マーガレット・オブ・スコットランド

マーガレット・オブ・スコットランド(Margaret of Scotland, 1045年頃 - 1093年11月16日)は、スコットランドマルカム3世の2番目の王妃。イングランドサクソン人エドマンド2世の息子エドワード・アシリングの娘。エドガー・アシリングの姉。マーガレット・オブ・ウェセックス(Margaret of Wessex)とも。カトリック教会聖公会聖人とされる。

マーガレット・オブ・スコットランド
Margaret of Scotland
スコットランド王妃
StMargareth edinburgh castle2.jpg
在位 1069/70年 - 1093年

出生 1045年
ハンガリー王国の旗 ハンガリー王国
死去 1093年11月16日
スコットランド王国の旗 スコットランド王国エディンバラ城
埋葬 スコットランド王国の旗 スコットランド王国ファイフ、ダンファームリン・アビー
配偶者 スコットランドマルカム3世
子女 エドワード
エドマンド
エドガー
アレグザンダー1世
イーディス(マティルダ)
デイヴィッド1世
エゼルレッド
メアリー
家名 ウェセックス家
父親 イングランド王子エドワード・アシリング
母親 アガサ
テンプレートを表示
スコットランドの聖マーガレット
崇敬する教派 カトリック教会聖公会
列聖日 1250年
列聖決定者 インノケンティウス4世
記念日 11月16日
守護対象 スコットランド
テンプレートを表示

生涯編集

ノルマンディー公ギヨーム(ウィリアム1世)によるイングランド征服(ノルマン・コンクエスト)から母アガサや弟エドガーらと逃亡の途中で船が遭難し、スコットランド東海岸に打ち上げられた。彼らはスコットランドの宮廷に迎えられ、マーガレットは最初の王妃イーンガボーグを亡くしていたマルカム3世の新たな王妃となった。

サクソン好みのマルカム3世は、サクソン人王の血を引くマーガレットとともに、封建制度を押し進めた。また、宮廷の習慣をサクソン方式に改め、教会の行事や典礼をそれまでのケルト式からローマ式に改革した。マーガレットはその功績から、後に列聖された。

子女編集

マルカム3世とマーガレットの間には、6男2女が生まれた[1]

脚注編集

  1. ^ Weir, p. 186

参考文献編集

  • 森護 『スコットランド王室史話』 大修館書店、1988年
  • Alison Weir, Britain's Royal Families, Vintage Books, 2008.