メインメニューを開く

株式会社 モトヤ (Motoya Co.,Ltd.) は、大阪府大阪市中央区に本社を置く印刷関連機材の専門商社である。1922年創業。

株式会社 モトヤ
Motoya Co.,Ltd.
種類 株式会社
本社所在地 542-0081
大阪府大阪市中央区南船場1-10-25
設立 1949年4月1日
業種 機械
法人番号 9120001077570
事業内容 印刷機械・印刷材料の販売、デジタルフォントの開発販売、人材派遣(般27-030254)・人材紹介(27ユー030174)
代表者 代表取締役社長 古門慶造
資本金 1億円
売上高 108億円(2008年3月期)
従業員数 200人
外部リンク http://www.motoya.co.jp/
特記事項:東京本社は東京都中央区八丁堀4-5-5に所在する。
テンプレートを表示

会社概要編集

印刷関連機材の専門商社。元々は活字の製造・販売業として創業した。その後オリジナルの組版機(タイプレス・MT-5000など)を開発し、印刷業界などにその名を知られる。

現在では、印刷機械・印刷材料の他社製品も手広く扱う一方、顧客へDTPオペレーターやデザイナー等の人材を派遣する事業を行っている。 社名は活字が「印刷のもと」であることに由来する。

同社のデジタルフォントは、ゲーム等各種ソフト検索エンジンなどに広く用いられており、Googleマップやマピオン等のインターネット地図サービスや新聞社各社に採用されている。また携帯電話や組込み各種機器にも使用されている。

創業は兵庫県姫路市でされたが、現在は東京・大阪の二本社制を取っており、首都圏の販売事業は東京本社が、経営全般に関する業務を始め、西日本の販売事業や書体開発・技術関連の業務については全て大阪本社でおこなわれている。

沿革編集

  • 1922年:創業者・古門慶次郎が姫路でモトヤ商店を創業
  • 1949年:株式会社に改組し、本社を大阪市に移転。また活字の基本書体を開発
  • 1969年:同社の基礎となる「モトヤフォント」を開発。日本で初めて文字のデジタル化に成功
  • 1982年:電子編集組版システムWP-6000を松下電器産業と開発
  • 1998年:Windows台頭に伴い、プロ用WindowsDTP「PROXELWIN」を発売
  • 2001年:「モトヤDTPスクール」を開校
  • 2002年:東京・大阪圏でDTPオペレーターに特化した人材派遣事業を開始
  • 2006年:首都圏事業強化を目的として、東京本社を中央区八丁堀に移転
  • 2009年:ユニバーサルデザインの需要に応えるため「UD対応フォント」を発表
  • 2016年1月29日:「モトヤLETS」を開始

製品編集

フォント編集

書体開発の歴史は古く、昭和24年に独自開発の「モトヤ書体」を発表している。 「可読性」と「文字の美しさ」をデザインの基本とし、鉛活字、タイプ活字、写植用文字盤、デジタルフォント(ビットマップフォント・アウトラインフォント)とその時代に対応した様々な組版手段に対応している。 モトヤの書体TrueTypePostScriptOpenTypeフォーマットで製品化されている(ただし専用ハードウェア向けフォントと完全に同一のタイプフェイスではない)。

以下に、主要書体/フォント製品を挙げる。

  • 筆文字
    • モトヤ正楷書(欧文も筆文字系に合わせた「S」付有り)
    • モトヤ新楷書(〃)
    • モトヤ大楷
    • モトヤ行書
    • モトヤ隷書
    • モトヤ古印体
  • 教科書体
    • モトヤ教科書
  • 新聞扁平
    • モトヤ新聞明朝
    • モトヤ新聞ゴシック
  • デザイン書体
    • モトヤバーチ
    • モトヤアポロ
    • モトヤステンシルアポロ
    • モトヤ丸アポロ

その他

  • 2010年、明朝・シーダ・マルベリ・アポロ・新聞書体の一部ウエイト(太さ)において、UD対応フォントがリリースされた。
  • 2010年9月21日、モトヤはOpen Handset Alliance (OHA) に参加し、AndroidオープンソースプロジェクトにモトヤLシーダ3とモトヤLマルベリ3をオープンソースライセンスに基づき提供した[1]
  • 2012年5月31日、モトヤはGoogle Chrome OSにモトヤG04明朝2B/5・モトヤG04ゴシック2B/5の4書体が採用されたと発表した[2]

脚注編集

外部リンク編集