メインメニューを開く

マーサ、あるいはマーシー・メイ』(原題: Martha Marcy May Marlene)は、ショーン・ダーキン監督、エリザベス・オルセンジョン・ホークスサラ・ポールソンヒュー・ダンシー出演の2011年アメリカ合衆国のドラマ映画である。

マーサ、あるいはマーシー・メイ
Martha Marcy May Marlene
監督 ショーン・ダーキン
脚本 ショーン・ダーキン
製作 アントニオ・カンポス
パトリック・S・カニンガム
クリス・メイバッハ
ジョシュ・モンド
製作総指揮 テッド・ホープ
Saemi Kim
Saerom Kim
Matt Palmieri
Alexander Schepsman
出演者 エリザベス・オルセン
ジョン・ホークス
サラ・ポールソン
ヒュー・ダンシー
音楽 デニエル・ベンシ
Saunder Jurriaans
撮影 Jody Lee Lipes
編集 Zachary Stuart-Pontier
製作会社 ディス・イズ・ザット
配給 アメリカ合衆国の旗 フォックス・サーチライト・ピクチャーズ
日本の旗 エスピーオー / 20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗 2011年1月21日SFF
アメリカ合衆国の旗 2011年10月21日(限定)
日本の旗 2013年2月23日
上映時間 102分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $3,538,446[1]
テンプレートを表示

目次

ストーリー編集

カルト団体との共同生活から逃げ出してきたマーサ(エリザベス・オルセン)が、日常へ戻ってもなおその恐怖に悩まされる。

キャスト編集

公開編集

2011年1月、サンダンス映画祭でプレア上映され[2]、ダーキンは監督賞を受賞した[3]。5月には第64回カンヌ国際映画祭ある視点部門[4][5]、さらに9月11日には第36回トロント国際映画祭で上映された[6]。アメリカ合衆国では2011年10月21日に限定公開された。

DVDBlu-rayは2012年2月21日に20世紀フォックスホームエンターテインメントより発売された[7]

評価編集

Rotten Tomatoesでは184件のレビューで支持率は90%となった[8]

受賞とノミネート編集

部門 対象 結果
女性映画ジャーナリスト同盟[9] ブレイクスルー演技賞 エリザベス・オルセン 受賞
助演男優賞 ジョン・ホークス ノミネート
オースティン映画批評家協会賞 作品賞 『マーサ、あるいはマーシー・メイ』 ノミネート
ボストン映画批評家協会賞 新人映画作家賞 ショーン・ダーキン 受賞
放送映画批評家協会賞 主演女優賞 エリザベス・オルセン ノミネート
セントラル・オハイオ映画批評家協会賞 主演女優賞 エリザベス・オルセン 受賞
ブレイクスルー監督・脚本家賞 ショーン・ダーキン ノミネート
ブレイクスルー俳優賞 エリザベス・オルセン ノミネート
シカゴ映画批評家協会賞 有望映画作者賞 ショーン・ダーキン 受賞
有望俳優賞 エリザベス・オルセン 受賞
主演女優賞 エリザベス・オルセン ノミネート
オリジナル脚本賞 ショーン・ダーキン ノミネート
クロトゥルーディス賞 監督賞 ショーン・ダーキン ノミネート
主演女優賞 エリザベス・オルセン ノミネート
助演男優賞 ジョン・ホークス ノミネート
オリジナル脚本賞 ショーン・ダーキン ノミネート
デンバー映画批評家協会賞 主演女優賞 エリザベス・オルセン ノミネート
ブレイクアウト・スター賞 エリザベス・オルセン ノミネート
デトロイト映画批評家協会賞 ブレイクスルー演技賞 エリザベス・オルセン ノミネート
フロリダ映画批評家協会賞 ポーリン・ケール・ブレイクアウト賞 エリザベス・オルセン 受賞
ゲント国際映画祭 特別賞 エリザベス・オルセン 受賞
グランプリ(作品賞) ショーン・ダーキン ノミネート
ゴッサム・インディペンデント映画賞 アンサンブル・キャスト演技賞 エリザベス・オルセンジョン・ホークスサラ・ポールソン
ヒュー・ダンシールイーザ・クラウゼジュリア・ガーナー
ブラディ・コーベットマリア・ディッツィアクリストファー・アボット
ノミネート
ブレイクスルー俳優賞 エリザベス・オルセン ノミネート
ブレイクスルー監督賞 ショーン・ダーキン ノミネート
インディペンデント・スピリット賞 主演女優賞 エリザベス・オルセン ノミネート
第一回作品賞 『マーサ、あるいはマーシー・メイ』 ノミネート
助演男優賞 ジョン・ホークス ノミネート
ピアジェ・プロデューサー賞 ジョシュ・モンド ノミネート
インディアナ映画批評家協会賞 主演女優賞 エリザベス・オルセン 受賞
ロサンゼルス映画批評家協会賞賞 ニュージェネレーション賞 ショーン・ダーキン、アントニオ・カンポス、ショーン・ダーキン、ジョシュ・モンド 受賞
オンライン映画批評家協会賞 編集賞 Zachary Stuart-Pontier ノミネート
主演女優賞 エリザベス・オルセン ノミネート
オリジナル脚本賞 ショーン・ダーキン ノミネート
助演男優賞 ジョン・ホークス ノミネート
フェニックス映画批評家協会賞 主演女優賞 エリザベス・オルセン 受賞
助演男優賞 ジョン・ホークス ノミネート
サンディエゴ映画批評家協会賞 主演女優賞 エリザベス・オルセン ノミネート
サテライト賞 映画主演女優賞 エリザベス・オルセン ノミネート
セントルイス映画批評家協会賞 主演女優賞 エリザベス・オルセン ノミネート
助演男優賞 ジョン・ホークス ノミネート
サンダンス映画祭 監督賞(ドラマ部門) ショーン・ダーキン 受賞
審査員大賞(ドラマ部門) ショーン・ダーキン ノミネート
トロント映画批評家協会賞 主演女優賞 エリザベス・オルセン ノミネート
Best First Feature ショーン・ダーキン ノミネート
バンクーバー映画批評家協会賞 主演女優賞 エリザベス・オルセン ノミネート
ヴィレッジ・ヴォイス・フィルム・ポーリング 主演女優賞 エリザベス・オルセン ノミネート
ワシントンD.C.映画批評家協会賞 主演女優賞 エリザベス・オルセン ノミネート
助演男優賞 ジョン・ホークス ノミネート

参考文献編集

  1. ^ Martha Marcy May Marlene”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2012年10月4日閲覧。
  2. ^ “2011 Sundance Film Festival Announces Films in Competition”. Sundance.org. (2010年12月1日). オリジナルの2011年2月2日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110202091346/http://www.sundance.org/festival/article/2011-competition-film-announcement/ 2011年1月21日閲覧。 
  3. ^ Guerrasio, Jason (2011年5月15日). “Sean Durkin”. Screen Daily. オリジナルの2011年8月10日時点によるアーカイブ。. https://www.webcitation.org/60q3FRlBP?url=http://www.screendaily.com/reports/one-on-one/sean-durkin/5027561.article 
  4. ^ Festival de Cannes: Official Selection”. Cannes Film Festival official site. 2011年4月16日閲覧。
  5. ^ “Cannes film festival 2011: The full lineup”. The Guardian (London). (2011年4月14日). http://www.guardian.co.uk/film/2011/apr/14/cannes-film-festival-2011-full-lineup 2011年4月16日閲覧。 
  6. ^ Lambert, Christine (2011), “Martha Marcy May Marlene premiere photos - 36th Toronto International Film Festival”, DigitalHit.com, http://www.digitalhit.com/galleries/40/587/ 2012年1月4日閲覧。 
  7. ^ Whitman, Howard. “Blu-ray Review: Martha Marcy May Marlene”. Technologytell. www.technologytell.com. 3/23/2012閲覧。
  8. ^ Martha Marcy May Marlene”. Rotten Tomatoes. 2012年10月4日閲覧。
  9. ^ 2011 EDA Awards Winners”. awfj.org. 2012年1月12日閲覧。

外部リンク編集