メインメニューを開く

マンハント シリーズ』(英名:Manhunt Series、略称:MHS)は、複数の子会社から開発、アメリカニューヨークに本社があるロックスター・ゲームス社から発売されている3人称視点のクライムアクション型ゲームシリーズである(作品によってはホラー要素あり)。

マンハント シリーズ
Manhunt Series
ジャンル アクションアドベンチャー
スリラー
TPS
ホラー
シューティングゲーム
グロテスク
開発元 ロックスター・ノース
ロックスター・ウィーン
ロックスター・ロンドン
ロックスター・トロント
発売元 ロックスター・ゲームス
テイクツー・インタラクティブ
1作目 マンハント
2003年11月18日
最新作 マンハント2
2007年10月29日
公式サイト [1]
テンプレートを表示

目次

概要編集

グランド・セフト・オートシリーズ』で知られるロックスター・ゲームス社から発売されている。

また、残酷な映像(窒息死をさせたり、生々しい不快な悲鳴が聞こえた)などと多数存在するため日本を含む国(多数のヨーロッパアジアなど)でも、発売禁止にされている国もあれば、アメリカなどのように大幅な規制表示を入れ、発売された国もある(日本では輸入する事が可能であるが、日本語は無し)。

『マンハント シリーズ』には3つの「レベル」の実行を特徴としており、各レベルは最後に徐々に暴力的にな表現になる。

レベル1(白)の処刑は迅速。

レベル2(黄)はかなり悲観的表示。

レベル3(赤)は血だらけの殺人となる。

主人公は、使用するレベルを管理している。

過激なシーンにより世界的社会問題編集

『マンハント』の続編にあたる、『マンハント2』では、ニュージーランドアイルランドイギリス全英映像等級審査機構(略称:BBFC)より発売禁止指定となった[1]

同じくBBFCによりPlayStation 2版と任天堂Wii版は審査の結果、イギリス全領土で発売を差し押さえる[2]にされた。

アメリカではエンターテインメントソフトウェアレイティング委員会(略称:ESRB)による大幅な規制対策を入れ、『AO 』から『M』に変更されて発売された。また動画投稿サイトYouTubeにESRB:AO版(海賊版)『マンハント2』を全世界にアップすると運営により削除された事例もある[3]

オランダでは『マンハント2』をプレイする際はプレイヤーの自己責任とオランダ政府が発言し、それが違法な要素を含まない限りにおいて、発売禁止にはしないと発表し、他のEU諸国では『マンハント2』自体が発売がされていない国が多数のため、今回のオランダ政府の発売決定(許可)は、他国のファンからも注目[4]を集めてしまった。

続編の可能性編集

『マンハント シリーズ』の次回作にあたる、『マンハント3(仮)』は様々な問題によりロックスター・ゲームス社より否定された。

作品一覧編集

マンハント編集

2003年11月18日に発売された、『マンハント シリーズ』第1作目。略称は『MH1』。

物語の舞台は、廃墟が立ち並ぶアメリカの都市、カーサーシティ。主人公は死刑を言い渡された男、ジェームズ・アール・キャッシュ (James Earl Cash)。

無線越しでスタークウェザーなる謎の人物から、スナッフフィルムを作るために殺人の依頼を受ける事になる。

マンハント2編集

2007年10月29日に発売されたステルスアクションゲームであり、『マンハント シリーズ』第2作目。略称は『MH2』。

主人公はダニエル。仲間のレオと共に施設を脱走し、失った記憶を探すため、「プロジェクト」なる組織が放ったハンター達と死闘を繰り広げる。

今作は『MH1』よりもホラー要素がとても強くなっており、(アメリカの)ESRBレーティングでは、数少ない「AO (18歳未満提供禁止)」指定となった。

なお、米国大手ゲーム情報サイトGNで、2008年10月29日に掲載され、数年で最も怖いゲーム”のランキングでは、全13位中11位を獲得[5]している。

出典編集

  1. ^ tweet_btn(), Tony Smith 19 Jun 2007 at 13:28. “Manhunt 2 banned” (英語). www.theregister.co.uk. 2019年1月13日閲覧。
  2. ^ あの問題作が、(早くも)発売禁止の大ピンチ!『Manhunt 2』英国BBFCが発表” (日本語). Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト. 2019年1月13日閲覧。
  3. ^ 『Manhunt 2』はMレーティングになって何処が変わったのか。” (日本語). Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト. 2019年1月13日閲覧。
  4. ^ ゲームも自由と自己責任…噂の『Manhunt 2』オランダ政府は発売を許可” (日本語). Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト. 2019年1月13日閲覧。
  5. ^ 13 Scariest Games of This Generation” (英語). IGN (2008年10月29日). 2019年1月11日閲覧。

関連項目編集