リンダ・トマス=グリーンフィールド

アメリカの外交官

リンダ・トマス=グリーンフィールド英語: Linda Thomas-Greenfield1952年11月22日 - )は、アメリカ合衆国の外交官。バイデン政権国際連合大使を務めている。かつてはアフリカ担当国務次官補、民間企業のオルブライト・ストーンブリッジ・グループの上級副社長を務めた。2021年2月23日に上院で国際連合大使に起用する人事案が承認され、2月25日に着任した。

リンダ・トマス=グリーンフィールド
Linda Thomas-Greenfield
Linda-Thomas-Greenfield-v1-8x10-1.jpg
生年月日 (1952-11-22) 1952年11月22日(70歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ルイジアナ州ベイカー
出身校 ルイジアナ州立大学(学士号)
ウィスコンシン大学マディソン校MPA
前職 国務次官補など
現職 国際連合大使
配偶者 ラファイエット・グリーンフィールド[1]
子女 2人

在任期間 2021年2月25日 - 現職
大統領 ジョー・バイデン

アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
第18代アフリカ担当国務次官補
在任期間 2013年8月6日 - 2017年3月10日
大統領 バラク・オバマ
ドナルド・トランプ

アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
外交局長兼人的資源部長
在任期間 2012年4月2日 - 2013年8月2日
大統領 バラク・オバマ

アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
在リベリア大使
在任期間 2008年7月18日 - 2012年2月29日
大統領 ジョージ・W・ブッシュ
バラク・オバマ
テンプレートを表示

来歴編集

1952年11月22日にルイジアナ州ベイカーにて[2]、日雇い労働者の父と調理師の母との間に8人兄弟の第1子として誕生した[3]。1974年にルイジアナ州立大学を卒業し、その翌年にウィスコンシン大学マディソン校公共経営の修士号(MPA)を取得した[4][5]

バックネル大学で政治学を教えた後は、1982年に国務省に入省した[6]。人口・難民・移民問題担当国務次官補(2004年 - 2006年)、アフリカ担当第一国務次官補(2006年 - 2008年)、駐リベリア大使(2008年 - 2012年)、外交局長兼人的資源部長(2012年 - 2013年)[7][8]、アフリカ担当国務次官補(2013年 - 2017年)などを歴任し[9][10]スイス国際連合アメリカ合衆国代表部)・パキスタンケニアガンビアナイジェリアジャマイカに駐在した[11]

2017年1月20日にドナルド・トランプ政権が発足すると、「国務省幹部の粛清」(ロサンゼルス・タイムズ紙)に遭って解雇された[12]。同年秋から2019年春までジョージタウン大学にアフリカ研究の特別研究員として在籍した。現在も同大学の非常勤研究員となっている[13]

2020年11月にジョー・バイデンが次期大統領となると、それまで上級副社長を務めていたオルブライト・ストーンブリッジ・グループを離れ、国務省関連の政権移行作業を支援する再検討チームに加わった[14][12][15]。11月24日にバイデンから次期国際連合大使に指名された[16][17]。2021年1月27日に上院外交委員会に出席した[18]

国際連合大使の指名承認公聴会においてトマス=グリーンフィールドは、民間のコンサルティング会社に勤務していた2019年当時、中国政府がバックアップする孔子学院でスピーチをしたことについて後悔していると証言した。上院外交委員会の外交政策については大部分につき支持を表明し、アフリカ諸国などにおける中国の「有害な軍事力」と「借金戦術の罠」に警鐘を鳴らした[19][20]

パレスチナ問題については、ボイコット・投資撤収・制裁運動反ユダヤ主義に等しいとし、イスラエルが不公平なまでにやり玉に挙げられることに反対すると述べた[21]

2021年2月23日に上院で採決が行われ、78票対20票で第31代国際連合大使に指名された[22]。2月25日に信任状を捧呈した[23]。指名採決が遅れたのは、テキサス州選出のテッド・クルーズ上院議員が2019年の例のスピーチ内容を問題視したためと報じられた[24]

2021年3月1日には月番の安全保障理事会議長に就任した(同月末まで)[25]

著作編集

  • Thomas-Greenfield, Linda (July 1, 2001). “U.S. Refugee Admissions History and Policy” (英語). Refugee Survey Quarterly 20 (2): 165–169. doi:10.1093/rsq/20.2.165. ISSN 1020-4067. 
  • Thomas-Greenfield, Linda; Wharton, D. Bruce (2019). “Zimbabwe's Coup: Net Gain or No Gain?” (英語). Military Review. https://www.armyupress.army.mil/Journals/Military-Review/English-Edition-Archives/Mar-Apr-2019/6-Zimbabwe/. 
  • Thomas-Greenfield, Linda; Burns, William J. (2020). “The Transformation of Diplomacy: How to Save the State Department” (英語). Foreign Affairs 99 (6). https://www.foreignaffairs.com/articles/united-states/2020-09-23/diplomacy-transformation. 

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ https://abcnews.go.com/Politics/veteran-diplomat-linda-thomas-greenfield-returns-bidens-pick/story?id=74408696
  2. ^ [1]
  3. ^ 国連で米国を代表するリンダ・トーマスグリーンフィールド大使”. アメリカン・ビュー (2021年4月6日). 2021年6月10日閲覧。
  4. ^ Honorary Doctorate Recognizes Career in International Diplomacy”. International Division. University of Wisconsin–Madison (2018年5月12日). 2020年11月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年11月23日閲覧。
  5. ^ Linda Thomas-Greenfield” (英語). Foreign Policy for America. 2020年11月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年11月23日閲覧。
  6. ^ Linda Thomas-Greenfield”. About Us. Albright Stonebridge Group. 2020年11月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年11月24日閲覧。 “Prior to joining the U.S. Department of State, Ambassador Thomas-Greenfield taught political science at Bucknell University in Pennsylvania.”
  7. ^ Appointments and Resignations – Assistant Secretary of State for African Affairs: Who Is Linda Thomas-Greenfield?”. AllGov. 2015年4月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年3月29日閲覧。
  8. ^ Thomas-Greenfield, Linda (1952– )”. The Black Past: Remembered and Reclaimed. 2015年4月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年3月29日閲覧。
  9. ^ Linda Thomas-Greenfield, Assistant Secretary, Bureau of African Affairs”. Department of State. 2017年1月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年3月29日閲覧。
  10. ^ Morello, Carol (2017年3月2日). “That drip-drip is the sound of two more senior diplomats leaving Foggy Bottom”. Washington Post. 2017年3月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年3月10日閲覧。
  11. ^ Thomas-Greenfield
  12. ^ a b Biden looks to rehire diplomats and others fired by Trump to rebuild the State Department”. The Los Angeles Times (2020年11月20日). 2020年11月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年11月20日閲覧。
  13. ^ Ambassador (ret.) Linda Thomas-Greenfield”. School of Foreign Service. Georgetown University. 2021年2月3日閲覧。
  14. ^ Agency Review Teams”. President-Elect Joe Biden. 2020年11月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年11月10日閲覧。
  15. ^ Linda Thomas-Greenfield”. Albright Stonebridge Group. 2020年11月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年11月27日閲覧。
  16. ^ Michael Crowley and Jeanna Smialek (2020年11月23日). “Biden Will Nominate First Women to Lead Treasury and Intelligence, and First Latino to Run Homeland Security”. The New York Times. オリジナルの2020年11月23日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20201123170639/https://www.nytimes.com/2020/11/23/us/politics/biden-nominees.html 2020年11月24日閲覧. "Biden will also nominate Linda Thomas-Greenfield to be ambassador to the United Nations and restore the job to cabinet-level status, giving Ms. Thomas-Greenfield, who is African-American, a seat on his National Security Council." 
  17. ^ Zilbermints, Regina (2020年11月23日). “Biden picks Linda Thomas-Greenfield for US envoy to UN”. TheHill. 2020年11月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年11月23日閲覧。
  18. ^ What Linda Thomas-Greenfield's hearing says about US leadership at UN”. Devex.com (2021年1月28日). 2021年1月31日閲覧。
  19. ^ Mauldin, William (2021年1月28日). “Biden Pick for U.N. Envoy Expresses Regret for China Speech”. 2021年2月2日閲覧。
  20. ^ Feng, John (2021年1月28日). “Linda Thomas-Greenfield, Biden's U.N. pick, says she regrets positive China speech in Senate grilling”. 2021年2月2日閲覧。
  21. ^ “BDS verges on Antisemitism, Biden's pick for US Envoy says”. (2021年1月27日). https://www.haaretz.com/us-news/.premium-bds-verges-on-antisemitism-biden-s-pick-for-un-envoy-says-1.9488357 
  22. ^ Heath, Ryan (2021年2月23日). “'It Can Only Get Better': Linda Thomas-Greenfield Headed to Crisis-Plagued U.N.”. Politico. 2021年2月23日閲覧。 “"[She] will arrive in New York February 25 to present her credentials to U.N. Secretary General António Guterres."”
  23. ^ New US envoy starts challenge to restore US on world stage”. AP NEWS (2021年2月25日). 2021年3月9日閲覧。
  24. ^ Bade, Gavin (2021年2月2日). “Cruz delays vote on U.N. nominee Thomas-Greenfield as impeachment trial looms”. POLITICO. https://www.politico.com/news/2021/02/02/cruz-delays-thomas-greenfield-vote-465285 2021年2月3日閲覧。 
  25. ^ Nichols, Michelle (2021年3月1日). “U.S. to push for 'intense' U.N. Security Council talks on Myanmar” (英語). Reuters. https://www.reuters.com/article/us-myanmar-politics-un-idUSKCN2AT3JW 2021年3月9日閲覧。 

外部リンク編集

外交職
先代
ドナルド・ブース
 リベリアアメリカ合衆国大使
2008年7月18日 - 2012年2月29日
次代
デボラ・R・マラック
先代
ケリー・クラフト
  国際連合大使
第31代:2021年2月25日 - 現職
現職
官職
先代
ナンシー・パウエル
  国務省外交局長
2012年4月2日 - 2013年8月2日
次代
アーノルド・チャコン
先代
ドナルド・ヤマモト
  アフリカ担当国務次官補
2013年8月6日 - 2017年3月10日
次代
ティボー・P・ナジ・ジュニア
アメリカ合衆国の儀礼席次英語版
先代
キャサリン・タイ
通商代表として
(国際連合大使として) 次代
セシリア・ラウズ
大統領経済諮問委員会委員長として