ヨ・ラ・テンゴ (Yo La Tengo) は、アメリカオルタナティヴ・ロックバンド

ヨ・ラ・テンゴ
Yo La Tengo
Yo La Tengo.jpg
ヨ・ラ・テンゴ(2005年)
基本情報
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニュージャージー州ホーボーケン
ジャンル インディー・ロック
オルタナティヴ・ロック
シューゲイザー
ドリーム・ポップ
ノイズポップ
エクスペリメンタル・ロック
活動期間 1984年 -
レーベル マタドール・レコード
Bar/None Records
City Slang
Alias Records
Arts & Crafts México
公式サイト yolatengo.com
メンバー ジョージア・ハブレイ
アイラ・カプラン
ジェイムズ・マクニュー
旧メンバー デイヴ・スクラム
スティーヴン・ウィッチニュースキ
マイク・ルイス

1984年ニュージャージー州ホーボーケンにて結成。当初はジョージア・ハブレイとアイラ・カプランの2人組だったが、1992年にジェイムズ・マクニューが加入した。

バンド名の由来編集

バンド名のヨ・ラ・テンゴは、メジャーリーグでの逸話に由来する。1962年ニューヨーク・メッツでセンターを守っていたリッチー・アシュバーンは、ショートのエリオ・チャコンと外野で衝突することがあった。これはチャコンがベネズエラ出身で英語を話せず、意思の疎通が図れないためであった。そこで、チャコンのためにアシュバーンはスペイン語で「¡Yo la tengo!(俺が取る!)」と叫ぶようにし、チャコンとの衝突を免れることができた。しかしある時、油断したアシュバーンはスペイン語を話せないレフトのフランク・トーマスとぶつかってしまった。起き上がったトーマスはアシュバーンに「What the heck is a Yellow Tango?(イエロー・タンゴって何だよ?)」と尋ねたという。

メンバー編集

  • アイラ・カプラン (Ira Kaplan) - ボーカル、ギター、キーボード (1984年– )
  • ジョージア・ハブレイ (Georgia Hubley) - ボーカル、ドラム、パーカッション、キーボード (1984年– )
  • ジェイムズ・マクニュー (James McNew) - ボーカル、ベース、パーカッション、キーボード (1992年– )

アイラとジョージアは夫婦。ジェイムズは「Dump」名義でも活動している。

旧メンバー編集

  • デイヴ・スクラム (Dave Schramm) - リード・ギター (1985年–1986年、2015年)
  • デイヴ・リック (Dave Rick) - ベース (1985年)
  • マイク・ルイス (Mike Lewis) - ベース (1985年–1986年)
  • スティーヴン・ウィッチニュースキ (Stephan Wichnewski) - ベース (1987年–1989年)

ディスコグラフィ編集

スタジオ・アルバム編集

  • 『ライド・ザ・タイガー』 - Ride the Tiger (1986年)
  • 『ニュー・ウェイヴ・ホット・ドッグス』 - New Wave Hot Dogs (1987年)
  • 『プレジデント・ヨ・ラ・テンゴ』 - President Yo La Tengo (1989年)
  • 『フェイクブック』 - Fakebook (1990年)
  • 『メイ・アイ・シング・ウィズ・ミー』 - May I Sing with Me (1992年)
  • 『ペインフル』 - Painful (1993年)
  • 『エレクトロピューラ』 - Electr-O-Pura (1995年)
  • 『アイ・キャン・ヒア・ザ・ハート・ビーティング・アズ・ワン』 - I Can Hear the Heart Beating as One (1997年)
  • 『アンド・ゼン・ナッシング・ターンド・イットセルフ・インサイド-アウト』 - And Then Nothing Turned Itself Inside-Out (2000年)
  • 『サマー・サン』 - Summer Sun (2003年)
  • 『アイ・アム・ノット・アフレイド・オブ・ユー・アンド・アイ・ウィル・ビート・ユア・アス』 - I Am Not Afraid of You and I Will Beat Your Ass (2006年)
  • 『ポピュラー・ソングス』 - Popular Songs (2009年)
  • 『フェイド』 - Fade (2013年)
  • 『スタッフ・ライク・ザット・ゼア』 - Stuff Like That There (2015年)
  • 『ゼアズ・ア・ライオット・ゴーイング・オン』 - There's a Riot Going On (2018年)

コンピレーション・アルバム編集

  • 『ジニアス+ラヴ=ヨ・ラ・テンゴ』 - Genius : Love = Yo La Tengo (1996年)
  • 『ミシュモシ・モシ』 - Mishmoshi-Moshi (2000年)
  • 『プリズナーズ・オヴ・ラヴ : ザ・ベスト・オヴ・ヨ・ラ・テンゴ 85-03』 - Prisoners Of Love (A Smattering Of Scintillating Senescent Songs 1985-2003) (2005年)
  • Yo La Tengo Is Murdering the Classics (2006年)
  • They Shoot, We Score (2008年)
  • Murder in the Second Degree (2016年)

カバー・アルバム編集

  • 『ファックブック』 - Fuckbook (2009年) ※コンドー・ファックス名義

コラボレーション・アルバム編集

  • 『ストレンジ・バット・トゥルー』 - Strange But True (1998年) ※ジャド・フェア (ハーフ・ジャパニーズ) とのコラボ
  • 『ア・クエスチョン・オヴ・テンパラチュア』 - V.O.T.E. (2004年) ※クリス・ステイミーとのコラボ
  • Parallelogram (2015年) ※Bardo Pondとのスプリット・アルバム
  • Nursery Rhymes (2015年) ※Bill Wells & Friendsのアルバム。ヨ・ラ・テンゴは6曲に参加

映画音楽編集

外部リンク編集