ロマンティック・コメディ

映画のジャンル

ロマンティック・コメディ: romantic comedy, 英語の日常的な短縮形ではromcomあるいはrom-com[1])は、映画のジャンルのひとつで、恋愛映画であり、かつ(AND)コメディ映画であるもの。恋愛をテーマにしたコメディ。カタカナの略称はロムコムあるいはロマコメ。あえて漢字をあてる場合は「恋愛喜劇」とも[2]

男女の間の感情を中心に面白おかしいストーリーが展開する作品。

原型としてはシェイクスピア戯曲十二夜』、『空騒ぎ』、『夏の夜の夢』等が挙げられる。 もちろんこのジャンル名は演劇などにも使われるが、現代では映画テレビドラマが話題となることが多い。

女性の観客や視聴者からの人気は高いが、男性からはさほど人気が無いジャンルである。2018年に男女別で、アメリカで各ジャンルへの興味があるかどうか調査が行われたことがあるが、コメディやアドベンチャーというジャンルは男女でほぼ同率(コメディは女性91%、男性90%。アドベンチャーは女性89%、男性90%)なのに対し、ロマンティック・コメディというジャンルは、女性が84%に対して男性が67%、と極端に男女差がつくジャンルである。[3](ちなみに恋愛映画も男女差が激しく、女性77%、男性55%。つまり男性は、恋愛映画にもロマンティック・コメディにもさほど興味が無い、という傾向がある。)[4]

映画

典型的なストーリーは、「男と女が出会うが、初対面での印象が悪くお互いに好意を持てず、その後も会うたびに口喧嘩になる。ところが、行動を共にし協力し合わなければならない事態に遭遇し、お互いのことをよく知るようになり惹かれ合っていく。そして、お互いの気持ちをなかなか伝えられずにいるが、最後には結ばれてハッピーエンド」というものである。ただし『ローマの休日』や『ラ・ラ・ランド』のように互いの気持ちが通じ合っても別れ別れになるエンディングを迎えるロマンティック・コメディもある。

メグ・ライアンは、一時期その出演作のほとんどがロマンティック・コメディで、ヒット作も多かったことから、「ロマンティック・コメディの女王」と呼ばれていた。

語源編集

英語表現のromantic comedyは、romanticとcomedyに分解できる。

romanticの現代的意味と語源

romanticは「恋愛の」「男女の性愛の」などといった意味である[5]

語源をたどると、中世ヨーロッパの騎士道物語の特徴を形容するために用いられた「romanz」(「古代ローマの」「古代ローマ風の」)という17世紀の古フランス語に由来する[5]

comedyの語源

comedyの語源は、ラテン語のcomoedia。そのラテン語の語源は古代ギリシア語のkōmōidia。[6]

代表的な映画作品編集

英語圏
フランス語圏

Category:フランスのロマンティック・コメディ映画も参照。

イタリア

Category:イタリアのロマンティック・コメディ映画も参照。

他 ヨーロッパ系
韓国
  • 猟奇的な彼女 (2001年)
  • B型の彼氏 (2005年)
  • マイ・リトル・ブライド(2004年、韓国語題:어린 신부 英題:My Little Bride)

  ※2004年の韓国映画として韓国国内でチケット販売数2位だった、とのこと(日本では未公開らしく、amazon prime videoの配信など)

Category:韓国のロマンティック・コメディ映画も参照。

下記カテゴリページも参照可。

代表的なテレビドラマ編集

Category:ロマンティック・コメディ・テレビドラマも参照可。

日本製編集

脚注編集

  1. ^ ロムコムと読む。
  2. ^ [1]
  3. ^ Most popular movie genres among adults in the United States as of December 2018, by gender
  4. ^ ちなみに恋愛やロマンティックコメディというジャンルと逆の傾向があるジャンルは、SF(サイエンスフィクション)であり、女性の62%に対して男性が76%と差が大きい。つまり男性は(コメディやアドベンチャー同様に)SFにも興味がある人はそれなりに多いが、女性ではSFへの興味は(コメディやアドベンチャーに比べて)かなり減る傾向がある。[2]。男性に焦点をあてると、恋愛映画が55%に対して、SF映画が76%であり、「恋愛(異性)なんかよりも、はるかにSFに興味がある」という心理状態なわけである。
  5. ^ a b Oxford, romantic
  6. ^ Etymonline


関連項目編集

外部リンク編集