ミッキー・モスト

ミッキー・モストMickie Most, 1938年6月20日 - 2003年5月30日[1])は、イギリスの音楽プロデューサー。自身で設立したRAKレコードや、アニマルズハーマンズ・ハーミッツドノヴァンおよびスージー・クアトロといったアーティストをプロデュースして成功したことで有名である。

目次

初期の経歴編集

モストはマイケル・ピーター・ヘイズ (Michael Peter Hayes) としてハンプシャーオールダーショットで生まれた[1]。父親は陸軍の連隊上級曹長であり、彼は1951年にハローの郊外、ロンドン北部へ両親と共に転居した。モストは幼い頃からスキッフルや初期のロックンロールの大きな影響を受けた。15歳で学校を卒業し、ロンドンの有名な「Two I's Coffee Bar」で歌うウェイターとして働くこととなる。そこで彼は将来のビジネス・パートナー、ピーター・グラントと親しくなり、またアレックス・ウォートン(別名アレックス・マレー)と共にモスト・ブラザースというデュオを結成した。彼らはデッカ・レコードから「Takes a Whole Lotta Loving to Keep My Baby Happy」をリリース、小ヒットを記録した後解散している。ウォートンは後にムーディー・ブルースをプロデュース、「Go Now」でヒットを記録している。モストは1959年に名前を正式に「ミッキー・モスト」に改名し、妻のクリスティーナと南アフリカへ移り、ポップスグループ「ミッキー・モストとプレイボーイズ」を結成した。バンドは11枚のナンバー・ワンヒットシングルをリリースした。その多くはレイ・ピーターソンジーン・ヴィンセントおよびエディ・コクランのカヴァーであった。

1962年にロンドンに戻ったモストは他のミュージシャンと共にパッケージ・ツアーを行い、シングル「Mister Porter」をリリース、同作は1963年に小ヒットとなった。

プロデューサー編集

モストは公演旅行に飽き、別の形で音楽業界に関わることを決心する。最初の仕事はレコード店でレコードを売り、「棚 racks」にレコードをディスプレイすることであった(その仕事は、後に自らのレーベルを「RAKレコード」と名付けるインスピレーションとなった)。ニューカースルのクラブ・ゴー・ゴーで演奏するアニマルズに出会い、彼らへファースト・シングルのプロデュースを申し入れる。「Baby Let Me Take You Home」はイギリスのチャートで21位に達した。続く1964年のシングル「朝日のあたる家」は、世界的なナンバー・ワンヒットになった。モストは1964年のグラミー賞で「プロデューサー・オブ・ザ・イヤー」賞を受賞した。

モストはマンチェスター出身のハーマンズ・ハーミッツと彼らのマネージャー、ハーヴェイ・リスバーグと契約、短期間で成功を収める。モストがプロデュースした第一作「I'm Into Something Good」は1964年にチャート1位に達し、シングル、アルバム共に驚異的な売り上げ(12ヶ月で1,000万ユニット)を記録した。バンドはアメリカに於いてビートルズに並ぶ人気を博すこととなった。モストのプロデュースやその商才、ヒット・シングルを生み出す才能はイギリスでもっとも成功したプロデューサーとしての評判を確立し、1960年代から1970年代にわたってその評判は維持された。

1964年9月、モストはブレンダ・リーのシングル「Is It True,」「What'd I Say,」をプロデュースする。「Is It True,」がイギリス及びアメリカでリリースされ、大ヒットとなり後にゴールド・レコードを達成する。「What'd I Say,」はヨーロッパの各国でヒットしたが、奇妙なことにアメリカではリリースされなかった。モストはまた1965年から69年にかけて他のアーチストとの間でも同様の成功を収める。とりわけドノヴァンの「Mellow Yellow」「Jennifer Juniper」「Hurdy Gurdy Man」「Atlantis」、ルルの「To Sir with Love」「The Boat That I Row」「Boom Bang-A-Bang」「Me the Peaceful Heart」「I'm a Tiger」などが有名である。また、1968年にはシーカーズのシングル「Days of My Life」「Love Is Kind, Love Is Wine」、1969年にナンシー・シナトラの「The Highway Song」をプロデュースしている。

モストのプロデュース作にはビッグ・ジム・サリヴァンジミー・ペイジジョン・ポール・ジョーンズニッキー・ホプキンスといったロンドンのトップ・セッション・ミュージシャンが常に参加していた。彼はジェフ・ベックのシングル「Love Is Blue」「Hi-Ho Silver Lining」をプロデュースし、ジェフ・ベック・グループのアルバム『トゥルース』および『ベック・オラ』に影響を与えた。シングル「Goo Goo Barabajagal」ではドノヴァンとジェフ・ベック・グループを結び付け、テリー・リードのような新人を参加させた。

1967年になると、ミュージック・シーンはよりヘビーで即興的な物へと変化していく。それはモストの定型的なシングルとは対照的な物であった。ヤードバーズのアルバム『リトル・ゲームス』が商業的に失敗し、ヤードバーズが解散に追い込まれると、モストは自らのヴィジョンがミュージシャンと共有できなかったことを悟り、ロック・グループのプロデュースを避けることを決心した。ヤードバーズは彼が全ての曲を三分以内に切り詰めようとしたことを「妄想」だとして反対した。シングルのために切り詰めようとしたというのは単なる「後知恵」であった(この件についてモストは、1991年のヤードバーズのドキュメンタリービデオにおいて「プロデューサーとしてチャートインする様なコマーシャルな音作りをしたが、ファンが求めているサウンドではなかった」と語っている。一方グラントは「ヤードバーズではあくまでポップソングにこだわった」という発言をしている)。彼が成功を収めた手法は結局1969年後半のドノヴァンとの分裂に結びついた。

RAKレコード編集

これらのできごとにもかかわらず、モストはビジネス・パートナーのピーター・グラントと共に自らのプロダクションをオックスフォード・ストリート155番地に設立する。グラントがヤードバーズのマネージメントを担当するようになったのはモストとの繋がりからであった。1968年には、モストとグラントは共同でRAKの事業を始める。グラントとヤードバーズの関係はレッド・ツェッペリンへ発展することとなったが、それは1969年末にモストがその関係をコントロールしていたことを意味していた。RAKレコードとRAK音楽出版は1969年に始められた。RAK音楽出版は現在ホット・チョコレートのシンガー、エロル・ブラウンによって作曲された「You Sexy Thing」やアロウズの「I Love Rock N Roll」と言った古典的ポピュラー・ソングに対しての著作権を保有している。

RAKレコードではフォーク歌手ジュリー・フェリックスの「El Condor Pasa」がヒットし、モストの成功は継続した。フェリックスは同レーベルと契約した最初のアーティストであった。

後の経歴編集

さらにモストは、ITVの「New Faces」をはじめとする様々なテレビ・ショーにパネリストとして出演した。また「Revolver」(彼の音楽製作手法とは対立するジャンルであるパンク・ロックの専門番組)ではプロデューサーを務めた。同番組のパイロット版では最初のゲストとしてケイト・ブッシュへの依頼を行っている。1980年代になると、RAKレコードはジョニー・ヘイツ・ジャズ(モストの息子カルヴィン・ヘイズがキーボードとして所属したバンド)と契約する。RAKは結局1983年にEMIに売却されたが、1988年に復活した。モストは自ら設立したレーベルの権利を保有した最初のプロデューサーのうちの一人であった。また、セントジョンズ・ウッドに1976年開設されたRAKスタジオは現在もその活動を続けている。

1995年、モストの財産は5,000万ポンドと推定され、サンデー・タイムズ紙の英国富豪トップ500にリストされた。彼の邸宅は400万ポンドと評価され、イギリス最大の個人邸宅であった。彼は2000年にと診断され、その事業を縮小した。

2003年5月30日、モストは中皮腫によってロンドンの自宅で死去した後、北ロンドンのゴールダーズ・グリーン火葬場英語版で火葬された。遺産は、妻のクリスティーナおよび3人の子供、カルヴィン、ナタリー、クリスタルによって引き継がれた。

脚注編集

  1. ^ a b Kurutz, Steve. “Mickie Most - Biography & History”. AllMusic. 2017年7月3日閲覧。