メインメニューを開く

株式会社ラグノオささきは、青森県弘前市に本社を置く菓子製造販売会社。

株式会社 ラグノオささき
Ragueneau Sasaki Inc.
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
036-8035
青森県弘前市百石町9
設立 1954年
業種 食料品
法人番号 7420001009603
事業内容 和菓子・洋菓子・郷土菓子などの製造・販売
代表者 代表取締役社長 木村公保
資本金 4,800万円
従業員数 300名
主要子会社 (株)アー・ベー・セー
(株)シラノ
大連愛味思食品有限公司(中国)
外部リンク http://www.ragueneau.co.jp/
テンプレートを表示

概要編集

社名の由来は、「酪農」の津軽弁訛りであると誤解されることが多いが、実際はエドモン・ロスタン作の戯曲シラノ・ド・ベルジュラック」に登場する菓子職人の名前、ラグノー(ラグノ、ラグノオ)から。主に北東北地区のスーパーやショッピングセンターを中心に洋菓子店『ラグノオ』を展開している。

また、弘前市には和菓子中心の店『菓子処 笹の舎』、パン・オープンサンドとデリカの店『SAKI』を展開しており、市内郊外ではりんご園を運営している。

沿革編集

  • 1884年 - 弘前市百石町に「和菓子さゝき」創業。
  • 1954年 - 株式会社ささきを設立。店名を「銘菓のささき」とする。
  • 1958年 - 洋菓子店「ラグノオ」を開店。
  • 1969年 - 「株式会社ラグノオささき」と商号変更。

工場編集

  • 本社工場 (弘前市大字向外瀬字豊田215)
  • 境関工場 (弘前市大字境関1丁目3-1)

主な商品編集

  • いのち - カスタードクリーム入りのスポンジケーキ。りんご味のほかチョコ味・抹茶味があり、季節限定の味も販売されている。津軽地方を舞台とした同名の大河ドラマに因んで命名された。
  • パティシエのりんごスティック - スポンジ生地にりんごを乗せ、パイ生地で包んだスティックタイプのアップルパイ。
  • 気になるリンゴ - シロップ漬けのりんごを包んで焼き上げたアップルパイ。水曜どうでしょうの対決列島で青森対決に使用されたこともある。
  • つまんでリンゴ - チョコレートに包まれたりんごのグラッセ。チョコレートはブラックとホワイトがある。
  • 茶屋の餅 - くるみ入りのきなこ餅。
  • ポロショコラ - 高純度チョコレートを混ぜ込んだケーキ。販売は札幌市白石区のラグノオ北海道が行なっている。

関連項目編集

外部リンク編集