メインメニューを開く

ラザル・フレベリャノヴィチ

ラザル・フレベリャノヴィチセルビア語: Лазар Хребељановић / Lazar Hrebeljanović, 1329年 - 1389年6月15日)は、ネマニッチ朝断絶後のセルビアの公(在位:1371年 - 1389年)。

ラザル・フレベリャノヴィチ
Лазар Хребељановић
セルビア
Knez Lazar, Vladislav Titelbah.jpg
在位 1371年 - 1389年
出生 1329年
死去 1389年6月15日
配偶者 ミリツァ・ネマニッチ
子女 ステファン・ラザレヴィチ
オリベーラ・デスピナ
テンプレートを表示

生涯編集

1371年、ウロシュ5世をもってネマニッチ朝が断絶すると、セルビアは群雄が割拠する分裂状態となったが、その中でもラザルは最有力で主導的立場にある群雄であった。

1386年、ラザルはオスマン帝国ムラト1世から臣従するように迫られたが、これを拒絶してあくまでセルビアの独立を保とうとした。このため1389年、ムラト1世率いるオスマン軍とコソヴォ平原において決戦を挑んだ(いわゆるコソヴォの戦い)。ラザルはセルビア諸侯と連合軍を結成し奮戦したが、戦いはオスマン軍の優勢に進み、ラザル自らが捕虜となった。

戦いの最終局面で、離脱と降伏を装ったセルビア貴族によってムラト1世が暗殺されたため、その報復としてムラトの後を継いだバヤズィト1世により処刑された。生き残った息子ステファン・ラザレヴィチは間もなくバヤズィトに臣従し、以後セルビアはオスマン帝国の属国として存続することとなった。

娘オリベーラ・デスピナはバヤズィト1世の妃となった。