メインメニューを開く

株式会社リチウムエナジージャパン: Lithium Energy Japan)は、滋賀県栗東市に本社を置く、リチウムイオン二次電池の開発・製造・販売を行う株式会社

株式会社リチウムエナジージャパン
Lithium Energy Japan
Lithium Energy Japan.jpg
種類 株式会社
略称 LEJ
本社所在地 日本の旗 日本
520-3021
滋賀県栗東市蜂屋780-1
北緯35度1分42.6秒
東経135度59分42.6秒
座標: 北緯35度1分42.6秒 東経135度59分42.6秒
設立 2007年12月12日
業種 電気機器
法人番号 9130001031213
事業内容 リチウムイオン二次電池の開発、製造、販売
代表者 青山 俊之(代表取締役)
資本金 75億円
売上高 326億7200万円(2019年03月31日時点)[1]
営業利益 1億7900万円(2019年03月31日時点)[1]
経常利益 8700万円(2019年03月31日時点)[1]
純利益 5500万円(2019年03月31日時点)[1]
純資産 32億0900万円(2019年03月31日時点)[1]
総資産 230億4200万円(2019年03月31日時点)[1]
主要株主 GSユアサ三菱商事三菱自動車工業
外部リンク lithiumenergy.jp
テンプレートを表示
リチウムエナジージャパン製リチウムイオン二次電池セルのLEV50
東京モーターショー2011出展)

ジーエス・ユアサコーポレーションの子会社であるジーエス・ユアサ パワーサプライ(現・GSユアサ)、三菱商事三菱自動車工業が出資して、2007年12月12日に設立した。出資比率はそれぞれジーエス・ユアサ パワーサプライが51%、三菱商事が34%、三菱自動車が15%。資本金の額は20億円。設立当初の本社は京都府のジーエス・ユアサコーポレーション本社内にあったが、2011年7月19日に滋賀県栗東市に建設した栗東工場内へ移転した。

設立当初はGSユアサの本社内工場で生産をする予定であったが、より生産能力を高めるため滋賀県草津市に工場用地を買収し、第2の工場を建設した(敷地面積は20,048m2、建屋面積は7,873m2)。その後さらに、滋賀県栗東市の建設が凍結された南びわ湖駅東海道新幹線栗東新駅)の予定地を買収し、第3の工場を建設するとともに上述のように本社も移転した。

同社の製造する電池は三菱の電気自動車i-MiEVにも搭載されている。栗東工場が完成した後は、リチウムイオン電池のセル「LEV50」を年間20万セル(i-MiEV 2000台分)を生産する。

目次

事業所編集

沿革編集

脚注編集

外部リンク編集