ミツバアケビ(三葉木通[1]、三葉通草、学名: Akebia trifoliata)はアケビ科アケビ属落葉性つる性木本。秋に実る果実は食用になる。アケビとともに秋の味覚として親しまれてきたつる性の植物で、3枚の小葉があることからミツバアケビとよばれる[3]。中国名は「三葉木通」[1]。地方の山菜名でキノメともよばれる。

ミツバアケビ
花序 福島県会津地方 2009年4月
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
亜綱 : モクレン亜綱 Magnoliidae
: キンポウゲ目 Ranunculales
: アケビ科 Lardizabalaceae
: アケビ属 Akebia
: ミツバアケビ A. trifoliata
学名
Akebia trifoliata (Thunb.) Koidz. (1925)[1]
シノニム
  • Akebia trifoliata (Thunb.) Koidz. var. litoralis Konta et Katsuy. (2005)[2]
和名
ミツバアケビ(三葉木通、三葉通草)

分布と生育環境 編集

日本と中国に分布する[4]。日本では、北海道本州四国九州に分布し、山地に生育する[5]。北海道に自生するほど耐寒性も強い[3]。山野や山地の明るい緑林を好み、アケビよりいくらか山奥に生える[4]。アケビに比べて育成地域が広く、荒れ地や乾燥地でも旺盛に繁殖する[3]。果実がアケビよりも大きくなることから果樹としても栽培される[5]

形態・生態 編集

落葉つる性の木本[5]。つるの繁殖力が強く、が他の樹木にからんで這い上がり、地面を這う枝も出す[4]。つるの巻方向は、右巻き(S巻き)で巻き付き、茎は太いもので直径2センチメートル (c) mになる。樹皮は灰褐色から紅褐色をしており、丸い皮目があり不規則に亀裂が入る[3]

互生し、掌状で小葉が3枚になる3出複葉である[4][5]。小葉は長さ4 - 6センチメートル (cm) 、幅1.5 - 4 cmのいびつな卵形から広卵形で[4][5]葉縁には波状の鋸歯ある。葉柄は2 - 14 cmと長く、小葉につく小葉柄は0.3 - 3 cmになる。ふつう落葉性であるが、葉は越冬する場合がある。葉の表面は濃緑色、裏面は淡緑色で、両面とも無毛[3]。小葉の先端はわずかに凹み、基部が円形にやや膨らむのが普通で、日当たりの良い環境で育成した葉は厚みがある[3]

花期は4 - 5月で[5]、若葉が出ると同時に花を咲かせる[6]雌雄同株[4]雌雄異花の植物で、アケビよりも花の色は濃い紫色である[7]。新葉のわきから総状花序を出して下垂または下曲させ、花序の先のほうに十数個の小型の雄花をつけ、基部に大型の雌花を1 - 3個つける[5]。雄花は濃暗紫色で径4 - 5ミリメートル (mm) になり、反り返った花弁状の萼片は長さ2 mmで3枚あり、6本の雄しべが球状に集まる[7]。雌花は3 cm前後になる花柄をもち、濃暗紫色で径15 mmほどになり、花弁状の萼片は長さ7 - 10 mmで3枚あり、円柱形になる雌しべが3 - 6本つくことが多い。花に花弁はない。

果期は秋(9 - 10月ごろ)[5]果実液果で、厚い果皮に包まれ、長さ10 cmほどのずんぐりした繭形か、長楕円形になる[5][7]。果実はアケビに比べて先端側のほうの膨らみが大きく、全体に太い[7]。雌しべの1 - 3個が結実すること普通であるが、なかには全部結実する場合もある[7]。秋に熟すると、緑色から紫色または赤紫色に変化し、果皮が裂開して中にゼリー状の果肉がある。果肉は白色半透明で、中には黒色の多数の種子を含む。果肉は甘くておいしく食用になる[5]

利用 編集

アケビと同様に、果肉も若芽も食べられる[4]東北地方では、アケビより灰汁が少ないミツバアケビの若芽をキノメ(木の芽)とよんで珍重する[6]。若芽の採取時期は暖地で3 - 4月、寒冷地で4 - 5月ごろが適期といわれる[6]。若芽も果皮も灰汁があり、独特のほろ苦さと歯ごたえがある[6]。若芽は茹でて米飯に混ぜて「木の芽飯」にしたり、お浸し和え物、汁の実、炒め物などにする[6]。果実は中の果肉を生食したり、果皮に挽肉の味噌炒めを詰めて、油で焼いて食べられる[6]

つるは弾力があり丈夫でしなやかであることから、かごなどの民芸品になる[4][5]。籠編みの材として最高品といわれ、多くの生活用具に利用される[3]

脚注 編集

参考文献 編集

  • 金田初代、金田洋一郎(写真)「アケビ(木通、通草)」『ひと目でわかる! おいしい「山菜・野草」の見分け方・食べ方』PHP研究所、2010年9月24日、66 - 67頁。ISBN 978-4-569-79145-6 
  • 谷川栄子『里山のつる性植物 観察の楽しみ』NHK出版、2015年6月20日、18-19頁。ISBN 978-4-14-040271-9 
  • 西田尚道監修 学習研究社編『日本の樹木』 5巻、学習研究社〈増補改訂 ベストフィールド図鑑〉、2009年8月4日、10頁。ISBN 978-4-05-403844-8 
  • 平野隆久監修 永岡書店編『樹木ガイドブック』永岡書店、1997年5月10日、241頁。ISBN 4-522-21557-6