ヨーロッパ特急』(ヨーロッパとっきゅう)は、1984年公開の日本映画武田鉄矢主演。

ヨーロッパ特急
Princess and the Photographer
監督 大原豊
脚本 黒井和男、大原豊
製作 黒井和男
出演者 武田鉄矢
音楽 林哲司
主題歌 ポール・スレード「フレンド」
撮影 加藤雄大
編集 長田千鶴子
配給 東宝
公開 日本の旗 1984年1月14日
上映時間 105分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

概要編集

TEE(ヨーロッパ国際特急)の撮影に情熱を傾ける日本人カメラマンと、身分を隠したある国の王女とのラブストーリーである。映画『ローマの休日』とプロットが似ており、この名作へのオマージュとされている。

また、主人公は鉄道写真家南正時がモデルで、南自身の撮影エピソードが本作に用いられている。

ストーリー編集

森田次郎は、ヨーロッパ中の列車の写真を撮るため旅をしているカメラマン。アムステルダムでビビアン・リーと名乗る女性と知り合う。泥酔した彼女をホテルに泊めた次郎だが、朝起きたビビアンに大騒ぎされる。次郎がアムステルダム中央駅からパリ行きの列車に乗ると、男に追いかけられたビビアンが列車に飛び乗ってきた。結局、二人して撮影旅行をするのだった。

二人はその後、ブリュッセルパリジュネーブヴェネツィアと旅を続けるが、ビビアンを追いかける男たちが行く先々でたびたび現れる。そしてついに、ビビアンはヴェネツィアでイタリア警察によって保護され、次郎はビビアンの正体が王女であることを初めて知る。翌朝、気落ちした次郎はホテルでテレビを観ていると、テレビでは空港で記者会見をするビビアンが映っていた。それを観た次郎は一目散に空港へと走るのであった。

出演編集

その他編集

本作は軍事政権下のミャンマーでも上映され、当地で高い人気を博している[1][2]。更に2005年には、本作のリメイク版がミャンマーで製作された[3]

脚註編集

外部リンク編集