メスクロキアゲハ

メスクロキアゲハPapilio polyxenes)は、アゲハチョウ科に属するチョウの一種。クロキアゲハという和名も知られる[3][6]

メスクロキアゲハ
Papilio polyxenes 89979828.jpg
メスクロキアゲハ 成虫, アメリカ
Black Swallowtail, male, Ottawa.jpg
成虫, カナダ
保全状況評価[1]
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 節足動物門 Arthropoda
: 昆虫綱 Insecta
: 鱗翅目(チョウ目) Lepidoptera
上科 : アゲハチョウ上科 Papilionoidea
: アゲハチョウ科 Papilionidae
亜科 : アゲハチョウ亜科 Papilioninae
: アゲハチョウ族 Papilionini[2][3]
: アゲハチョウ属 Papilio
亜属 : キアゲハ亜属 Papilio[4]
: メスクロキアゲハ P. polyxenes
学名
Papilio polyxenes Fabricius, 1775[5]
和名
メスクロキアゲハ[3]
クロキアゲハ[3][6]
英名
American Swallowtail[2]

Black Swallowtail[1][2][5][7]

分布編集

北アメリカから南アメリカ北部までの、アメリカ州のひろい範囲で見られる[5]IUCN (Puttick, Walker & Hall 2021) は本種が定着している国として、カナダアメリカ合衆国メキシコグアテマラベリーズエルサルバドルホンジュラスニカラグアコスタリカパナマコロンビアベネズエラを認めている[1]キューバにも地域個体群が分布していたが[2]、現在は絶滅したと考えられている[1]。北米においてはカナダの低地林から亜熱帯地域まで分布し、北部・北西部には分布しない[2]。南米ではエクアドルペルーからの報告も知られる[5]

形態編集

成虫編集

成虫の亜外縁部には黄色の斑紋が列状に並び、後翅の後角には赤色の斑紋を有する。後翅の裏側の黄色斑は濃いオレンジ色になることが多い。腹部は黒く、側面には黄色の点状の斑紋が二列に並ぶ[2]性的二型を示すことが知られ、一般に、メスは後翅表側の青色帯が発達する[2][7]。また、斑紋多型を示すことも知られ、アメリカにおいては東北部では黒色部は発達する個体が、カリフォルニア州では黄色部が発達する個体が多くなるなど[2]分布域ごとに斑紋のパターンが変化する傾向が見られるため、いくつかの亜種に分類される[2][5]。本種の亜種分類にかんしては統一的な見解がないとされる[5]ため、本項では詳述しない。

青色帯が発達する本種のメスの翅表はアオジャコウアゲハ Battus philenor とよく似ており、メスのみが、アオジャコウアゲハをモデルにしたベイツ型擬態の好例としてしばしば紹介される[2]。また、翅表とは異なり翅裏ではあまり性差が見られず、翅裏の斑紋は雌雄ともにアオジャコウアゲハのものとよく似るため、メスだけではなくオスの翅裏の斑紋もベイツ型擬態として機能している可能性も指摘されている[7]

幼虫編集

成熟した幼虫は緑系の色を基調とし、体節ごとに黒色の帯を有する。黒色帯には黄色やオレンジ色の斑紋が散らばる。体色や黒色帯の発達の度合いには個体変異が見られる[2]

編集

の体色にも淡褐色から緑色まで変異がある。蛹の体色は幼虫期の光周期によって影響を受けることが知られる[2]

生態編集

成虫編集

成虫の出現期は地域によって異なる[2]。オス成虫は山頂になわばりをもつ占有行動を示し、なわばり内に入ってきた同種のオスまたはそれに似たチョウを追飛する[2][8]。メスは通常、二回以上交尾を行う。卵は食草上にひとつずつ産みつけられる[2]

食草編集

幼虫は基本的にセリ科植物を食草とする[9]が、一部ミカン科植物の摂食も記録されている。食草として記録されている種は以下のとおりである[2]

セリ科
ミカン科

ギャラリー編集

脚注編集

参考文献編集

和文編集

  • 阿江, 茂 (1971). “アゲハチョウ属の種間雑種の研究(続報)”. 日本鱗翅学会特別報告 (5). NAID 110007647809. https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/10924442. 

英文編集

関連項目編集

外部リンク編集