メインメニューを開く

ミドリイガイ(学名 Perna viridis)はイガイ科に属する二枚貝の1種。日本には本来分布していない外来種

ミドリイガイ
Perna viridis 001.jpg
分類
: 動物界 Animalia
: 軟体動物門 Mollusca
: 二枚貝綱 Bivalvia
: イガイ目 Mytiloida
: イガイ科 Mytilidae
: ミドリイガイ属 Perna
: ミドリイガイ P. viridis
学名
Perna viridis (Linnaeus1758)[1]
和名
ミドリイガイ
英名
Asian green mussel

分布編集

インド洋、西大西洋ペルシャ湾を原産地とする[2]

日本では、本州四国九州南西諸島沖縄本島石垣島)に移入分布する[3]。海外では、カリブ海メキシコ湾オーストラリア沿岸に外来種として定着している[3]

特徴編集

殻長10cm。殻色は光沢のある青緑色。殻頂は尖ってやや曲がる。

内湾の岩礁や岸壁に固着して群生する。サキシトキシンという麻痺性毒物を蓄積していることがある。

外来種問題編集

日本では1967年に兵庫県御津町で初めて発見され、1980年代には東京湾大阪湾、1990年代には伊勢湾三河湾など各地の都市周辺海域で確認されている[4]バラスト水に混入したり、船体の付着により導入されたと考えられており、温排水付近で生活することで越冬を可能にしている[2]。内湾などでは本種のほかに、人間の貿易活動に便乗して非意図的に侵入したムラサキイガイヨーロッパフジツボなどの外来種が優占する生物相が形成されている[4]

本種の定着による在来生態系カキ養殖などの水産業への影響が危惧されている[5]。また、取水施設への汚損被害を与えており、手作業による駆除が行われている[2]

外来生物法により要注意外来生物に指定されている。

本種の他に、同属のペルナイガイ P. pernaモエギイガイ P. canaliculusの導入も心配される[2]

利用編集

東南アジアやニュージーランドでは食用にされる[2]

参考文献編集

  1. ^ "Perna viridis". World Register of Marine Species英語版. Retrieved 2017-03-25.
  2. ^ a b c d e 多紀保彦(監修) 財団法人自然環境研究センター(編著)『決定版 日本の外来生物』平凡社、2008年4月21日。ISBN 978-4-582-54241-7
  3. ^ a b ミドリイガイ 国立環境研究所 侵入生物DB
  4. ^ a b 村上興正・鷲谷いづみ(監修) 日本生態学会(編著)『外来種ハンドブック』地人書館、2002年9月30日。ISBN 4-8052-0706-X
  5. ^ 岩崎敬二「日本に移入された外来海洋生物と在来生態系や産業に対する被害について (PDF) 」 『日本水産学会誌』第73巻第6号、2007年、 p.p.1121-1124、2011年6月24日閲覧。