ルイーズ・マリ=ジャンヌ・エルサン

フランスの画家

ルイーズ・マリ=ジャンヌ・エルサン(Louise Marie-Jeanne Hersent、結婚前の姓: モーデュイ(Mauduit)、 1784年3月7日 - 1862年1月7日)はフランスの画家である。肖像画家として知られるルイ・エルサン(1777-1860)の妻である。

ルイーズ・マリ=ジャンヌ・エルサン
Louise Marie-Jeanne Hersent
François Joseph Heim - Louise Hersent in a feathered hat.jpg
生誕 1784年3月7日
フランス,パリ
死没 1862年1月7日
フランス,パリ

略歴編集

パリで測量学者で、コレージュ・ド・フランスの数学の教授のアントワーヌ=ルネ・モーデュイ(Antoine-René Mauduit)の娘に生まれた[1]。兄のアントワーヌ(Antoine François Mauduit :1775-1854)は建築家であり、妹のカトリーヌ(Catherine)は画家のボワゾ(Antoine Honoré Louis Boizot:1774-1817)と結婚した[2]

新古典主義の画家、シャルル・メニエから絵を学び、1810年からサロン・ド・パリに出展を始めた。1824年まで出展し1817年と1819年に1等のメダルを受賞した。1821年に画家のルイ・エルサンと結婚した。

パリ、カセット通りの自宅で、女性のための絵画教室を開き、教えた学生には陶磁器の絵師として知られるボケ(Marie Virginie Boquet:1810-1879)やフィリポー(Julie Philipault:1780-1834)らがいる。

作品編集

参考文献編集

  1. ^ biographie de Louis Hersent par Michael Bryan (1757-1821)
  2. ^ https://gw.geneanet.org/garric?lang=fr&p=louise+m+jeanne&n=mauduit