ヤマハゼ(山黄櫨、学名: Toxicodendron sylvestre)は、ウルシ科ウルシ属落葉小高木

ヤマハゼ
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 Angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 Eudicots
階級なし : コア真正双子葉類 Core eudicots
階級なし : バラ類 Rosids
階級なし : 真正バラ類II Eurosids II
: ムクロジ目 Sapindales
: ウルシ科 Anacardiaceae
: ウルシ属 Toxicodendron
: ヤマハゼ T. sylvestre
学名
Toxicodendron sylvestre
(Siebold et Zucc.) Kuntze[1]
シノニム

Rhus sylvestris
Siebold et Zucc.

和名
ヤマハゼ(山黄櫨)、ハゼ

特徴編集

は奇数羽状複葉で、小葉は4 - 6対。両面にが散生し、全縁葉軸の上面にも毛が生える。には紅葉する。

雌雄異株で、5月ごろに黄緑色をつける。

果実の表面は無毛。

分布・生育地編集

中国台湾朝鮮半島日本本州関東地方以西、四国九州沖縄)に分布する[2]

利用編集

近縁種編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 米倉浩司; 梶田忠 (2003-). “「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList)”. 2012年6月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年12月9日閲覧。
  2. ^ 『樹に咲く花 離弁花2』、278頁。

参考文献編集

  • 茂木透写真『樹に咲く花 離弁花2』高橋秀男・勝山輝男監修、山と溪谷社〈山溪ハンディ図鑑〉、2000年、278-279頁。ISBN 4-635-07004-2
  • 林将之『紅葉ハンドブック』文一総合出版、2008年、40頁。ISBN 978-4-8299-0187-8

関連項目編集

外部リンク編集