ラブ・ダイアリーズ

ラブ・ダイアリーズ』(Definitely, Maybe)は、2008年イギリスアメリカフランスロマンティック・コメディ映画。監督はアダム・ブルックス、出演はライアン・レイノルズアイラ・フィッシャーアビゲイル・ブレスリンなど。

ラブ・ダイアリーズ
Definitely, Maybe
監督 アダム・ブルックス
脚本 アダム・ブルックス
製作 ティム・ビーヴァン
エリック・フェルナー
製作総指揮 ライザ・チェイシン
ボビー・コーエン
出演者 ライアン・レイノルズ
アイラ・フィッシャー
アビゲイル・ブレスリン
音楽 クリント・マンセル
撮影 フロリアン・バルハウス
編集 ピーター・テッシュナー英語版
製作会社 スタジオカナル
ワーキング・タイトル・フィルムズ
配給 イギリスの旗アメリカ合衆国の旗 ユニバーサル・ピクチャーズ
フランスの旗 マース・ディストリビューション
公開 イギリスの旗 2008年2月8日
アメリカ合衆国の旗 2008年2月14日
フランスの旗 2008年6月25日
上映時間 112分
製作国 イギリスの旗 イギリス
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
フランスの旗 フランス
言語 英語
製作費 $24,000,000[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗カナダの旗 $32,241,649[2]
イギリスの旗 $5,672,724[2]
フランスの旗 $670,562[2]
世界の旗 $55,990,299[2]
テンプレートを表示

日本では劇場未公開だが2009年9月2日からDVDレンタルが開始され[3][4]2010年にはWOWOWでも放送された[要出典]2011年6月22日にセルBlu-ray[5]2012年4月13日にセルDVDが発売されている[6]

ストーリー編集

離婚間近のウィル(ライアン・レイノルズ)は幼い娘マーヤ(アビゲイル・ブレスリン)から妻とのなれそめを聞かれる。しぶしぶ応じたウィルは3人の女性について仮名で話をする代わりに、その3人のうち誰が妻(マーヤの母親)になったのかを当てさせることにした。3人の女性は、学生時代からの恋人エミリー(エリザベス・バンクス)、クリントン選挙事務所で同僚だったエイプリル(アイラ・フィッシャー)、そしてエミリーの親友でライターのサマー(レイチェル・ワイズ)。

複雑に絡み合うウィルの恋愛遍歴の果てにマーヤの母親になったのは誰なのか、マーヤはウィルの話を聞けば聞くほど分からなくなって行く。

キャスト編集

※括弧内は日本語吹替

作品の評価編集

Rotten Tomatoesによれば、148件の評論のうち高評価は70%にあたる104件で、平均点は10点満点中6.5点、批評家の一致した見解は「巧みな脚本とカリスマ性のある主演俳優たちが織りなす『ラブ・ダイアリーズ』は、ロマンティック・コメディというジャンルに新鮮さを与えてくれる作品である。」となっている[7]Metacriticによれば、33件の評論のうち、高評価は20件、賛否混在は12件、低評価は1件で、平均点は100点満点中59点となっている[8]

出典編集

  1. ^ Goodman, Dean; Osterman, Cynthia (2008年2月18日). “"Jumper" leaps to top of North American box office” (英語). Reuters. https://www.reuters.com/article/entertainmentNews/idUSN1729760620080217 2022年5月5日閲覧。 
  2. ^ a b c d Definitely, Maybe” (英語). Box Office Mojo. 2022年5月5日閲覧。
  3. ^ ラブ・ダイアリーズ”. TSUTAYA. 2022年5月5日閲覧。
  4. ^ ラブ・ダイアリーズ”. ゲオ宅配レンタル. 2022年5月5日閲覧。
  5. ^ ラブ・ダイアリーズ 【Blu-ray ベスト・ライブラリー100】”. amazon.co.jp. 2022年5月5日閲覧。
  6. ^ ラブ・ダイアリーズ [DVD]”. amazon.co.jp. 2022年5月5日閲覧。
  7. ^ Definitely, Maybe” (英語). Rotten Tomatoes. 2022年5月5日閲覧。
  8. ^ "Definitely, Maybe" (英語). Metacritic. 2022年5月5日閲覧。

外部リンク編集