リチャード・ボイル (第2代シャノン子爵)

第2代シャノン子爵リチャード・ボイル (だい2だいしゃのんししゃく リチャード・ボイル、Richard Boyle, 2nd Viscount Shannon、1675年-1740年12月20日) は、グレートブリテン王国将校政治家である。

第2代シャノン子爵
リチャード・ボイル
Richard Boyle, 2nd Viscount Shannon
Richard Boyle, 2nd Viscount Shannon by Sir Godfrey Kneller, Bt.jpg
未完成の肖像画
ゴドフリー・ネラー作 (1710年頃)
生誕 1675年
イングランド, ウェストミンスター
死没 1740年12月20日 (享年 65歳)
ウォートン・オン・テムズ
アシュリー・パーク
所属組織 イングランド王国の旗 イングランド王国
グレートブリテン王国の旗 グレートブリテン王国
軍歴 1690年–1740年
ウィリアマイト戦争
大同盟戦争
スペイン継承戦争
最終階級 陸軍元帥
墓所 ウォートン・オン・テムズ
セントメアリー教区教会
テンプレートを表示

アイルランドでのウィリアマイト戦争におけるボイン川の戦いや、大同盟戦争におけるネールウィンデンの戦い少尉 (Junior officer) を務めた後、スペイン継承戦争ビーゴ湾の海戦で手榴弾旅団を指揮した。この戦いにおいて、フランソワ・ルイ・ルスレ・ド・シャトー=ルノー (英語版) フランス元帥率いるフランス艦隊と、マニュエル・デ・ベラスコ・ジェ・テハーダ (英語版) 率いるスペインのガレオン船・輸送船を、全て捕捉あるいは破壊した。その3年後にはバルセロナでの襲撃に参加した。ボイルは1720年代から30年代を通じてアイルランドの王国陸軍 (: Irish Royal Army (英語版)) の最高司令官 (: Commander-in-Chief, Ireland (英語版)) を務めた。

経歴 編集

前半生編集

リチャード・ボイル (1640年頃生) とエリザベス・ボイル (旧姓ポンソンビー、ベスボローのポンソンビー卿の娘) の息子として生まれ、オックスフォード大学で学んだ[1]。ボイルはその軍人としてのキャリアを、アイルランドでのウィリアマイト戦争における1690年7月のボイン川の戦いで、第2代オーモンド公ジェームズ・バトラーに仕えるボランティアとして始めた[2]。彼は負傷し捕虜になりながらも、大同盟戦争における1693年7月のネールウィンデンの戦いにも参加した[2]。翌1694年2月16日にオーモンド公の騎兵隊 (: Troop of Horse Guards (英語版)) の少尉 (Junior officer) と陸軍の中尉 (cornet (英語版)) に任命され、1697年にはそれぞれ中尉と少佐 (Major (英語版)) に昇進した[2]

ボイルは1699年に父方の祖父フランシス・ボイルから、シャノン子爵を承継した[3]。1702年2月にはデンマークのジョージ王子海兵連隊の大佐 (colonel (英語版)) になり、同年10月のスペイン継承戦争におけるビーゴ湾の海戦で手榴弾旅団を指揮した[2]。この戦いにおいて、フランソワ・ルイ・ルスレ・ド・シャトー=ルノー (英語版) フランス元帥率いるフランス艦隊と、マニュエル・デ・ベラスコ・ジェ・テハーダ (英語版) 率いるスペインのガレオン船・輸送船を、全て捕捉あるいは破壊した。ビーゴでの功績によりボイルはアン女王にフランス艦隊の破壊を報告するために、帰還を許された[2]。女王は1,000ポンドの報奨金を与えた [1]。ところが1703年1月、彼はピカデリーのセント・ジェームズ教会でのあるスキャンダラスな活動に関与していたとして告発された[1]

1704年に准将に昇進したボイルは、1705年にバルセロナで成功した襲撃に参加した。彼は再びその報告のために帰還した。アン女王は再度報奨金を与えた[1]。1708年には少将に昇進し、その年陸軍の共同管理者 (Joint Controller for Clothing the Army) となった[1]。また同年、アランデル選挙区選出の庶民院議員 (英語版) となった[2]。キット・キャット・クラブ[注 1]に所属するとすぐに、首相や、ボイルを議会の候補者として指名したスカーバラ伯等の有力者に近づくことが容易になった[1]。この当時ボイルは「きわめて素晴らしいその会話の中に、誠意と率直さが見て取れる」と言われていた[5]。議会ではホイッグ党を支持し、ヨーロッパ大陸から亡命したプロテスタントがグレート・ブリテン王国に入国するのを許可する、1708年外国人プロテスタント帰化法 (: Foreign Protestants Naturalization Act 1708 (英語版)) に賛成した[6]

1709年、ボイルは中将に昇進した。その年の終わりドーバー城 (英語版) の副知事 (英語版) となり、1710年ヌーベルフランスを攻撃する秘密裏の、しかし不十分な遠征隊を指揮する任務を与えられた[6]スカーバラ伯は既にアランデル選挙区の立候補者を指名する立場ではなくなっていたため、同年ボイルは選挙区をハイス (Hythe (英語版)) に変更し、 ドーセット公の指名を受けた[2]。議会ではホイッグ党の方針に従い、1710年3月、党を批判した聖職者であるヘンリー・サシェヴァレル (英語版) の弾劾に賛成投票を行った[6]

後半生編集

 
アシュリー・ハウス(英語版)
ジョン・プレストン・ニール
(英語版)作 1818年

ボイルは1715年1月、シャノン子爵の歩兵連隊 (Regiment of Foot (英語版)) の大佐となり、その年の終わりに再び選挙区を替え、イースト・グリンステッド (英語版) に移った[2]。1716年、アイルランド王国の陸軍幹部に加わった[7]

1720年、ボイルはアイルランドの王国陸軍 (: Irish Royal Army (英語版)) の最高司令官 (: Commander-in-Chief, Ireland (英語版)) となり、生涯その地位にいた[2]。1721年6月、リチャード・ウェアリングは騎兵連隊 (: King's Regiment of Carabineers (英語版)) の大佐の地位をボイルに7,500ポンドで売却した[8]

同年ボイルはアイルランド枢密院 (英語版) のメンバーになり、翌1722年アイルランドの主席裁判官 (英語版) の一人になった。また同年コーク市の名誉市民となったが、請願の結果議席を失ったものの、その年終わりの補欠選挙で再び返り咲いた[6]

1727年3月、ボイルは第4騎兵隊 (the 4th Troop of Horse Guards (英語版)) の大佐となり、1735年12月18日、将軍に昇進した[9]。1737年にはポーツマス知事 (Governor of Portsmouth (英語版)) になり、1739年6月17日には陸軍元帥に昇進した[10]

ボイルは1740年12月20日、ウォルトン・オン・テムズ (英語版) の自宅、アシュリー・ハウス (英語版) で逝去し、同じくウォートン・オン・テムズにあるセントメアリー教区教会に埋葬された[3]。教会には彼の記念碑が設けられている[11]。ボイルには男子の子供がいなかったので、シャノン子爵位は廃絶となった。

家族編集

1704年6月6日、ボイルは第6代ドーセット伯爵チャールズ・サックヴィル (英語版)非嫡出子で第3代オーラリー伯爵ライオネル・ボイル (ボイルのはとこ) の未亡人だったメアリー・サックヴィルと結婚した。メアリーは子供のないまま12年後に亡くなった[3]。その後1720年1月、カンブリア、ネザーホールのジョン・センハウスの娘、グレイス・センハウスと結婚した。夫妻は娘一人 (後のグレース・サックヴィルミドルセックス伯爵夫人 (英語版)) をもうけた[3]。 

系譜図編集

注釈編集

[脚注の使い方]
  1. ^ キット・キャット・クラブ (: Kit-Cat Club (英語版)) (あるいはキット・カット・クラブ) は、18世紀初頭のロンドンにあった政治的・文学的色彩の濃いクラブで、ホイッグ党の目的の推進に尽力した [4] 。その会合はロンドンのトランペット酒場 (Trumpet tavern) やバークシャーのウォーター・オークリー (英語版) で行われた。

出典編集

  1. ^ a b c d e f Cruickshanks, Eveline (2002).The House of Commons, 1690–1715, Volume 2 Cambridge University Press. ISBN 978-0521772211. p.305
  2. ^ a b c d e f g h i Heathcote, Tony (1999). The British Field Marshals 1736–1997. Pen & Sword Books Ltd. ISBN 0-85052-696-5. p.52
  3. ^ a b c d "Boyle Family Genealogical Entry" 2020年4月21日閲覧
  4. ^ Timbs, John (1872), Clubs and club life in London,"The Kit-Kat Club", London: John Camden Hotten, pp. 47–53 2020年4月22日閲覧
  5. ^ Budgell, Eustace (1732)."Memoirs of the Life and Character of the Earl of Orrery and of the Family of the Boyles". London. p.258
  6. ^ a b c d Cruickshanks, Eveline (2002).The House of Commons, 1690–1715, Volume 2 Cambridge University Press. ISBN 978-0521772211. p.306
  7. ^ History of Parliament."Richard Boyle, 2nd Viscount Shannon". 2020年4月22日閲覧
  8. ^ Barnard, Toby (2004)."A New Anatomy of Ireland": The Irish Protestants, 1649–1770. Yale University Press. ISBN 978-0300101140. p.185
  9. ^ ロンドン・ガゼット "No. 7464". 1735年12月16日号. p.1. 2020年4月22日閲覧
  10. ^ ロンドン・ガゼット "No. 7823". 1739年7月14日号. p.1. 2020年4月22日閲覧
  11. ^ BRITISH HISTORY ONLINE "Parishes: Walton on Thames," A History of the County of Surrey: Volume 3". 1911. pp. 467–475.

外部リンク編集