メインメニューを開く
ヤーコプ・ケトラー
ヤーコプ・ケトラーが1645年から発行したターラー貨幣

ヤーコプ・ケトラードイツ語: Jacob Kettler1610年10月28日 - 1682年1月1日)は、クールラント・ゼムガレン公(在位:1642年 - 1682年)。その治世にクールラント公国は最も豊かになり、植民事業にも着手した。

目次

生涯編集

ヤーコプはヴィルヘルム・ケトラープロイセンアルブレヒト・フリードリヒの娘ゾフィーとの間の長男として、ゴルディンゲン(クルディーガ)に生まれた。イングランドジェームズ1世がヤーコプの名付け親となった。父ヴィルヘルムは兄と公国を分割して東部地域を統治していたが、1616年に公爵の座を追われて亡命した。ヤーコプは1642年、子供のいない伯父フリードリヒ・ケトラーの後継者としてクールラントに戻り、公爵となった。

ヤーコプの治世中、クールラントはネーデルラント、イングランド、フランス、さらにはポルトガルとも貿易を行うようになった。1651年、彼は西アフリカガンビア川に商船隊を送り込み、川に浮かぶ聖アンドレ島に「ヤーコプ要塞」を建造させた。また1654年には45門のカノン砲を搭載し、24名の官吏、124名のクールラント兵士、入植者の家族80組を乗せた2層の甲板をもつ戦艦を西インド諸島に差し向け、トバゴ島を征服した。トバゴの入植地は「ノイ・クールラント(新クールラント)」と名付けられた。

ヤーコプは北方戦争の最中の1658年から1660年にかけて、スウェーデン軍に捕らえられていた。この時期、ヤーコプの獲得した植民地は失われ、公国の商船隊も破壊された。戦争が終わるとヤーコプは商船隊を再建し、オランダ人からトバゴ島を取り戻した。一説によれば、彼は当時発見されたばかりで、敵対関係にあったネーデルラントがその領有を主張していたオーストラリアを自国の植民地にしようと考えていたという。ヤーコプのこのオーストラリア征服計画は教皇インノケンティウス10世から祝福されたが、教皇はすぐに死んでしまい、後継の教皇は彼の計画を支援する気が無かった。

ヤーコプは大選帝侯と称されたブランデンブルク選帝侯フリードリヒ・ヴィルヘルムの義兄弟であった。フリードリヒ・ヴィルヘルムは北方戦争の結果、ポーランドの主権下から脱したが、ヤーコプも同様にポーランドから主権の確立を目指したが、ヤーコプがスウェーデン軍に囚われていたこともあり、最終的には失敗した。ヤーコプの時代はクールラント公国の最盛期でもあったが、公国の宗主国であるポーランド・リトアニア共和国大洪水時代という未曾有の戦争が始まり、公国もそれに巻き込まれる形となった。戦争終結にともなってトバゴ島を回復したが、その他の植民地を失い、公国は2度と戦争前の経済的繁栄を取り戻すことは出来なかった。ヤーコプは1682年の正月にミタウ(イェルガヴァ)で亡くなった。

子女編集

1645年、ブランデンブルク選帝侯ゲオルク・ヴィルヘルムの娘ルイーゼ・シャルロッテと結婚した。妻との間に5男4女の9人の子女をもうけた。

関連項目編集

外部リンク編集