ムラサキ(紫、Lithospermum erythrorhizon)はムラサキ科の植物の一種。多年草で、初夏からにかけて白い花を咲かせる。栽培用には、同属異種のセイヨウムラサキL. officinale L.)が利用されることが多い。

ムラサキ
Lithospermum erythrorhizon 2.jpg
ムラサキ
保全状況評価
絶滅危惧IB類環境省レッドリスト
Status jenv EN.svg
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: シソ目 Lamiales
: ムラサキ科 Boraginaceae
: ムラサキ属 Lithospermum
: ムラサキ L. erythrorhizon
学名
Lithospermum erythrorhizon
Siebold et Zucc (1846)
和名
ムラサキ

特徴編集

和名ムラサキの語源は、本種が群れて咲くことから「群ら咲き」であるとする説が一般的であるが[1]、図鑑等には紫色の根が由来と説明するものもある[2]

日本北海道本州四国九州に分布し、比較的冷たい山地草原に自生する[3][2]。野生では自生地の環境悪化によって、自生のものは非常に少なく、絶滅危惧種になっている[2]。しばしば、栽培もされている[3]。半日陰の排水のよい土地を好む[3]

多年生草本は太く、乾燥すると暗紫色になる[3]は直立し、草丈は30 - 80センチメートル (cm) ほどになり[2]、上部は枝分かれする[3]とともに、斜め上向きに粗毛が多い[3]。葉は互生し、葉柄は無く、葉身は披針形で先端と基部は細くなっており葉縁は全縁で、やや平行するように少数の葉脈がある[3]

花期は初夏から夏にかけて(6 - 8月)[2]、茎先の葉腋についた葉状の苞葉の間に、5弁の小さな白いが咲く[3][2]果実は灰白色で、4分果からなる[3][4]

近縁のセイヨウムラサキは繁殖力が強く、茎は枝分かれして花が小さいことで、ムラサキとは異なる[3]

利用編集

播種で増殖するが、栽培は難しい[3]。近縁のセイヨウムラサキは栽培は容易であるが、利用価値は高くない[3]

生薬編集

乾燥したは暗紫色で、紫根(しこん)と称される生薬である[3]。この生薬は日本薬局方に収録されており、抗炎症作用、創傷治癒の促進作用、殺菌作用などがあり、紫雲膏などの漢方方剤に外用薬として配合される。主要成分はナフトキノン誘導体のシコニン (shikonin) 、アセチルシコニンイソブチルシコニンなどであり、最近では、日本でも抗炎症薬として、口内炎・舌炎の治療に使用される。民間療法では、解熱解毒利尿、肉芽の発生を促すため皮膚病やけどに、1日量3 - 5グラムを水400 ccで半量になるまで煎じ、3回に分けて服用する用法が知られている[3]

染料編集

古くから紫色染料として用いられてきた。紫色とは、もともとムラサキの根を原料として染め上げた色である[5]。色を染めるには、乾燥した紫根を粉にし、微温湯で抽出して灰汁媒染して染色する。江戸時代には染められた絹を鉢巻にして、病気平癒の為に頭に巻く風習が生まれた(病鉢巻)。

口紅編集

染料の成分および薬用成分はナフトキノン誘導体のシコニン (Shikonin) で、最近ではバイオテクノロジーにより大量生産されて口紅などに用いられている。

絶滅危惧種編集

万葉集にもその名が出るほど歴史は古く、奈良時代から江戸時代末期まで栽培が行われてきた。しかし、明治時代以降は合成染料の登場により商業的価値を失い、ムラサキ自体も絶滅危惧種レッドデータブックIBにランクされるまでになってしまった。そのため、現在も熱心な愛好家たちが栽培を試みているが、種の発芽率が低い上、ウイルスなどに弱いため、株を増やすのは困難である。このため、現在では中国から近縁種(下記)が輸入され、ムラサキとして流通しているが、ムラサキとの交雑により純正種を脅かすことになっている。

注意編集

最近健康食品として、美白に効果があるなどとして広く販売されているが、肝癌などを誘発するピロリジジンアルカロイドを含有するため、注意が必要である。近縁種についても同様の危険がある。(詳しくはピロリジジンアルカロイドを参照)

近縁種編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 阪倉篤義 『日本語の語源』, 講談社現代新書, 1978年
  2. ^ a b c d e f 大嶋敏昭監修 2002, p. 404.
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n 馬場篤 1996, p. 108.
  4. ^ 大嶋敏昭監修 2002, p. 108.
  5. ^ 稲垣栄洋 2010, p. 51.

参考文献編集

  • 稲垣栄洋『残しておきたいふるさとの野草』三上修(絵)、地人書館、2010年4月10日。ISBN 978-4-8052-0822-9
  • 大嶋敏昭監修『花色でひける山野草・高山植物』成美堂出版〈ポケット図鑑〉、2002年5月20日、404頁。ISBN 4-415-01906-4
  • 馬場篤『薬草500種-栽培から効用まで』大貫茂(写真)、誠文堂新光社、1996年9月27日、108頁。ISBN 4-416-49618-4

外部リンク編集

  •   ウィキスピーシーズには、ムラサキに関する情報があります。
  •   ウィキメディア・コモンズには、ムラサキカテゴリに関するメディアがあります。