メインメニューを開く

ルージュ』は、柳美里小説、および同小説を原作として2001年NHKで放送されたテレビドラマである。全6回。2002年5月DVD化されている。

目次

概要編集

このドラマは2001年8月28日から10月9日にかけて総合テレビで毎週火曜日に放送されていたドラマDモードの枠で毎週1話ずつ放送された。また、ドラマDモードの前にBS2の衛星ドラマ劇場で同年8月23日から25日に先行放送された。

先行放送編集

  • 放送局:NHK BS2
  • 放送枠:衛星ドラマ劇場
  • 放送日:2001年8月23日 - 8月25日
  • 放送時間:21:30-23:00
  • ※1回90分(45分×2話)で3夜連続編成

本放送編集

※第3回の放送は9月11日の予定だったが、放送時間帯にアメリカ同時多発テロ事件が発生し、同事件の報道のために翌週の9月18日の24:15-25:00に放送が延期された(18日も同事件の報道により、放送時間は定刻通りでなかった。)。そのため、以降の放送が本来の予定より1週ずつ遅れ、10月2日の放送予定だった最終回も1週遅れの10月9日となった。

ストーリー編集

専門学校の卒業を控え、就職活動に追われている谷川里彩は、大手化粧品会社・クリスティーナの面接に挑んだ。しかしクリエイティブ・ディレクターの本宮礼子に、化粧品会社の面接にノーメイクで来たことを聞かれ、支離滅裂な面接になってしまう。だが、思いも寄らぬ採用通知が届いた。

クリスティーナの宣伝部で働くことになった里彩は、突然姿を消したキャンペーンガールの代役に無理矢理引っ張り出されてしまう。化粧をした里彩の姿を見て礼子やカメラマンの黒川、コピーライターの秋葉は、その美しさに驚き…。

番組連動企画編集

本ドラマが放送されていた時期に、主演の今井絵理子がパーソナリティーを務めていたラジオ番組「Be@t B@by!! 今井絵理子 HOT LINK」(TBSラジオほか)では、本ドラマの内容をクイズにしてリスナーから回答を募集し、正解者の中から抽選でプレゼントをしていた。番組自体は毎週月曜日深夜(実質火曜日)に放送されており、回答締め切りも放送終了から1時間後であったため、ドラマの内容を推測して回答するという目的はあったものの、BS2で先行放送を見ていれば分かる内容であった。その点についても、今井が同番組内で触れていた。

キャスト編集

スタッフ編集

  • 原作:柳美里「ルージュ」(角川書店
  • 脚本:田渕久美子
  • 演出:新城毅彦、南雲聖一
  • プロデューサー:椿宜和(トスカドメイン)
  • 美術:澤田清隆
  • 音楽:村山達哉
  • 制作統括:小松隆一(NHKエンタープライズ21)、一井久司(NHKドラマ番組部)
  • 共同制作:トスカドメイン、NHKエンタープライズ21
  • 制作・著作:日本放送協会(NHK)

主題歌・挿入曲編集

サブタイトル編集

  • 第1回 「初めてのルージュ」(2001年8月28日放送)
  • 第2回 「わたしらしい私」(9月4日放送)
  • 第3回 「モデル・リサ誕生」(9月18日放送)
  • 第4回 「きらめきのとき」(9月25日放送)
  • 第5回 「素顔のとき」([10月2日放送)
  • 最終回 「自分でひくルージュ」(10月9日放送)

撮影協力編集

関連項目編集

外部リンク編集