ミッキー・ライト

メアリー・キャスリン・ライト(Mary Kathryn "Mickey" Wright、1935年2月14日 - 2020年2月17日[1])はアメリカ合衆国の元女子プロゴルファー。1955年に全米女子プロゴルフ協会(LPGA)のツアーメンバーとなり、通算82勝(うち13勝はメジャー大会での勝利)を挙げた。1976年世界ゴルフ殿堂入り[1]

TransparentPlaceholder.svg ミッキー・ライト Golf pictogram.svg
Mickey Wright
Mickey Wright 1965.jpg
1965年撮影
基本情報
名前 ミッキー・ライト
ニックネーム ミッキー
生年月日 (1935-02-14) 1935年2月14日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国カリフォルニア州サンディエゴ
没年月日 (2020-02-17) 2020年2月17日(85歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国フロリダ州[1]
身長 175センチメートル (5.74 ft)
経歴
大学 スタンフォード大学
(1年間在学)
プロ転向 1954年
引退 1969年
以前のツアー LPGAツアー(1955年加入)
プロ勝利数 90勝
優勝数
LPGAツアー 82勝(歴代2位)[1]
他ツアー 8勝
LPGAメジャー選手権最高成績
(優勝: 13勝)
女子ウェスタン 優勝: 1962年、1963年、1966年
タイトルホルダーズ 優勝: 1961年、1962年
ANA 66位タイ(1984年)
全米女子プロ 優勝: 1958年、1960年、1961年、1963年
全米女子OP 優勝: 1958年、1959年、1961年、1964年
受賞
世界ゴルフ殿堂 1976年 (member page)
LPGA賞金女王 1961年、1962年、1963年、1964年
ベアトロフィー 1960年、1961年、1962年、1963年、1964年
AP通信アスリート・
オブ・ザ・イヤー
1963年、1964年
ボブ・ジョーンズ賞 2010年
テンプレートを表示

経歴編集

カリフォルニア州サンディエゴ出身。1952年の全米女子ジュニア大会でアマチュア初優勝。ハーバートフーバー高校を卒業後スタンフォード大学に進学したがわずか1年で退学[2]。1954年の全米女子アマチュアでは決勝で敗れたが、同年の世界アマチュア選手権で優勝し、直後にプロ入りした。

 
1960年のライト

1955年からLPGAのツアーメンバー登録。引退まで82勝を挙げたが、これはキャシー・ウィットワースの88勝に次ぐ二番目の記録である[1]。またメジャー大会での13勝はパティー・バーグの15勝に次ぐ記録となっている。1961年から1964年まで4年連続で LPGA 賞金女王。また13回にわたり賞金ランキングトップ10入りを果たす。さらに14年連続で1年あたり最低でも1勝している。

1964年に第1回が行われたトールシティーオープン英語版で、ライトは3日目と4日目の二日にわたりいずれも62で回り、これは当時の LPGA の最少スコア記録となった[3]。ちなみに開催コース(テキサス州ミッドランドホーガンパークゴルフ場)の男子の最少スコア記録は66だった。これは最終日に10打差を逆転してのものであり、LPGA のタイ記録となっている[4]

師匠はハリー・プレスラー。またベン・ホーガンは、これまで目にした中で最良のスイングであると評した[5][6]。このことから「女性版ベン・ホーガン」の異名を持つ[1]

1969年にフルタイムでゴルフをプレーすることから引退した。足にトラブルを抱えていたとされるが、その後も時折はツアー競技への参加を続けた。彼女は1958年から1966年にかけてメジャー大会に13勝したが、4つあるメジャータイトルの全部をある時点で保有していたことのある唯一の LPGA プレーヤーである。晩年はフロリダ州のポートセントルーシーに一人で住んでいた。1990年代後半に同じフロリダ州デイトナビーチで行われたタイトルホルダーズという大会に出場したのが最後だったが、練習場を歩いているほとんどすべてのプレーヤーが立ち止まって彼女のスイングに見入っていたという。彼女は乳がん復帰者でもある[7]

2000年に『ゴルフダイジェスト[注 1]の”greatest golfer” では女子選手として最高の9位にランクされ、また2009年にゴルフマガジン誌が行った同様の特集でも8位で、女子ではトップだった[9]

2020年2月17日、心臓発作のためフロリダ州内の病院で逝去。85歳没[1][6]

優勝歴編集

アマチュア編集

  • 1952 全米女子ジュニア
  • 1954 世界アマチュア選手権

(アマチュア時代の優勝歴は特筆すべきもののみ)

プロ入り後(90勝)編集

LPGAツアー(82勝)編集

太字公式戦での優勝。

注:メジャーチャンピオンシップになる前に、コルゲートダイナショアウィナーズサークル(現在はANAインスピレーションの名称で開催)を獲得。

その他(8勝)編集

  • 1959年 フージャーセレブリティ
  • 1961年 ハイグ&ハイグスコッチフォーサム ( デイブレイガンと )
  • 1962年 ナポリプロアム ( マリリン・スミスと )
  • 1963年 ハイグ&ハイグスコッチフォーサム ( デイブラガンと )、 シェルズ ワンダフルワールドオブゴルフ
  • 1966年 レディースワールドシリーズオブゴルフ、 シェルズワンダフルワールドオブゴルフ
  • 1967年 セブンレイクスインビテーショナル

メジャー大会タイトル(13勝)編集

大会 優勝スコア 2位との差 準優勝
1958 全米女子プロ +8(69-69-76-74 = 288) 6打差   フェイ・クロッカー
1958 全米女子オープン −2(74-72-70-74 = 290) 5打差   ルイーズ・サグス
1959 全米女子オープン +7(72-75-69-71 = 287) 2打差   ルイーズ・サグス
1960 全米女子プロ −4(71-76-74-71 = 292) 3打差   ルイーズ・サグス
1961 タイトルホルダーズ +11(72-75-76-76 = 299) 1打差   パティ・バーグ  ルイーズ・サグス
1961 全米女子オープン +5(72-80-69-72 = 293) 6打差   ベッツィー・ロールズ
1961 全米女子プロ +3(67-77-72-71 = 287) 9打差   ルイーズ・サグス
1962 タイトルホルダーズ +7(73-75-70-77 = 295) プレーオフ1   ルース・ジェッセン英語版
1962 女子ウエスタンオープン +7(69-74-76-76 = 295) プレーオフ2   メアリー・レナ・フォーク英語版
1963 女子ウエスタンオープン −4(78-70-71-73 = 292) 9打差   キャシー・ウィットワース
1963 全米女子プロ +10(72-82-70-70 = 294) 2打差   メアリー・レナ・フォーク、  メアリー・ミルズ  ルイーズ・サグス
1964 全米女子オープン −2(71-71-75-73 = 290) プレーオフ3   ルース・ジェッセン
1966 女子ウエスタンオープン +2(72-78-76-76 = 302) 1打差   ジョー・アン・プレンティス  マージー・マスターズ英語版

1 18ホールのプレーオフ、ライト69、ジェッセン72
2 ライトはサドンデスのプレーオフの4番ホールで勝利。
3 18ホールのプレーオフ、ライト70、ジェッセン72。

関連項目編集

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 日本で刊行されている同名の雑誌とは無関係[8]

出典編集

  1. ^ a b c d e f g “伝説の女子ゴルファー、ミッキー・ライトが85歳で死去”. ゴルフダイジェスト・オンライン. (2020年2月18日). https://news.golfdigest.co.jp/news/lpga/article/116880/1/?car=top_nw_t01 2020年2月18日閲覧。 
  2. ^ Hall of Fame – San Diego Hall of Champions”. Sdhoc.com. 2012年3月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年2月12日閲覧。
  3. ^ “Mickey Wright Fires 9-Under-Par 62”. Eugene Register-Guard. Associated Press (Eugene, Oregon): p. 2B. (1964年11月4日). https://news.google.com/newspapers?id=QP1VAAAAIBAJ&sjid=9-IDAAAAIBAJ&pg=4117,1717362&dq=mickey+wright+tall+city+open&hl=en 2012年6月1日閲覧。 
  4. ^ Biggest Come From Behind Win on LPGA Tour - Largest Final-Round Comeback”. Golf.about.com (2012年2月6日). 2012年2月12日閲覧。
  5. ^ Mickey Wright - Biography of Golfer Mickey Wright”. Golf.about.com. 2012年2月12日閲覧。
  6. ^ a b “M・ライトさん死去…85歳、米女子ツアー歴代2位82勝”. サンケイスポーツ. 産経デジタル. (2020年2月19日). https://www.sanspo.com/golf/news/20200219/lpg20021905010001-n1.html 2020年2月19日閲覧。 
  7. ^ Mickey Wright undergoes breast cancer surgery”. PGA Tour (2006年10月27日). 2006年11月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年2月12日閲覧。
  8. ^ 米GD誌が売りに出る?”. ゴルフダイジェスト社 (2018年6月30日). 2020年2月19日閲覧。
  9. ^ Golf Digest, September 2009.

外部リンク編集