佐藤亮一 (翻訳家)

佐藤 亮一(さとう りょういち、1907年10月18日[1] - 1994年10月1日[1])は、日本の翻訳家

経歴編集

青森県三戸郡名久井村(現 南部町)出身[1]

慶應義塾大学法学部政治学科卒業[1]。 1932年時事新報社入社、1936年毎日新聞の記者となる[1]。 福島支局勤務の後、従軍記者として中国戦線を取材報道する[1]。 中国では資料所持容疑で不当逮捕され、1946年から翌年にかけて北京の捕虜収容所で辛酸をなめる[1]。 日本に帰国した後、毎日新聞東京本社に復帰するかたわら翻訳活動を開始する[1]。 1958年7月、第1回翻訳家国際会議に出席[1]。1984年国際翻訳家連盟から国際翻訳賞を受賞[1]。 1988年から日本翻訳家協会会長[1]。 このほか、慶應義塾大学講師慈恵医科大学講師、共立女子大学教授を歴任した。

英米の名作の翻訳者として数々のヒットを飛ばし、リンドバーグ『翼よ、あれが巴里の灯だ』やパール・バック『大地』の翻訳が名高い[1]。 ほかにもチャーチル林語堂のほか、ノンフィクションの翻訳も手がけた。

著書編集

共編著編集

翻訳編集

  • 武士道に泣く 日本再建を祈願する一外人より』(C・K・オン、新体社) 1949
  • 『隠るべき所なし ビキニ環礁原爆実験記録』(ブラッドリー、大日本雄弁会講談社) 1949
  • 『私は何故ソ連を逃げたか 生き残った人々の記録』(アレクサンドル・バルミン、逍遥書院) 1949
  • 『情熱の旅路』(アーヴイング・ストーン、ジープ社) 1950
  • 『壁』(ジョン・ハーシー北川正夫共訳、改造社) 1950
  • ドナルド・ダック 火山国探険』(ウォルト・ディズニー、養徳社) 1951
  • 永遠のアンバー英語版』(キャスリン・ウィンザー三笠書房) 1952
  • 『抹殺者 この地上には人間より尊いものはない』(イゴーリ・グゼンコ、朋文社) 1955
  • 『翼よ、あれがパリの灯だ 大西洋横断飛行の回想』(チャールズ・リンドバーグ、出版共同社) 1955、のち大和書房 1968、旺文社文庫 1976、のち恒文社 1991
  • 『二十世紀アメリカ社会史』(フレデリック・L・アレン平松幹夫共訳、角川書店) 1955、のち改題『現代アメリカ社会史』(角川文庫) 1957
  • 『現代アメリカ短篇集』(訳編、荒地出版社) 1956
  • 『大西洋の悲劇 タイタニック号の謎』(ウオルター・ロード、大日本雄弁会講談社) 1956、のち改題『タイタニック号の最期』(ちくま文庫
  • ゴーリキイの最後』(イーゴリ・グゼンコ、朋文社) 1956
  • 雨の朝巴里に死す ほか』(フィッツジェラルド、荒地出版社、現代アメリカ文学全集) 1957、のち講談社文庫
  • 『西部への道』(アルフレッド・B・ガスリー、荒地出版社、現代アメリカ文学全集) 1957
  • 『真珠 ほか』(スタインベック、荒地出版社、現代アメリカ文学全集) 1958
  • 『池』(ルイス・ブロムフィールド、荒地出版社、現代アメリカ文学全集) 1958
  • 『ヴァージニアン』(オーエン・ウイスター、出版協同社) 1958
  • 『世界の新聞王 ジョゼフ・ピューリッツァー伝』(アイリス・ノーブル、講談社) 1958、のち改題『新聞王ピューリッツァー』(潮文庫)
  • 『大いなる河』(ヨセフ・カリニコフ、石川信夫共訳、角川書店) 1959
  • 『週の第八の日』(マレク・フラスコ、角川書店) 1959
  • 『婦人記者No.1 ネリー・ブライ物語』(アイリス・ノーブル、河出書房新社) 1960
  • 『ロスト・ジェネレーション以後』(ジョン・W・オルドリッジ、荒地出版社) 1960
  • 『不老長生の秘境』(アレン・バニク, ルネ・テーラー、河出書房新社) 1960
  • 『あなたの運命を変える本』(カルトン・ケース、雪華社) 1961
  • 『第二次世界大戦史』(チャーチル、訳編、あかね書房、少年少女世界の歴史) 1961
  • チャタレー夫人の裁判』(C・H・ロルフ編、河出書房新社) 1961
  • 『アメリカは何をなすべきか』(タイム誌編集局編、同友社) 1961
  • 『ダイヤモンドは危い 国際密輸団への挑戦』(J・H・デュ・プリシス、毎日新聞社) 1962
  • 『超音速パイロット』(ブリッヂマン、あかね書房、少年少女20世紀の記録) 1963
  • ノルマンディー上陸作戦』(サーベージ、あかね書房、少年少女20世紀の記録) 1963
  • 「ポンペイの最期」(筑摩書房、世界ノンフィクション全集49) 1963
  • 『ニューヨークの裏街 ユダヤ人の笑いと涙』(ハリー・ゴールドン、文建書房) 1963
  • 『ポケット笑談事典 笑いの泉・話題の宝庫』(ベネット・サーフ編、潮文社新書) 1964
  • 『悲劇の大統領 大統領ケネディ伝』(ヒュー・サイディ、鷺村達也共訳、荒地出版社) 1964
  • 響きと怒りの作家 フォークナー伝』(ジョン・フォークナー、荒地出版社) 1964
  • 『われ新大陸を発見せり 孤独の英雄コロンブス探検記』(コロンブス R.H.メジャー編、大和書房) 1965
  • 『解放の戦略 毛沢東ゲバラ』(リデル・ハート編、番町書房) 1965
  • 『ペンコフスキー機密文書』(オレグ・ペンコフスキイ、集英社) 1966、のち改題『寝返ったソ連軍情報部大佐の遺書』(集英社文庫)
  • 『男性のためのヨーロッパ案内』(ジャック・マッチヤ、荒地出版社) 1966
  • 『チャーチル名言集』(ポプラ社) 1967
  • 『若き日の回想』(チャーチル、ポプラ社) 1968、のち改題『わが青春記』(旺文社文庫)
  • エムデン号最後の航海』(エドウィン・P・ホイト、筑摩書房、現代世界ノンフィクション全集) 1968
  • 『ジプシーの占い 明日変心するあなたなら』(カールトン・ケース、潮文社) 1971
  • 『燃えさかる火のそばで シートン伝』(ジュリア・M・シートン、早川書房) 1971、のち新版 2006
  • 『第二次世界大戦』(チャーチル、河出書房新社) 1972、のち文庫 全4巻
  • 『SOSタイタニック』(ジャック・ウィノカー編、旺文社文庫) 1973
  • 華麗なるギャツビー』(フィッツジェラルド、講談社文庫) 1974
  • 『金の時 鉛の時』(アン・モロー・リンドバーグ、TBS出版会) 1974
  • フルシチョフ最後の遺言』(河出書房新社) 1975
  • 『チャーチル』(ロバート・ペイン、文化放送開発センター出版部) 1975
  • 『アイルランドのあざらし女』(ロナルド・ロックリー、ジャパン・パブリッシャーズ) 1976
  • 『美人ネコジェニーの世界旅行』(エスター・アベリル作・画、旺文社) 1979
  • 『のらネコ兄弟のはらぺこ放浪記』(エスター・アベリル作・画、旺文社) 1979
  • 『ねこネコねこの大パーティー』(エスター・アベリル作・画、旺文社) 1979
  • 近親相姦 病例とその分析』(スーザン・フォワード, クレイグ・バック、河出書房新社) 1981
  • 紅楼夢』全4巻(曹雪芹原作、林語堂編、六興出版) 1983
  • 『中国人』(フォックス・バターフィールド、時事通信社) 1983
  • 『イラスト版 アメリカの歴史』全4巻(ノーネル・ファー、東京書籍) 1984
  • 『アンナ、戦場に消えた青春』(リンダ・アトキンソン、旺文社文庫) 1986

林語堂編集

  • 『北京好日』(林語堂、ジープ社) 1950年、のち河出書房 1951
  • 『朱ぬりの門』(林語堂、新潮社) 1954
  • 『杜十娘』(林語堂、朋文社) 1956
  • 『ソビエト革命と人間性』(林語堂、東京創元社) 1959
  • 『西域の反乱』(林語堂、芙蓉書房) 1973
  • 『マダムD 中国伝奇小説二十編』(林語堂、現代出版) 1985

パール・S・バック編集

脚注編集