寺田農

日本の俳優 (1942-)

寺田 農(てらだ みのり、1942年11月7日[1][3] - )は、日本俳優声優。本名同じ[4]身長173cm[1]血液型はB型[1]。かつてはオスカープロモーションに所属していた(2020年2月29日退所)。2020年3月25日現在は株式会社CESエンタテインメント所属[1]

てらだ みのり
寺田 農
生年月日 (1942-11-07) 1942年11月7日(81歳)
出生地 日本の旗 日本東京府東京市(現:東京都豊島区椎名町
身長 173 cm[1]
血液型 B型[1]
職業 俳優
声優
ジャンル 舞台
映画
テレビドラマ
活動期間 1961年 -
配偶者 高橋紀子1970年 - 2006年
一般女性(2011年 - )
著名な家族 寺田政明(父)
寺田史(妹)[2]
中山仁(義弟〈妹の夫〉)
事務所 株式会社CESエンタテインメント
主な作品
テレビドラマ
青春とはなんだ
独眼竜政宗
あいつがトラブル
琉球の風
大地の子
月下の棋士
武蔵 MUSASHI
ドラゴン桜
仮面ライダーW
水戸黄門
映画
肉弾
座頭市と用心棒
ラブホテル
帝都物語
ミスミソウ
信虎
アテレコ
天空の城ラピュタ
ナレーション炎立つ
 
受賞

毎日映画コンクール
男優主演賞
1968年肉弾
ヨコハマ映画祭
主演男優賞
1985年ラブホテル
テンプレートを表示

東京府東京市(現在の東京都[3]豊島区椎名町生まれで、幼少期に板橋区常盤台に転居[4]。このため、媒体によって豊島区出身または板橋区出身[5]、とされる。早稲田大学政治経済学部中退[5]。2008年より東海大学文学部特任教授[5]

来歴 編集

洋画家の父 寺田政明の長男として誕生[6]1961年文学座附属演劇研究所に第一期生として入所[3][7]。同期に岸田森草野大悟橋爪功樹木希林小川眞由美北村総一朗などがいる[8]。当時18歳の寺田と樹木は、第一期生の中で一番年下だった[4]

1961年の暮れ、研究生時代に『十日の菊』(三島由紀夫 作)文学座での初公演で初舞台を踏む[4]

1965年五所平之助監督の『恐山の女』(松竹)で映画デビュー。同年にはドラマ『青春とはなんだ』(日本テレビ系)に不良生徒 橘公夫役として出演。翌年の『これが青春だ』にも起用され、新進気鋭の俳優として注目を集める[4]1968年岡本喜八監督の映画『肉弾』の主演に抜擢され、毎日映画コンクール男優主演賞を受賞[4]。翌1969年の映画『赤毛』にも起用され、これら岡本作品で存在感を示したことをきっかけに仕事が一気に増えた[4]

1981年の相米慎二監督の映画『セーラー服と機関銃』への出演を皮切りに、以降相米作品に欠かせない役者となる[4]1985年の相米作品の『ラブホテル』では2作目となる主役を演じ、ヨコハマ映画祭主演男優賞を受賞[4]

ナレーターとしても起用が多く[9]声優としては1986年公開のスタジオジブリ作品である『天空の城ラピュタ』(以下、『ラピュタ』)のムスカ大佐役が有名。

私生活では1970年高橋紀子結婚したが、2006年離婚。その後、2011年、一般女性と再婚[10][11]2012年3月12日、再婚前に長く内縁関係にあった別の女性から婚約不履行を理由に慰謝料5,000万円と弁護士費用500万円を求めて東京地方裁判所に提訴された(のちに和解)[11][12][13]

2008年東海大学文学部特任教授に就任[5]。「現代映画論」「演劇入門」「戯曲・シナリオ論」の各科目を担当する。

2016年、オーチャードホールにおいて行われた先述の『ラピュタ』のフルオーケストラによるコンサートに、ヒロインのシータ役の声優 よこざわけい子と共にゲスト出演[4][14]

2021年、映画『信虎』の武田信玄の父である武田信虎役で自身3度目、および36年ぶりとなる主演を務めた[4]

人物 編集

学生時代 編集

本名の「農」(みのり)は、父 政明により、後漢の詩碑にある一文字から名付けられた[4]。5歳のころに板橋区常盤台に引っ越し、遊びの一環として絵を描き始める。父に絵を教わったことはなかったが、小学2年生に描いたカレイの絵が文部大臣賞に選ばれた[4]。しかし小学3年生になるとサッカーを始めたり、カントリー&ウエスタンを聴くようになり、絵の興味は薄れた[4]

中高時代はサッカー部でキャプテンを務めた[4]。高校1年生のころにアルフレッド・ヒッチコックの映画『めまい』を観て、主演女優のキム・ノヴァクに憧れた[4]。当時父が新聞小説の挿絵を描いていた関係から、家にはよく新聞記者が出入りし、尾崎士郎などの作家も時々訪れていた。この影響を受け、当時の将来の夢は新聞記者になることだった。

記者を目指して早稲田大学政経学部[注 1]の入試面接を受けると、面接官の教授が偶然同大学サッカー部部長だった。その人物から内申書を見ながら「君はサッカー部に入りたくて早稲田を受けたのか?」と聞かれ、とっさに「もちろんです!」と答えた。このやりとりもあって同大学に合格し、面接で言った手前、入学後はサッカー部に入部した。ただし強豪チームだったため、予想以上に練習が厳しかった[注 2]

文学座研究生オーディション 編集

それまで、たまに映画を見ていたが芝居には特に興味はなく、舞台(演劇)も見たことがなかった[4]。しかし1961年に友達に誘われ、冷やかし程度に気軽に文学座の研究生オーディションに参加[4]。面接官にひとり見覚えがある人がいたため、他の受験生に「あの人誰だっけ?」と聞くと、「杉村春子先生だぞ」と呆れられた[4]

声楽の試験では、後に世界的指揮者となる若杉弘のピアノ伴奏て各受験者が得意なクラシック曲を歌った[4]。しかし本人の十八番カントリー&ウエスタンで、若杉から伴奏できないと言われたため、寺田は急遽ギターを借りて弾き語りした[注 3]

朗読の試験では、シェイクスピアの『ハムレット』の「第一独白」の中の読み仮名[注 4]を数個面接官に聞いた時点で、「キミ、朗読はもういいです」と告げられた。しかしその課題終了間際、面接官の俳優 芥川比呂志から「大きい声出せますか?」と聞かれた[4]。思いっきり声を張り上げて試験を終えた結果、芥川が他の面接官たちに口添えしたことで合格が決まった[注 5]

『ラピュタ』のムスカ役 編集

天空の城ラピュタ』以前は外国映画の吹き替えを何度か経験したが、アニメは初めてだった[4]。本作品の後半の収録時は絵がまだ未完成だったため、“15秒でこのセリフを言って下さい”などと指示を受け、時計を見ながら声を吹き込んだ[4]。劇中のムスカの台詞は、公開後から頻繁に物真似されるようになった[15][16][17]

東海大学の特任教授になった際、教え子たちからよく「ムスカやってください」と言われた。しかし、本人は「当時、2日で録ったからほとんど覚えていなかった」とのことで、「そのキャラクターはどんな台詞があるんだい?」と訊き返したという[18]。後述の事情で『ラピュタ』とは長い間にわたって距離を置いていたため、出演した時の演技感覚をすっかり忘れてしまっており、教え子たちからは「似ていない」と言われることが多かったという[18]。また、2016年の『ラピュタ』のコンサートでは約2,000人の前で劇中曲に合わせ、よこざわけい子と名場面の台詞を披露した[14]。それまで『ラピュタ』を一度も見ていなかったため、練習では周りの人と話が噛み合わなかったという[注 6][注 7]

後日、娘が持つ本作品のDVDを借りて初めて鑑賞して[注 8]復習し、「3つくらいなら台詞を言えるようになった」とのこと[19][20]。なお、寺田は『ラピュタ』に出演した際、演技について宮﨑駿と揉めたという。その関係もあり、トラウマとなったことで公開後もまったく『ラピュタ』を観ることは無かったという。このことから寺田は、声優業は専門の教育を受けた役者(いわゆる本業声優)が演じるべきであると論じている。現在は上述の経緯や娘から勧められたこともあってトラウマを克服しているという[18]

考え方 編集

文学座時代に芥川比呂志から演技をする上で、「とにかく色んな本を読め」と「恋をしろ」ということを教わった。寺田によると、「恋をすれば心がときめく。情熱も嫉妬も恨みつらみも、涙も笑顔も全ての感情は恋に凝縮される」とのこと[4]

役者としては、“偉大なるアマチュア”を自称している。寺田本人は後年「オレは飽きっぽいし、すぐ目移りする。今(2023年1月現在)に至るまで自分の意志で“かくありたい”と思って生きたことがない。そういう意味では俺はプロじゃない」と語っている[4]

若いころから「我慢、苦労、忍耐、努力」などの言葉が大嫌いである[4]

「オレの役者としての色は、監督ごとのイメージで色々変わる」と自己評価しており、過去にNHKの番組で“カメレオン俳優”と紹介されたこともあるとのこと[4]

本人によると「楽しい夢(役者業)を見てときめいていたい。生きている時は夢を見ている時、死ぬ時は夢が終わる時だと、いつも思っている」とのこと[4]

エピソード 編集

対人エピソード 編集

  • 弟子として面倒を見た元付き人には椎名桔平らがいる[21]。本人は後年、椎名について「師匠らしいことは特に何もしていない」と語っている[注 9]。ただし、実際には3年くらい椎名と色々な撮影現場で一緒に過ごし、親交のある監督たちに端役での起用を頼むなど目をかけていた[注 10]
  • 1970年のNHKの時代劇『男は度胸』で三木のり平と共演し[22]、30歳ごろに舞台『おれは天一坊』の山内伊賀亮(やまのうちいがのすけ)役を依頼された[4]。本番ではのり平の芝居で客が大爆笑すると、劇場が揺れる感覚を目の当たりにして「あぁこれが役者なんだ」と感銘を受けた[22]。この舞台で役者業の面白味に気付いたことからその後三木の付き人となり、1999年に彼が亡くなるまで共に舞台に立ち続けた[22]。このため三木を「役者としてのオレの師匠」と位置づけている[4]
  • 1964年のドラマ『でっかく生きろ!』(TBS系)で共演した落語家 古今亭志ん朝と親友となり、当時はよく飲み歩いた[4]。その後三木のり平の舞台『おれは天一坊』を依頼された際、出演を迷っていた[注 11]が、志ん朝に相談すると[注 12]背中を押されたことで出演を決めた[注 13]
  • 岡本喜八相米慎二実相寺昭雄など数多くの映画監督と親交があり、彼らの作品の常連としても知られる[23][24]

その他のエピソード 編集

  • 1961年の文学座での初舞台『十日の菊』への出演は、愚連隊のような役に「ちょうどいいのがいる」と当時研究生の寺田に白羽の矢が立ち出演が決まった。その稽古では、演出家から“バカヤロー!”と怒鳴られたことに腹を立て帰ろうとしたが、先輩俳優 山崎努の助言により何とか稽古を続けた[注 14]。本番終了後、三島由紀夫から褒められたことで[注 15]以後の舞台でも役をもらえるようになり、稽古に忙しくなったため大学を中退した[4]
  • 1967年の岡本喜八の映画『日本のいちばん長い日』の出演者候補になり、扮装テスト[注 16]もしたがスケジュールがズレてしまい、先に決まっていた舞台と日程が重なり出演には至らなかった。
  • 芸能界を代表する読書家としても著名[25]
  • 先述の通り10代のころからサッカーへの造詣が深く[26]、自ら試合でプレーするのが大好きで、芸能人サッカーチーム「ザ・ミイラ」には1980年代から所属[27]。また、自らの草サッカーチーム「インポッシブル・ドリーム」も率いていた[4]前田秀樹(元水戸ホーリーホック監督、現東京国際大学サッカー部監督)と懇意であり、Jリーグジェフユナイテッド市原・千葉の熱狂的ファンである[28]。また、釜本邦茂は早稲田大学の後輩である[26]
  • AV監督として活動していたことがある[29]
  • 若手時代は遅刻魔だったが、ある作品の撮影に遅刻した際、共演者の沢村貞子に「芝居が下手でも迷惑はかからないけど、遅刻は迷惑がかかるから、遅刻だけはしちゃダメなの。芝居は努力しても上手くなるとは限らないけど、努力したら遅刻はしなくなる」と注意されて以来遅刻をしなくなったという[30]
  • 好きな音楽はカントリー・ミュージックで、前述の寺田が監督したAVのタイトルもカントリーソングからきている他、学生時代は新聞記者に加えてカントリー歌手になるのが夢だったという[31][32]
  • 2006年に映画『日本沈没』と映画『日本以外全部沈没』の双方から出演依頼されていたが、どちらに出演するか悩んだ末に後者を選んだという。

出演 編集

テレビドラマ 編集

映画 編集

東宝
松竹
大映
ATG
東映
日本ヘラルド
日活(にっかつ)
ディレクターズ・カンパニー
ヘラルド・エース
アルゴプロジェクト
シネカノン
ギャガ
ビターズ・エンド
彩プロ
その他

舞台 編集

Vシネマ 編集

Webドラマ 編集

吹き替え 編集

アニメーション 編集

ナレーション 編集

テレビ番組
テレビドラマ
Vシネマ
映画
ビデオ
美術館
  • 板橋区立美術館プロモーションビデオ(YouTube板橋区公式チャンネル)※寺田農は板橋出身

バラエティ・紀行番組 編集

CM 編集

監督作品 編集

著書 編集

  • 『寺田農のみのりのナイ話』淡交社、1996年1月15日。ISBN 4-473-01433-9 
  • 『寺田農のノウ・ガキ』風塵社、1996年3月。ISBN 4-938733-23-4 

関連項目 編集

脚注 編集

注釈 編集

  1. ^ 10代のころ、父と酒を飲んだ尾崎から「新聞記者になるなら早稲田に行け!」と言われ、本人は言葉の意味がよく分からないまま同大学の受験を決めたという[4]
  2. ^ 寺田本人は後年、「義理でも貢献しなければと思ったけど、球拾いを3日間やると義理は果たした気になった」とのこと[4]。3日間で退部したかどうかは出典からは不明。
  3. ^ 本人によると、「AmとDmとFの3コードのみで弾ける曲だった」とのこと[4]
  4. ^ この時の「第一独白」の文章は、文学座の演出家でもある福田恆存の翻訳で、旧仮名遣いで漢字も旧字体でふりがなもないというもので、演劇や文学好きでない者が初見で読むには難しかったという。
  5. ^ 本人によると、「サッカー部だったからいくらでもデカい声は出せた。入所後に聞いた話では、合格者を決める際芥川さんに『これからの時代、ああいう変なヤツが1人ぐらいいても面白い』と僕を推してもらえたことで合格できた」とのこと[4]
  6. ^ その際指揮者兼演出家から「(本作品を見た)皆は分かってることなので大丈夫です。分かっていないのは寺田さんだけですから」と言われてしまったという[4]
  7. ^ 一方よこざわはコンサートについて、「主催者の方を通じてオーチャードホール側から『最高の舞台だった』と絶賛されたそうです。30年前の『ラピュタ』の収録では寺田さんと別録りも多かったのですが、今回のコンサートでは台詞の掛け合いをさせていただき、寺田さんの素晴らしさを改めて感じました!それに、とても素敵でダンディで、でも少しやんちゃな方で、お会いできて嬉しかったです!」と、ブログで綴っている[14]
  8. ^ 本人は、「収録時には分からなかったけれど、意外に上手くキャラと声がハマっていた。でもそれは宮崎駿監督の力であって、僕はラピュタに何の思い入れもないです」と語っている[4]
  9. ^ 寺田によると、当時「インポッシブル・ドリーム」というサッカーチームを作ったころで、エースストライカーとして椎名を迎えたつもりだったため、付き人という感覚はなかったという[4]
  10. ^ 椎名は後年のインタビューで、「当時演技は全くできず役を頼んで下さった寺田さんに申し訳なかったです。でも、『インポッシブル・ドリーム』ではそれなりに活躍できたと思ってます(笑)」と述懐している[4]
  11. ^ 本人によると「共演経験はあったものの、気難しい彼とそれまでちゃんと話したことはなかったため出演を迷った」とのこと[4]
  12. ^ 親友であることに加え、過去に志ん朝を芝居の世界に引っ張り込んだのが三木だったことから。
  13. ^ 志ん朝から「農ならきっと先生と合う。アタシが面倒みるから絶対におやんなさい。断ったりしたら縁を切るよ!」と発破をかけられたという[4]
  14. ^ 山崎から「我慢しろ。芝居作りっていうのはこういうモンなんだ」となだめられたという[4]
  15. ^ 三島から「実にイキイキしていた。素晴らしい!」と大絶賛された。
  16. ^ 戦時中の話なため、軍服姿を着た状態で痩せ具合を確かめられたという。

出典 編集

  1. ^ a b c d e f "寺田農". CES. 2023年10月19日閲覧
  2. ^ a b "日本テレビ『これが青春だ』『おにぎり』出演の寺田農 - 「仲のよい兄妹タレント」(S42.2)". 2012年1月27日. 2014年7月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年3月12日閲覧[信頼性要検証] 初出は『週刊平凡』(1967年〈昭和42年〉2月)。
  3. ^ a b c 公式読本 2010, pp. 66–68, 「W CAST TALK_11 寺田農」
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao ap aq ar 『週刊女性』2023年1月31日号.
  5. ^ a b c d 寺田農 - KINENOTE. 2017年2月4日閲覧。
  6. ^ 「連載 あの日あの時、そして今(10) 父・寺田政明(前編)」『月刊美術』2002年7月号、実業之日本社、78-80頁。 
  7. ^ "寺田農". ドラマ部. オスカープロモーション. 2019年6月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月12日閲覧
  8. ^ 寺田 1996a, p. 68.
  9. ^ 寺田 1996a, pp. 11–15.
  10. ^ "俳優・寺田農が30代一般女性と再婚". ORICON NEWS. oricon ME. 2011年9月7日. 2017年2月26日閲覧
  11. ^ a b "ベテラン俳優"女性問題"でドロドロ法廷闘争!"女将"怒りの提訴". zakzak:夕刊フジ公式サイト. 産経デジタル. 2012年1月24日. 2023年10月19日閲覧
  12. ^ "寺田農、婚約不履行で係争中の尾台あけみさんと和解". 産経ニュース. 産経新聞社. 2013年4月25日. 2021年5月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年2月26日閲覧
  13. ^ "尾台あけみが寺田農と和解 ブログで心境報告「新たな人生の始まり」". ORICON NEWS. oricon ME. 2013年4月25日. 2018年7月19日閲覧
  14. ^ a b c よこざわけい子 (2016年3月21日). "ラピュタのコンサート!☆彡". よこざわけい子のブログ「ラピュタ―その夢の先へ」. 2023年1月23日閲覧
  15. ^ "「ラピュタ」ムスカ大佐の「目が、目がぁー!」を寺田農本人がネタに!芸人×役者の「笑×演」が大反響!". music.jpニュース. エムティーアイ. 2011年9月7日. 2017年2月26日閲覧
  16. ^ "なだぎ武がYouTubeチャンネル開設「息抜き程度に見ていただけたら」". お笑いナタリー. ナターシャ. 2020年5月19日. 2022年11月9日閲覧
  17. ^ "Siriに「バルス!」と唱えると……ムスカのものまねをする!". ITmedia Mobile. ITmedia. 2015年11月8日. 2022年11月9日閲覧
  18. ^ a b c 寺田農(インタビュアー:津島令子)「寺田農、トラウマだった『天空の城ラピュタ』のムスカ大佐役。声を録るときに「宮崎駿監督とモメてさ」」『テレ朝POST』、テレビ朝日、2022年11月8日https://post.tv-asahi.co.jp/post-201123/2023年10月19日閲覧 
  19. ^ インタビュアー:用田邦憲「敵役の矜持 寺田農インタビュー」『風都探偵 第10巻』三条陸(脚本)、佐藤まさき(作画)、小学館〈ビッグスピリッツコミックス〉、2021年3月30日、221頁。ISBN 978-4-09-860870-6 インタビュー全体は、pp. 200–218。
  20. ^ インタビュアー:用田邦憲「敵役の矜持 “恐怖”という名の父 寺田農インタビュー」『週刊ビッグコミックスピリッツ』2021年4月12日号(2021年17号)、小学館、2021年3月29日、38-39頁、JAN 4910277620411、雑誌コード:27762-04/12。 インタビュー全体は、pp. 10, 37–40。
  21. ^ 椎名桔平(インタビュアー:武田篤典(steam))「「きっかけは自分で作るしかない」椎名桔平 ロングインタビュー」『R25』、リクルート、2007年2月15日。 オリジナルの2017年2月26日時点におけるアーカイブhttps://web.archive.org/web/20170226131619/https://r25.jp/entertainment/90004812/2017年2月26日閲覧 
  22. ^ a b c "寺田農 「役者もオモシロい」となった三木のり平との思い出". NEWSポストセブン. 小学館. 2016年2月20日. 2023年10月19日閲覧
  23. ^ "寺田農 三船敏郎さんは気遣いの人だったと振り返る". NEWSポストセブン. 小学館. 2016年2月5日. 2023年10月19日閲覧
  24. ^ "千日前で実相寺昭雄さんを語る-「ウルトラマン」監督、ゲストに寺田農さん". なんば経済新聞. みんなの経済新聞. 2011年10月19日. 2019年6月10日閲覧
  25. ^ 寺田農; 桜庭一樹(インタビュアー:瀧井朝世)「対談 寺田農×桜庭一樹 〈前編〉 小説に何を求め何を求めない」『asahi.com』、朝日新聞社、2009年8月12日。 オリジナルの2017年2月6日時点におけるアーカイブhttps://web.archive.org/web/20170226212636/http://book.asahi.com/special/TKY200908120170.html2017年2月26日閲覧 『be Extra BOOKS』に掲載。
  26. ^ a b 寺田 1996a, pp. 31–35.
  27. ^ 寺田 1996b, pp. 96–97.
  28. ^ 寺田 1996b, p. 125.
  29. ^ "続・実相寺昭雄とAV - 男のほのぼの日記". 楽天ブログ. 2014年11月30日. 2019年6月10日閲覧[信頼性要検証]
  30. ^ "寺田農 沢村貞子に優しく諭されて以来、一度も遅刻せず". NEWSポストセブン. 小学館. 2016年1月31日. p. 2. 2019年6月10日閲覧
  31. ^ "池袋西口公園で「フォーク&カントリー・フェスティバル」開催". アメリカンライフ:カントリーミュージック&ダンス&ハーレー. 2019年6月10日閲覧[リンク切れ]
  32. ^ "ミュージックポートレイト 寺田農×樹木希林". ami-go. 2021年5月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月10日閲覧[信頼性要検証]
  33. ^ "菊川怜、5度目の松本清張ドラマは「非常に難しい」石田ひかりと初共演". マイナビニュース. マイナビ. 2016年3月15日. 2016年3月15日閲覧
  34. ^ "ドラマ「特命おばさん検事!花村絢乃の事件ファイル」". WEBザテレビジョン. KADOKAWA. 2020年3月5日閲覧
  35. ^ 東宝特撮映画全史 1983, p. 537, 「主要特撮作品配役リスト」
  36. ^ "東京ノワール キャスト". 映画.com. 2018年7月3日閲覧
  37. ^ "武田信虎役に寺田農 映画「信虎」". 産経ニュース. 産経新聞社. 2019年11月20日. 2019年11月20日閲覧
  38. ^ "明日をつくった男 田辺朔郎と琵琶湖疏水". 虫プロダクション. 2016年4月26日閲覧
  39. ^ "上白石萌歌主演、YOASOBI「あの夢になぞって」の原作を実写化 短尺の新ジャンル「スマホ映画」". ORICON NEWS. oricon ME. 2022年3月17日. 2022年3月17日閲覧
  40. ^ "おまえのマグマを呼び起こせ!和田光沙主演のモノクロ無言活劇「映画(窒息)」予告". 映画ナタリー. ナターシャ. 2023年9月13日. 2023年9月13日閲覧
  41. ^ "First Love (TV Series 2022– ) Full Cast & Crew". IMDb (英語). 2023年4月16日閲覧
  42. ^ 天空の城ラピュタ - メディア芸術データベース. 2023年10月19日閲覧。
  43. ^ "「ラピュタ」の名セリフも飛び出す 寺田農主演映画「信虎」の醍醐味". 産経新聞. 産経新聞社. 2021年11月6日. 2022年10月20日閲覧
  44. ^ "映画「ブルーサーマル」小松未可子・小野大輔・河西健吾・寺田農ら追加キャスト10人". コミックナタリー. ナターシャ. 2021年12月22日. 2021年12月22日閲覧
  45. ^ "NHK特集「カメラマン・サワダの戦争〜5万カットのネガは何を語るか〜」". NHK. 2021年10月26日. 2021年10月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年10月31日閲覧
  46. ^ "巨木に神が蘇(よみがえ)る". NHKアーカイブス. 日本放送協会. 2021年6月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年6月11日閲覧
  47. ^ 巨木に神が蘇(よみがえ)る! -長野県セレクション- - NHKクロニクル. 2023年10月19日閲覧。
  48. ^ 丹羽美之 編『NNNドキュメント・クロニクル1970-2019』東京大学出版会、2020年2月11日、30頁。ISBN 978-4-1305-0199-6 
  49. ^ 【クラウドバンク】トリンドル玲奈さん、寺田農さんを起用した新CMを公開!』(プレスリリース)日本クラウド証券、2022年6月9日https://www.dreamnews.jp/press/0000260077/2024年2月20日閲覧 
  50. ^ 『ロマンアルバム 銀河英雄伝説』徳間書店、1992年、116頁。雑誌61578-11。 

参考文献 編集

  • 『東宝特撮映画全史』監修 田中友幸東宝出版事業室、1983年12月10日。ISBN 4-924609-00-5 
  • 『仮面ライダーW公式読本 "W"』グライドメディア〈グライドメディアムック79〉、2010年9月11日。ISBN 978-4-8130-8079-4 
  • 「人間ドキュメント[オレは偉大なるアマチュア俳優〜寺田農]」『週刊女性』2023年1月31日号、主婦と生活社、2023年1月17日、40-46頁、JAN 4910203650130 

外部リンク 編集