メインメニューを開く

リヴァーヴァードン: 翠河: River Verdon1987年 - 2005年)は、香港で競走生活を送ったアイルランド産のサラブレッド競走馬香港ジョッキークラブにおける登録番号はBG302。1990年/1991年シーズンなど3度にわたって香港年度代表馬に選ばれ、また香港競馬初の香港三冠馬となった。

リヴァーヴァードン
欧字表記 River Verdon
原語表記 翠河
品種 サラブレッド
性別 せん
毛色 鹿毛
生誕 1987年
死没 2005年6月18日
Be My Native
Tuyenu
母の父 Welsh Pageant
生国 アイルランドの旗 アイルランド
生産 Ronald Arculli(夏佳理)
馬主 Oswald Cheung(張奧偉)
Ronald Arculli(夏佳理)
調教師 D. Hill(許怡)
競走成績
生涯成績 38戦16勝
(うち香港国外3戦0勝)
獲得賞金 19,569,482香港ドル
テンプレートを表示

経歴編集

出自編集

アイルランドで生産された競走馬で、1989年に香港ジョッキークラブの代表であった張奧偉と、香港の弁護士であった夏佳理によってPPG(privately purchased griffin、個人輸入の新馬)として香港に輸入された馬である。父馬Be My Native、母馬Tuyenuはともに夏佳理の所有馬で、そのため生産者名義は夏佳理となっている。

一般的な香港馬と同様に3歳よりデビューする予定であったが、馬房内での故障により1年間の休養を余儀なくされ、デビューは翌年へと持ちこされた。

連年の香港馬王編集

競走馬としてのデビューは4歳シーズンになった1990年9月29日で、同シーズンは負けなしで6連勝を飾った。その内容も香港ダービー香港チャンピオンズ&チャターカップを含む内容の濃いものであり、この戦績が評価されてデビュー年にして香港馬王(香港年度代表馬)に選出された。

翌シーズンも好調を保ち、シーズン前半に当時の香港にはまだ少なかった国際競走の香港招待カップへと出走し、海外からの参戦馬を破って香港勢として初の同競走優勝を挙げた。この年勝った競走も香港ゴールドカップクイーンエリザベス2世カップと大競走で、特にチャンピオンズ&チャターカップは翌年に続いての連覇、さらには2シーズン連続の香港馬王に選出されている。

三冠達成編集

1992年/1993年シーズンは2勝にとどまったが、ゴールドカップ・チャンピオンズ&チャターカップの連覇と内容を欠くものではなかった。また、リヴァーヴァードンはこの年までに獲得賞金が1000万香港ドルの大台を超え、香港馬としては初の1000万ドルホースとなる快挙を成し遂げた。同年はこのほか、香港馬として初めてアメリカ合衆国アーリントンミリオンステークスアーリントンパーク競馬場)へと招待され、初の海外遠征を敢行した。結果は12頭立ての11着に敗れている。

1993年/1994年シーズンは香港スチュワーズカップ、香港ゴールドカップ、香港チャンピオンズ&チャターカップの3競走に優勝し、1991年/1992年シーズンに創設されて以来初めての香港三冠を達成、初代三冠馬の称号を得た。現在までに香港三冠馬はリヴァーヴァードン1頭のみの快挙である。同年は3度目の香港馬王に選ばれている。

凋落編集

しかし、香港三冠がリヴァーヴァードンにとって最後の華々しい戦績ともなった。翌シーズンの1994年/1995年シーズンにはオーストラリア遠征が予定され、シーズン初頭の9月に特設された壮行競走に出走、これを優勝した。しかし肝心の遠征初戦となったコックスプレートムーニーヴァレー競馬場)では11着、メルボルンカップフレミントン競馬場)では20着とまったく結果を出せず、遠征は失敗に終わった。国内重賞においてもゴールドカップ3着が最高の成績と、以後まったく振わなくなった。

最後の1995年/1996年シーズンも4戦するが掲示板に載ることすらなく、1996年3月10日の一般競走で14着殿負けを喫したのを最後に競走を終え、3月16日付で引退した。生涯獲得賞金は約1950万香港ドルで、これは当時の大記録であった。

引退後編集

引退後はオーストラリアメルボルンにあるカーバイン・サラブレッドスタッドファーム (Carbine Thoroughbred Stud Farm) に移され、全妹のリヴァーセレインとともに現地で繋養されて余生を過ごした。

リヴァーヴァードンは2005年6月18日に病死した。その遺骸は剥製にされ、現在は香港のハッピーバレー競馬場内にある香港賽馬博物館で展示されている。

評価編集

主な勝鞍編集

1989年/1990年(3歳) 未出走
1990年/1991年(4歳) 6戦6勝
香港ダービー香港チャンピオンズ&チャターカップ
1991年/1992年(5歳) 7戦4勝
香港招待カップ香港ゴールドカップクイーンエリザベス2世カップ、香港チャンピオンズ&チャターカップ(連覇)
1992年/1993年(6歳) 5戦2勝
香港ゴールドカップ(連覇)、香港チャンピオンズ&チャターカップ(3連覇)
1993年/1994年(7歳) 7戦3勝
香港三冠香港スチュワーズカップ、香港ゴールドカップ(3連覇)、香港チャンピオンズ&チャターカップ(4連覇))
1994年/1995年(8歳) 6戦1勝
1995年/1996年(9歳) 4戦0勝

年度代表馬編集

  • 1990年/1991年 - 香港年度代表馬
  • 1991年/1992年 - 香港年度代表馬
  • 1993年/1994年 - 香港年度代表馬

血統表編集

リヴァーヴァードン血統レイズアネイティヴ系 / 5代内アウトブリード (血統表の出典)

Be My Native
1979 黒鹿毛 アメリカ
父の父
Our Native
1970 鹿毛 アメリカ
Exclusive Native Raise a Native
Exclusive
Our Jackie Crafty Admiral
Rakahanga
父の母
Witchy Woman
1972 栗毛 アメリカ
Strate Stuff Noholme
Lady Vale
Witchy Norma Crimson Satan
Tomratta

Tuyenu
1976 栗毛 イギリス
Welsh Pageant
1966 鹿毛 フランス
Tudor Melody Tudor Minstrel
Matelda
Picture Light Court Martial
Queen of Light
母の母
Attuned
1969 鹿毛 アイルランド
Faberge Princely Gift
Spring Offensive
Cann-track Sound Track
Rosie Mccann F-No.13-e


父ビーマイネイティヴはイギリスで競走生活を送り、1983年のコロネーションカップに優勝した馬である。種牡馬としてはおもにナショナルハント競走用の競走馬を中心に送り出しており、産駒に活躍馬は多いものの、ほとんどがせん馬である。

外部リンク編集