ルイス・ブロムフィールド

アメリカ合衆国の小説家

ルイス・ブロムフィールド(Louis Bromfield, 1896年12月27日 - 1956年3月18日)はアメリカ合衆国の小説家。オハイオ州マンスフィールド生まれ。コロンビア大学で学ぶ。第一次世界大戦に従軍し、その後新聞記者としてフランスに行く。処女作は「グリーン・ベイの木」(1924年)。その他の作品にピュリッツァー賞受賞作「初秋」(1926年)や「マラバー牧場」(1948年)などがある[1]

著作編集

  • The Green Bay Tree, 1924
  • Possession, 1925
  • Early Autumn, 1926(初秋)
  • A Good Woman, 1927
  • The House of Women, 1927
  • The Work of Robert Nathan, 1927
  • The Strange Case of Miss Annie Spragg, 1928
  • Awake and Rehearse, 1929
  • Tabloid News, 1930
  • Twenty-four Hours, 1930
  • A Modern Hero, 1932
  • The Farm, 1933(農場)
  • The Man Who Had Everything, 1935
  • The Rains Came, 1937
『雨季来る』大久保康雄訳 岡倉書房 1950 のち角川文庫
  • McLeod's Folly, 1939
  • England: A Dying Oligarchy, 1939
  • Night in Bombay, 1940(ボンベイの夜)
『ボムベイの夜』竜口直太郎訳 世界大ロマン全集 東京創元社 1957
  • Wild Is the River, 1941
  • Mrs. Parkington, 1943
  • The World We Live In: Stories, 1944
  • What Became of Anna Bolton, 1944
  • Pleasant Valley, 1945
『楽しい谷』北川虎雄, 武藤博忠共訳 農林水産業生産性向上会議 1958
  • Bitter Lotus, 1945
  • A Few Brass Tacks, 1946
  • Colorado, 1947
  • Kenny, 1947
  • Malabar Farm, 1948
『マラバー農場』沼田鞆雄訳 家の光協会 1973
  • Out of the Earth, 1950
  • Mr. Smith, 1951
  • The Wealth of the Soil, 1952
  • Up Ferguson Way, 1953
『オールド・ハウス(阪田勝三訳) ファーガスン屋敷の方,真実の愛(大橋健三郎訳)』南雲堂 双書・20世紀の珠玉 1960

編集

  1. ^ Historical Timeline. Malabar Farm Foundation. 2015年9月18日閲覧.