ドノヴァン・フィリップス・レイッチDonovan Philips Leitch1946年5月10日 - )は、スコットランド出身のフォーク・ロック・ミュージシャンシンガーソングライター

ドノヴァン
Donovan
Donovan Washington 2007.jpg
USA・ワシントンD.C.公演(2007年8月)
基本情報
出生名 Donovan Phillips Leitch
生誕 (1946-05-10) 1946年5月10日(76歳)
出身地 スコットランドの旗 スコットランドグラスゴー
ジャンル サイケデリック・ロック[1]ブリティッシュ・インヴェイジョン[2]
職業 ミュージシャンシンガーソングライター音楽プロデューサー
担当楽器 ギターハーモニカピアノバンジョー
活動期間 1964年 - 現在
レーベル Pye Records
Hickory Records
エピック・レコード
ドーン・レコード
アリスタ・レコード
Rak Records
RCA
バークレー・レコード
Allegiance Records
American Recordings
ライノ・エンタテインメント
Appleseed Recordings
Donovan Discs
公式サイト Official website

ボブ・ディランらと共に代表する、フォークロックの草創期から活動するアーティストの一人。通称「ドノヴァン[3]Donovan)として知られている。

2012年ロックの殿堂』入り[4]、および2014年ソングライターの殿堂英語版』入り[5]

来歴編集

スコットランドグラスゴーメリーヒルで生まれる。彼は幼少時にポリオに感染したが、幸いにも後遺症は残らなかった。1956年に一家はイングランドハットフィールドに転居する。家族はスコットランドやイングランドのフォーク・ミュージックを愛し、その影響を受けた彼は14歳でギターを始める。学校を卒業後、彼は長年の友人ジプシー・デイヴと共にイギリスの周りを数年間、フォークソングを演奏しながら旅行した。

 
デビュー当時 (1965年7月)

1965年、デビューシングルの「Catch the Wind」が全英シングルチャートで4位、ビルボード・Hot 100で23位を記録した。 いくつかのテレビ番組出演後、彼の成功はイギリス国内に限られたものであった。エピック・レコードと契約し、プロデューサーのミッキー・モストと組むようになって彼はフォーク、ジャズポップサイケデリック、そしてワールド・ミュージックを混合したスタイルで成功を得た。

 
米TV・CBS出演時 (1969年3月)

1966年、「Sunshine Superman」が全米1位、「Mellow Yellow」が全米2位を記録した。1968年の「幻のアトランティス」は当時のニューエイジ思想の浸透に支えられ、全米7位を記録するほか[6][7]、スイス、オランダ、ニュージーランドで1位を記録した。

当時のドノヴァンのバンドにはレッド・ツェッペリン結成前のジミー・ペイジジョン・ポール・ジョーンズジョン・ボーナムジェフ・ベック、エンジニアにはエディ・クレイマーなどが参加していた。

彼はビートルズとも親交を深め、ポール・マッカートニーの作詞に協力したりジョン・レノンにギター・テクニックを伝授して[8]、彼らとコラボレーションを行った僅かなアーティストの内の一人であった。さらに1968年には、ビートルズのメンバー、女優のミア・ファローザ・ビーチ・ボーイズマイク・ラヴと共にインドを訪問している[9]

彼は1970年代から1980年代にかけて、シーンから乗り遅れ気味になったものの、カントリー・ミュージックなどを取り入れながら、コンサートやレコーディングを行った。しかし、グラム・ロックの要素を導入した『コズミック・ホイールズ』(1973年)を最後に、以後数十年にわたって全英アルバムチャートから遠ざかるようになった[10]。アメリカでも『Slow Down World』(1976年)を最後にチャート入りを果たせなくなっていく[11]

 
USA・ワシントンD.C.公演 (2007年8月)

ドノヴァンは、その長い経歴の間に数度、公演やレコーディングから身を引いたが、1990年代にはリバイバル・ブームによってその人気をやや回復し、1996年に著名なプロデューサーであり、彼の長年のファンであったリック・ルービンと共にアルバム『スートラ〜教典』をリリースした。その後もコンスタントに活動しており、自主レーベル「Donovan Discs」を設立。2004年のアルバム『Beat Cafe』から作品リリースを開始している。

息子のドノヴァン・レイッチ・ジュニア、子女アイオン・スカイは、共に俳優として活動している。

ディスコグラフィ編集

詳細は en:Donovan discography を参照

スタジオ・アルバム編集

  • 『ホワッツ・ビン・ディド・アンド・ホワッツ・ビン・ヒィド』 - What's Bin Did and What's Bin Hid [イギリス] (1965年)
    • 『キャッチ・ザ・ウィンド』 - Catch the Wind [アメリカ] (1965年)
    • 『ドノヴァン/話題のフォーク・シンガー』[日本] (1965年) SL-1200-Y
  • 『ドノヴァンのおとぎ話』 - Fairytale (1965年) PS-1321-Y
  • サンシャイン・スーパーマン』 - Sunshine Superman (1966年)
  • メロー・イエロー』 - Mellow Yellow [アメリカ] (1967年)
  • ドノヴァンの贈り物/夢の花園より』 - A Gift from a Flower to a Garden (1967年) ※ダブルアルバム。アメリカでは当初、別々にリリース。
    • Wear Your Love Like Heaven [アメリカ] (1967年)
    • For Little Ones [アメリカ] (1967年)
  • ハーディー・ガーディー・マン』 - The Hurdy Gurdy Man [アメリカ] (1968年)
  • バラバジャガ』 - Barabajagal [アメリカ] (1969年)
  • 『オープン・ロード』 - Open Road (1970年)
  • H.M.S. Donovan (1971年) イギリス以外発売
  • 『コズミック・ホイールズ』 - Cosmic Wheels (1973年)
  • 『エッセンス』 - Essence to Essence (1973年)
  • 『セブンティーズ』 - 7-Tease (1974年)
  • Slow Down World (1976年) 日本未発売
  • 『旅立ち』 - Donovan (1977年)
  • Neutronica [フランス] (1980年) 日本未発売
  • Love Is Only Feeling (1981年) 日本未発売
  • Lady of the Stars (1984年) (別名 Sunshine Superman (1994, 1997), Till I See You Again, Forever Gold, Golden Tracks) 日本未発売
  • One Night in Time (1993年) 日本未発売 ※カセットのみでアルバムをリリース。
  • The Children of Lir (1994年) 日本未発売
  • スートラ〜教典』 - Sutras (1996)
  • Pied Piper (2002年)
  • Sixty Four (2004年)
  • Brother Sun, Sister Moon (2004年)
  • Beat Cafe (2004年)
  • Brother Sun, Sister Moon (2005年) ※iTunes Store限定リリース
  • Ritual Groove (2010年)
  • Shadows of Blue (2013年)

ライブ・アルバム編集

  • 『イン・コンサート』 - Donovan in Concert (1968年)
  • 『ライヴ・イン・ジャパン: スプリング・ツアー・1973』 - Live in Japan: Spring Tour 1973 [日本] (1974年)
  • Rising [イギリス] (1990年) 日本未発売
  • The Classics Live [アメリカ] (1990年) 日本未発売
  • 25 Years in Concert [オランダ] (1990年) 日本未発売
  • 『ライジング・アゲイン』 - Rising Again (2001年)
  • Greatest Hits Live: Vancouver 1986 (2001年)

コンピレーション・アルバム編集

  • グレイテスト・ヒッツ』 - Donovan's Greatest Hits (1969年)
  • The Best of Donovan (1969年)
  • 『ドノバンのすべて』 - All About Donovan (1970年)
  • Sunshine Superman - The Very Best of Donovan (2002年)

著作編集

『ハーディ・ガーディ・マン』ドノヴァン著 渚十吾監修 池田耀子訳 工作舎 2008年 ISBN 978-4-87502-412-5

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ ドノヴァン 2022年5月9日閲覧
  2. ^ ドノヴァン ブリティッシュ・インヴェイジョン 2022年5月9日閲覧
  3. ^ ドノバン」の表記もある。
  4. ^ Donovan: inducted in 2012 | The Rock and Roll Hall of Fame and Museum - 2015年3月22日閲覧
  5. ^ Songwriters Hall of Fame Taps Ray Davies, Donovan for Class of 2014 | Billboard - 2015年3月22日閲覧
  6. ^ The Hot 100 - Week of May 24, 1969”. Billboard. 2022年4月21日閲覧。
  7. ^ The Hot 100 - Week of May 31, 1969”. Billboard. 2022年4月21日閲覧。
  8. ^ Donovan offers world's most exclusive songwriting course – in Bahamian paradise - News - Music - The Independent - 2015年3月22日閲覧
  9. ^ 46 Years Ago: The Beatles Arrive In Rishikesh, India To Study With The Maharishi - ultimateclassicrock.com - 2015年3月22日閲覧
  10. ^ DONOVAN | Official Charts Company - 「Albums」をクリックすれば表示される - 2015年3月22日閲覧
  11. ^ Donovan - Awards”. AllMusic. 2016年4月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年7月3日閲覧。

外部リンク編集