メインメニューを開く

マルコム・ミッチェル・ヤングMalcolm Mitchell Young, 1953年1月6日 - 2017年11月18日)は、スコットランド グラスゴー生まれ、オーストラリア シドニー育ちのギタリストAC/DCリズムギタリストとして知られている。同バンドのアンガス・ヤングは弟。デビュー当時から、グレッチのギターを愛用している。裏方に徹しており、アンガスとは正反対といっていいほど目立たないが、リフの強靭さは右に出るものは無く、兄弟のコンビネーションは最高といって良いほどである。

マルコム・ヤング
Malcolm Young Tacoma.jpg
2008年のAC/DCのタコマ公演で
基本情報
出生名 Malcolm Mitchell Young
生誕 (1953-01-06) 1953年1月6日
スコットランドの旗 スコットランドグラスゴー
死没 (2017-11-18) 2017年11月18日(64歳没)
ジャンル ハードロック, ヘヴィメタル, ブルースロック
職業 ミュージシャン, 作曲家, プロデューサー
担当楽器 ギター, ヴォーカル
活動期間 1973年 -2014年
レーベル EMI, エピック, アトランティック
共同作業者 AC/DC
公式サイト www.acdc.com
著名使用楽器
1963 Gretsch Jet Firebird
Gretsch MY1 Signature model

経歴編集

デビュー前編集

マルコムの両親、ウィリアムとマーガレットは1963年にスコットランドのグラスゴーからオーストラリアにジョージ、マーガレット、マルコム、アンガスの4人の子供を連れて移住した。長兄のアレックス(後にバンド、グレープフルーツを結成した)はイギリスに残された。一家はバーウッドの郊外に居を構えた。

ジョージ・ヤングが結成したバンド、イージービーツはオーストラリアで1965年から68年にかけて数多くのナンバー1ヒットを放ち、「Friday On My Mind」で世界的な成功を収めた。

マルコムはニューカッスルで「ヴェルヴェット・アンダーグラウンド」(ニューヨーク出身の有名なバンドとは同名の異なるバンド)というバンドに加わる。バンドはT・レックスローリング・ストーンズのカヴァーを主に行った。

アンガスは「カンタッキー」という別のバンドに加入した。

AC/DC編集

マルコムとアンガスは、1973年11月にAC/DCを結成した。当時マルコムは20歳、アンガスは18歳であった。1974年に、彼らは初代ヴォーカリストのデイヴ・エヴァンスと共に世界ツアーを行う。

1976年に、AC/DCの活動拠点をイギリスに移し、世界ツアーおよびアルバム制作の過密なスケジュールをこなし始めた。しかし1980年、ヴォーカリストのボン・スコットが死亡、彼らは後継のヴォーカリストとしてブライアン・ジョンソンを迎える。ブライアンを加えて制作されたアルバム『バック・イン・ブラック』は世界中で爆発的なヒットとなった。

マルコムはアルコール依存症のため、1988年のツアーには不参加であった。しかしながらこの事実は隠され、公式には息子の病気のためツアーに参加しなかったとされた(息子は実際に病気であった)。マルコムはその後アルコール依存症を克服し、バンドに復帰した。マルコムの不在時、彼の甥であるスティーヴィーが後任としてバンドに参加した。

2014年4月、AC/DCはマルコムが休養すると告知。後に、今後バンドへ復帰することはないと発表した。ほどなくしてマルコムが認知症を患っていると報道され、家族もそれを認めた[1]

晩年編集

2017年11月18日に64歳で死去[2][3]

脚注・出典編集

参考文献編集

  • AC/DC評伝 モンスターバンドを築いた兄弟(おとこ)たち』、DU BOOKS、2018年6月、 ISBN 978-4-86647-020-7

外部リンク編集