 90人(正社員)
テンプレートを表示
マリーン5清水屋
Marine5 Shimizuya
店舗外観
店舗外観
店舗概要
所在地 998-0044
山形県酒田市中町二丁目5番1号
座標 北緯38度54分59.1秒 東経139度50分10.5秒 / 北緯38.916417度 東経139.836250度 / 38.916417; 139.836250座標: 北緯38度54分59.1秒 東経139度50分10.5秒 / 北緯38.916417度 東経139.836250度 / 38.916417; 139.836250
開業日 2012年平成24年)3月5日
正式名称 酒田セントラルビル
施設所有者 株式会社マリーン5清水屋
施設管理者 株式会社マリーン5清水屋
敷地面積 4,260 m²
延床面積 19,100 m² (容積率448%)
商業施設面積 8,960 m²
店舗数 22店
前身 清水屋

中合 清水屋店
最寄駅 JR酒田駅
外部リンク 公式HP
テンプレートを表示

概要編集

開業から中合との合併まで編集

1950年(昭和25年)6月に青塚富次郎が有限会社清水屋縫製所を元に株式会社 清水屋百貨店を設立して百貨店を開業したのが始まりである。

店内で個展を開いた彫刻家木内克に当時の社長・青塚義一が依頼して制作させた彫刻「人魚之像」を1973年(昭和48年)の改築に合わせて正面に装飾を行ったり、様々な展覧会を開くなど文化面でも熱心な百貨店として著名となった。

1973年(昭和48年)9月1日には大食堂を兼ねて佐藤久一に依頼して『ル・ポットフー』を開設。太田政宏シェフの作る庄内産の食材を生かした「フランス風郷土料理」を提供し、1974年(昭和49年)10月に訪れた開高健に「今日は生れて初めての体験をしました」と言わしめ、その開高から話を聞いた丸谷才一が自著『食通知ったかぶり』で『裏日本随一のフランス料理』と評価するなど大変な評判となった。

1976年(昭和51年)10月29日に発生した酒田大火では焼失を免れ従来通り営業していたが、1978年(昭和53年)10月にその復興計画に伴い建設されることになった現在の酒田セントラルビル(愛称:マリーン5)に移転した[1]

1982年(昭和57年)から業務・資本提携していたダイエーのグループ会社であった中合(百貨店運営、福島市)と1994年平成6年)9月1日に合併。店舗の運営を中合が引き継ぎ、店名が「中合清水屋店」となった。

地元百貨店としての再出発編集

酒田市の繁華街である「中町」の中核店舗として、そして山形県庄内地方唯一の百貨店として親しまれてきたが、1997年(平成9年)に売上高53億円を記録したのをピークに、イオン酒田南店やイオンモール三川などの郊外型大型店との競合や、リーマン・ショック以降の不況による消費低迷で売上が年々減少。

2009年(平成21年)には前年比9.9%減の25.61億円と半分以下に落ち込み、5年連続で経常損失を計上した。その後2011年(平成23年)1月6日、今後も改善が見込めないことを理由に、2012年(平成24年)2月を以て中合が撤退することを表明した[2][3]

この発表を受け、2011年(平成23年)1月17日には市・県・商工会議所・地元商店街などからなる「中合清水屋店緊急対策協議会」が設立され、不動産管理会社「マリーン5」を支援して営業継続の道を探ることとなり、日本大学文理学部の仲川秀樹教授らによる「百貨店の重要性と存在価値」をテーマにしたシンポジウム「2011年中町シンポジウム」の開催やフィールドワークなど、様々な支援が行われた。

そして、中合清水屋の入居するセントラルビルの管理会社である株式会社マリーン5が、2011年(平成23年)6月に株式会社マリーン5清水屋に改称。そのうえで、2012年(平成24年)2月28日、マリーン5清水屋が同年2月23日に中合と部分譲渡契約を結び[4]、営業を引き継ぐことを正式に発表した。

元々中合は撤退後も店舗を残す方向で考えていたことも手伝い、社員80名中73名を引き継ぐなど[4]従業者数も約250名+新規雇用者4名で[4]、テナント23店も1店を除いて引き続き営業するほか[4]、インショップ形式で展開するアパレル業者などもほぼ全てが営業するなど既存の店舗を最大限引き継ぐ形となった[4]

同年2月29日に「中合清水屋店」としての営業を終了後、3月1日~3月4日までの4日間の休業中にレジなどを入れ替え[4]3月5日には「マリーン5清水屋」として再出発した[2]。再オープン後も引き続き売り場改装などが継続された後[4]3月23日にプレオープンとしてテープカットなどのセレモニーを行った[4]10月3日には半年以上に渡る改装を終えてグランドオープンを迎えた。

なお、再出発にあたっては以下のようなリニューアルが行われた。

  • 外商百貨店系アパレル業者などとの取引を中合から引き継ぎ[4]、外販部員を従来の2倍である12人として、総合スーパーなどと差別化[4]
  • 新規テナントの出店
    • 庄内地区としては最大売場面積(約1000㎡)の書店となる宮脇書店を誘致[4]
    • ヤマダ電機FC店(コスモスベリーズ)を誘致[4][5]
    • 託児所の設置[4]
    • 全国の百貨店としては初めて[6]、直営の「アニメキャラクターグッズ売り場」および「同人誌売場」を新設[6]。商品はアニメイトで取り扱っている商品を販売[6]
    • 和風料理店「さくら」と『ル・ポットフー』出身の太田政宏監修のレストラン「ロアジス」の2店を新設[4]
      • 上記2店による惣菜を催事期間中に食品売り場で販売するほか[4]、酒田天然ガスとの共催で太田シェフが講師を務める料理教室を開くなど[4]、地元の協力を得て食関連を強化[4]

設置されているオブジェ編集

  • ふれあいの門
    現代美術家関根伸夫の制作で、1978年(昭和53年)11月15日に酒田市中町第四、五街区モールに設置された酒田大火復興を記念したモニュメント。清水屋の画廊で開いた版画展の際に面識が出来ていた関根に清水屋の常務だった堀正から同年7月に急遽依頼し、10月28日の商店街オープンに間に合わせてマリーン5の隣接地に設置された。
  • 人魚之像
    彫刻家木内克1892年〈明治25年〉 - 1977年〈昭和52年〉)の制作で、1973年(昭和48年)に旧清水屋店舗玄関に設置され、その後市に寄付されて酒田大火復興のシンボルとして造成した中央公園内に設置されていたものを、2009年(平成21年)7月2日マリーン5の前に移動した。

沿革編集

清水屋
  • 1950年昭和25年)6月 - 株式会社 清水屋として発足する。
  • 1976年(昭和51年)10月29日 - 近隣で酒田大火が発生するが、店舗の罹災は免れた。
  • 1977年(昭和52年)10月 - 現店舗の建設を着工する[1]
  • 1978年(昭和53年)10月29日 - 酒田セントラルビルのキーテナントとして現在の地に移転する[1]
  • 1982年(昭和57年) - 株式会社ダイエーと業務提携(資本提携含む)、株式会社十字屋と業務提携を開始する。駅前に所在する大沼酒田店(後のダイエー酒田店)などの競争による業績不振によるもので、大丸との業務提携は続けていた[7]
  • 1994年平成6年)9月1日 - 株式会社清水屋が福島市の株式会社中合と対等合併し、店名を「中合清水屋店」に改称する。
中合(中合清水屋)
  • 1994年(平成6年)9月1日 - 中合清水屋店としての営業を開始する。同時に2階・3階婦人服売り場のリニューアルを実施する[8]
  • 2011年(平成23年)1月6日 - 中合が2012年2月29日をもって清水屋店を閉店させることを発表する。
  • 2012年(平成24年)2月23日 - マリーン5と百貨店事業の部分譲渡契約を締結する[4]
  • 2012年(平成24年)2月29日 - 中合清水屋店が閉店し、営業権を株式会社マリーン5清水屋へ譲渡する。
マリーン5清水屋
  • 1977年(昭和52年)9月 - 株式会社 酒田セントラルビルを資本金2000万円で設立する[1]。(酒田セントラルビルの管理会社として創立)
  • 2007年(平成19年)5月 - 商号を株式会社マリーン5に改称する[1]
  • 2011年(平成23年)6月 - 商号を株式会社マリーン5清水屋に改称する[1]
  • 2012年(平成24年)
    • 2月23日 - 中合と百貨店事業の部分譲渡契約を締結する[4]
    • 3月5日 - 中合清水屋から店舗の営業を引き継ぎ、「マリーン5清水屋」として営業再開する[1]
    • 3月23日 - 開業セレモニーを経て[4]プレオープンする。
    • 10月3日 - 商品入れ替えや改装が完了し、グランドオープンする[1]

各階フロア構成編集

(2019年5月時点の公式フロアマップに準拠[9]

フロア概要
6F イベントホール
5F 子供服・玩具・レストランと催事のフロア
4F 書籍と暮らしのフロア
3F レディス・メンズファッションのフロア〔駐車場連絡口〕
2F レディスファッションと子供服・玩具のフロア
1F おしゃれ雑貨と食品のフロア

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h マリーン5清水屋について” (日本語). マリーン5清水屋 (2015年6月30日). 2019年5月4日閲覧。
  2. ^ a b “中心市街地に再びにぎわいを!一度は閉店した百貨店がまさかの復活”. JB Press. (2013年1月11日). http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/36883 2014年2月24日閲覧。 
  3. ^ “百貨店の中合、酒田市の店舗撤退を正式発表”. 日本経済新聞. (2011年1月7日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASFB06066_W1A100C1L11000/ 2014年2月24日閲覧。 
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t 「マリーン5清水屋」に 3月5日に再スタート|2012年03月01日付け紙面より|荘内日報ニュース−山形・庄内|荘内日報社”. www.shonai-nippo.co.jp. 2019年5月4日閲覧。
  5. ^ くらしのホットタウン
  6. ^ a b c 清水屋百貨店に直営アニメショップ・同人誌売場開設 | 都市商業研究所” (日本語). 2019年5月4日閲覧。
  7. ^ “清水屋,ダイエーと提携 酒田 30%出資とー役員迎え”. 山形新聞. (19821019) 
  8. ^ SPOON編集部 (1994). 月刊SPOON1994年9月号. 小松写真印刷. 
  9. ^ フロアガイド” (日本語). マリーン5清水屋 (2015年6月29日). 2019年5月4日閲覧。

参考文献編集

  • “酒田・清水屋店撤退を正式表明 正社員は異動、契約社員は打ち切り”. 山形新聞 (山形新聞社). (2011年1月6日) 
  • “中合、酒田市の清水屋店運営撤退へ 庄内唯一の百貨店”. 山形新聞 (山形新聞社). (2010年11月28日) 
  • “マリーン5清水屋、営業スタート 23日にプレオープン”. 山形新聞 (山形新聞社). (2012年3月5日) 
  • “マリーン5が「中合」百貨店事業を継承 5日営業開始、10月に完全オープン”. 山形新聞 (山形新聞社). (2012年2月29日) 
  • “中合清水屋:新生「清水屋」、来月5日に再スタート 庄内に百貨店残る”. 毎日新聞 (毎日新聞社). (2012年2月29日) 
  • “酒田の清水屋、営業継続へ マリーン5、中合から継承”. 河北新報 (河北新報社). (2011-2-29) 
  • “「マリーン5清水屋」に 3月5日に再スタート”. 荘内日報 (荘内日報社). (2012年3月1日) 
  • “人魚之像 里帰り 酒田の“象徴” 30年ぶり清水屋前に移設”. 荘内日報 (荘内日報社). (2009年7月3日) 
  • “酒田の清水屋、来年2月に閉店 売上高はピーク時の半分”. 朝日新聞 (朝日新聞社). (2011年1月7日) 
  • “清水屋撤退で対策協立ち上げ 酒田市・商議所など”. 朝日新聞 (朝日新聞社). (2011年1月18日) 
  • “本紙単独インタビュー 新百貨店で質高いサービス提供 清水屋店閉店後の3月に開店”. コミュニティ新聞 (コミュニティ新聞社). (2011年11月4日) 
  • “酒田中心市街地で百貨店の価値探る 日大学生、今秋市民交えシンポ”. 山形新聞 (山形新聞社). (2011年7月5日) 
  • “名称変え 来月5日再開 酒田の中合 「マリーン5清水屋」に従業員再雇用へ”. 読売新聞 (読売新聞社). (2012年2月29日) 
  • 岡田芳郎『世界一の映画館と日本一のフランス料理店を山形県酒田につくった男はなぜ忘れ去られたのか』講談社、2008年。ISBN 9784062143608
  • 丸谷才一『食通知ったかぶり』文芸春秋社、1979年。
  • 仲川秀樹『コンパクトシティと百貨店の社会学―酒田「マリーン5清水屋」をキーにした中心市街地再生』学文社、2012年。ISBN 9784762022494
  • 堀正. “酒田市のモニュメント”. 版画センターニュース PRINT COMMUNICATION No.44 (現代版画センター) (1979-2-1). 
  • 山形県内の次のデパートの前身と百貨店として創業を開始した時期が知りたい。1丸久松坂屋 山形市、2岩淵第一百貨店 山形市、3清水屋百貨店 酒田市”. 国立国会図書館レファレンス協同データベース. 2012年3月10日閲覧。
  • 酒田商工会議所100年の軌跡-発展期”. 酒田商工会議所. 2012年3月10日閲覧。
  • 復興のあゆみ-商店街の再編と復興 - 酒田市”. 酒田市. 2012年3月10日閲覧。

外部リンク編集