リッチー・バイラーク

リッチー・バイラークRichie Beirach1947年5月23日 - )は、アメリカジャズ・ピアニスト、作曲家。

リッチー・バイラーク
Richie Beirach
Richie Beirach.jpg
リッチー・バイラーク(1980年代)
基本情報
出生名 Richard Alan Beirach
生誕 (1947-05-23) 1947年5月23日(73歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨーク
ジャンル ジャズ
職業 ミュージシャン、作曲家
担当楽器 ピアノ
活動期間 1972年 -
レーベル ECMレコード
共同作業者 スタン・ゲッツデイヴ・リーブマンクエスト
公式サイト richiebeirach.com

略歴編集

生い立ち編集

バイラークはニューヨークで生まれた。当初は、クラシック音楽ジャズの両方を学んでいた。まだ高校に通っている間、ピアニストのレニー・トリスターノからレッスンを受けた[1]。バイラークは後にバークリー音楽大学に入学。1年後、バークリーを離れ、マンハッタン音楽学校に通い始めた。そこにいる間、彼はLudmilla Ulehlaに師事した。1972年、音楽理論と作曲の修士号を取得し、マンハッタン音楽学校を卒業した。

キャリア編集

1972年にバイラークはスタン・ゲッツと共に演奏し始めた。また、チェット・ベイカーとも演奏した。バイラークは、1960年代後半から現在まで、Lookout Farmやとクエストといったグループで、デイヴ・リーブマンとの継続的な音楽パートナーシップを維持してきた。さらに、リーブマンとバイラークは頻繁にデュオとして演奏し、録音している。

バイラークの作曲した作品のいくつか(たとえば「Leaving」や「Elm」)は、ジャズのスタンダードなレパートリーとして取り入れられている。

演奏スタイル編集

バイラークのスタイルは、アート・テイタムビル・エヴァンスマッコイ・タイナーチック・コリア、および彼の初期のクラシック・トレーニングの影響を受けている。それはまた、最高クラスに数多いタッチによって個性的なものとなっている。

ディスコグラフィ編集

リーダー・アルバム編集

  • 『ナーディス』 - Eon (1975年、ECM)
  • 『メソースラ』 - Methuselah (1975年、Trio)
  • 『ファーザー・タイム』 - Father Time (1975年、Enja) ※with フランク・トゥサデイヴ・リーブマンバダル・ロイ、ジェフ・ウィリアムス
  • 『遺忘夢幻』 - Forgotten Fantasies (1976年、Horizon) ※with デイヴ・リーブマン
  • 『ザル』 - Zal (1976年、Trio) ※with 日野皓正増尾好秋
  • 『リーヴィング』 - Leaving (1976年、Trio) ※with ジェレミー・スタイグ
  • 『サンデイ・ソング』 - Sunday Song (1976年、Trio) ※with フランク・トゥサ
  • 『ヒューブリス』 - Hubris (1977年、ECM)
  • 『カフナ』 - Kahuna (1978年、Trio) ※with 富樫雅彦
  • 『オマータ』 - Omerta (1978年、Trio) ※with デイヴ・リーブマン
  • 『エルム』 - Elm (1979年、ECM)
  • 『津波』 - Tidal Wave (1980年、Trio) ※with 富樫雅彦
  • 『エレジー〜ビル・エヴァンスに捧ぐ』 - Elegy For Bill Evans (1981年、Trio)
  • Rendezvous (1981年、International Phonograph) ※with ジョージ・ムラーツ
  • 『ピアノ・ソロ〜朝露の輝き』 - Live In Tokyo “Solo Concert” (1982年、Trio)
  • 『ブリージング・オブ・スタチューズ』 - Breathing Of Statues (1982年、CMP)
  • 『コンティニュアム』 - Continuum (1984年、Eastwind)
  • 『ダブル・エッジ』 - Double Edge (1985年、Storyville) ※with デイヴ・リーブマン
  • 『エアーズ・ロック』 - Ayers Rock (1985年、Polydor) ※with 富樫雅彦、日野皓正
  • 『バラッド』 - Ballads (1986年、CBS/Sony)
  • Antarctica (1986年、Pathfinder)
  • 『エメラルド・シティ』 - Emerald City (1987年、Pathfinder) ※with ジョン・アバークロンビー
  • 『バラッド2』 - Ballads II (1987年、CBS/Sony)
  • 『トリビュート・トゥ・ジョン・コルトレーン〜セレクト・ライブ・アンダー・ザ・スカイ '87』 - Tribute To John Coltrane - Live Under The Sky (1987年、Columbia) ※with ウェイン・ショーターエディ・ゴメスジャック・ディジョネット、デイヴ・リーブマン
  • 『コモン・ハート』 - Common Heart (1988年、Owl)
  • 『ウォーター・リリーズ』 - Water Lillies: Richie Beirach Plays Musical Portraits of Claude Monet (1988年、Sony Japan)
  • 『音』 - Chant (1990年、CMP) ※with デイヴ・リーブマン
  • 『二重奏 (ダブル・ファンタジー)』 - Convergence (1990年、Triloka) ※with ジョージ・コールマン
  • 『残像』 - Some Other Time (A Tribute To Chet Baker) (1990年、Triloka) ※with マイケル・ブレッカーランディ・ブレッカー、ジョージ・ムラーツ、アダム・ナスバウムジョン・スコフィールド
  • 『インティメイト・カンヴァセーション』 - Intimate Conversation (1991年、Ken Music) ※with コンラッド・ハーウィッグ
  • 『高雅で感傷的なプレリュード』 - Inamorata (1991年、EAU)
  • The Duo Live (1991年、Advance Music) ※with デイヴ・リーブマン
  • Sunday Songs (1992年、Blue Note)
  • 『ラウンド・ミッドナイト』 - Maybeck Recital Hall Series • Volume Nineteen (1992年、Concord Jazz)
  • 『別れの曲』 - Themes and Impromptu Variations (1992年、EAU)
  • 『セルフ・ポートレイツ』 - Self Portraits (1992年、CMP)
  • Richard Beirach - Terumasa Hino - Masahiko Togashi (1993年、Konnex) ※with 富樫雅彦、日野皓正
  • 『ユニヴァーサル・マインド』 - Universal Mind (1993年、Steeplechase) ※with アンディ・ラヴァーン
  • 『ソー・ホワット〜プレイズ・マイルス・コネクション』 - Too Grand (1994年、SteepleChase) ※with アンディ・ラヴァーン
  • 『ソロ・ピアノ・リサイタル』 - Solo Piano Recital - Live In Japan (1995年、Les Jours De Zyugemu)
  • 『スノー・レパード』 - The Snow Leopard (1996年、Alfa Jazz)
  • 『トラスト』 - Trust (1996年、Evidence) ※リッチー・バイラーク・トリオ名義
  • Reunion Of Old Spirits (1997年)
  • 『フリーダム・ジョイ』 - Freedom Joy (1998年、Trial) ※with 富樫雅彦
  • Expressions (1998年、Hornblower Recordings) ※with ヘンリク・フリスク
  • 『ニューヨーク・ラプソディ』 - New York Rhapsody (1998年、Onoff) ※with グレゴール・ヒューブナー
  • 『恋とは何でしょう』 - What Is This Thing Called Love? (1999年、Venus) ※リッチー・バイラーク・トリオ名義
  • 『コンプリート・ソロ・コンサート1981』 - Complete Solo Concert 1981 (2000年、PJL)
  • Round About Bartok (2000年、ACT) ※with グレゴール・ヒューブナー、ジョージ・ムラーツ
  • 『ラウンド・アバウト・フェデリコ・モンポウ』 - Round About Federico Mompou (2001年、ACT) ※with グレゴール・ヒューブナー、ジョージ・ムラーツ
  • 『ロマンティック・ラプソディ』 - Romantic Rhapsody (2001年、Venus) ※リッチー・バイラーク・トリオ名義
  • 『哀歌』 - No Borders (2002年、Venus) ※リッチー・バイラーク・トリオ名義
  • Round About Monteverdi (2003年、ACT) ※with グレゴール・ヒューブナー、ジョージ・ムラーツ
  • The Duo Session (2005年、NABEL) ※with ローリー・アントニオーリ
  • Lonely House - Kurt Weill Songs (2005年、Laika)
  • 『マンハッタンの幻想』 - Manhattan Reverie (2006年、Venus) ※リッチー・バイラーク・トリオ名義
  • Duality - The First Ten Years (2007年、Niveau) ※with グレゴール・ヒューブナー
  • 『サマー・ナイト』 - Summer Night (2008年、Venus) ※リッチー・バイラーク・トリオ名義
  • Crossing Over (2008年、Niveau)
  • 『ジャズ・アダージョ』 - Jazz Adagio (2009年、Venus)
  • Quest For Freedom (2010年、Sunnyside) ※with デイヴ・リーブマン
  • Unspoken (2011年、Outnote) ※with デイヴ・リーブマン
  • Impressions Of Tokyo (2011年、Outnote) ※ジャケットにはデザインで『東京点描』の表記がある
  • Knowinglee (2011年、OutNote) ※with リー・コニッツ、デイヴ・リーブマン
  • Live At Alte Kirche Boswil (2012年、KulaK) ※with グレゴール・ヒューブナー、ジョージ・ムラーツ
  • Varuna (2015年、Origin) ※with ローリー・アントニオーリ
  • Balladscapes (2016年、Intuition) ※with デイヴ・リーブマン
  • Studio Konzert (2016年、Neuklang) ※リッチー・バイラーク・ヨーロピアン・カルテット名義
  • Live At Birdland New York (2017年、ACT) ※with グレゴール・ヒューブナー
  • Gaia (2017年、JazzSick) ※リッチー・バイラーク・トリオ名義
  • Inborn (2018年、Jazzline)
  • Eternal Voices (2019年、Jazzline) ※with デイヴ・リーブマン
  • Crossing Borders (2019年、Zoho) ※with グレゴール・ヒューブナー、WDRビッグ・バンド
  • Avala (2020年、JazzSick) ※with クリスチャン・シェウバー

クエスト編集

  • 『クエスト』 - Quest (1981年、Trio)
  • 『クエストII』 - Quest II (1987年、Storyville)
  • Quest III: Midpoint – Live at Montmartre (1987年、Storyville)
  • 『N.Y.ナイツ:スタンダーズ』 - N.Y. Nites: Standards (1988年、Storyville)
  • 『ナチュラル・セレクション』 - Natural Selection (1988年、Evidence)
  • 『オブ・ワン・マインド』 - Of One Mind (1990年、CMP)
  • Redemption: Quest Live in Europe (2007年、HatOLOGY)
  • Re-Dial: Live in Hamburg (2010年、Outnote)
  • Live in Paris 2010 (2013年、Vaju Prod.) ※ダウンロードのみ。未CD化
  • 『サーキュラー・ドリーミング:プレイズ・ザ・マイルス・デイヴィス60's』 - Circular Dreaming: Quest Plays the Music of Miles' 60's (2013年、Enja)

参加アルバム編集

ジョージ・アダムス

  • 『サウンド・サジェスチョンズ』 - Sound Suggestions (1979年、ECM)

ジョン・アバークロンビー

  • 『アーケイド』 - Arcade (1978年、ECM)
  • 『ブルー・ウルフ』 - Abercrombie Quartet (1979年、ECM)
  • 『ラプソディー』 - M (1980年、ECM)

ジョン・スコフィールド

  • 『ライヴ』 - John Scofield Live (1978年、Enja)

チェット・ベイカー

  • 『ユー・キャント・ゴー・ホーム・アゲイン』 - You Can't Go Home Again (1977年、Horizon)
  • 『ザ・ベスト・シング・フォー・ユー』 - The Best Thing for You (1989年、A&M) ※1977年録音

デイヴ・リーブマン

  • 『ファースト・ビジット』 - First Visit (1973年、Philips)
  • 『ルックアウト・ファーム』 - Lookout Farm (1973年、ECM)
  • 『ドラム・オード』 - Drum Ode (1974年、ECM)
  • 『スウィート・ハンズ』 - Sweet Hands (1975年、Horizon)
  • Light'n Up, Please! (1976年、Horizon)
  • 『ペンデュラム』 - Pendulum (1978年、Artists House)

ジェレミー・スタイグ

  • Temple of Birth (1975年、Columbia)
  • 『ファイアーフライ』 - Firefly (1977年、CTI)

スティーヴ・デイヴィス

  • Explorations and Impressions (1997年、Double-Time)

ロン・マクルーア・トリオ

  • Inspiration (1991年、Ken)

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ Shim, Eunmi (2007). Lennie Tristano – His Life in Music. University of Michigan Press. p. 134. ISBN 978-0-472-11346-0. https://archive.org/details/lennietristanohi00shim 

外部リンク編集