アクティオンゾウカブト

レックスゾウカブトから転送)

アクティオンゾウカブトは、昆虫綱コウチュウ目カブトムシ亜科に分類されるカブトムシ。体毛が生えないタイプのゾウカブトとしては世界最大の大きさを誇る。種小名はギリシャ神話の鹿に変えられた狩人アクタイオーンに由来する。

アクティオンゾウカブト
Megasoma acteon MHNT male.jpg
アクティオンゾウカブト オス
分類
: 動物界 Animalia
: 節足動物門 Arthropoda
: 昆虫綱 Insecta
: コウチュウ目 (鞘翅目) Coleoptera
亜目 : カブトムシ亜目 Polyphaga
上科 : コガネムシ上科 Scarabaeoidea
: コガネムシ科 Scarabaeidae
亜科 : カブトムシ亜科 Dynastinae
: 真性カブトムシ族 Dynastini
: ゾウカブト属 Megasoma
: アクティオンゾウカブト
M. actaeon
学名
Megasoma actaeon
Linnaeus, 1758
シノニム

Megasoma actaeon

和名
アクティオンゾウカブト
アクタエオンゾウカブト
アクテオンゾウカブト
英名
Actaeon beetle
亜種

本文参照

形態編集

オスの体長は50~120mm前後が多く、小型個体でも日本カブトムシ並となる。最大級個体は130mmを越える。体毛が生えないタイプのゾウカブトとしては最も体重が重く、約50gにも達する(ちなみにヘラクレスオオカブトは約40g)。

背側の表面は無毛で、体色は黒色をしている。艶のない黒い丸々とした大きな体と、オスは前胸両横から前方に伸びる太い角が特徴である[1]。体の割に角はそれ程長くはならないため体長はヘラクレスオオカブトより短いが、体重と体全体の大きさでは本種のほうが大きくなる傾向にある。

脚がとても長く力も非常に強いため、細い枝にも器用に掴まって移動でき、太い幹ではその力でしっかりとしがみつき、掴まったら離れないほどになる。そのため、人の手に乗せるのは皮膚が破れて出血を伴う怪我をすることがあり、大変危険である。

先述の通り力はとても強いのだが、ヘラクレスオオカブトコーカサスオオカブトなどの他の真性カブトムシ族とは異なり、角が上向きに沿っているため、敵を投げ飛ばすことには向いていない。そのため、戦闘の際は重い体重を生かして敵を押し出す戦法をとる[2]。アクティオンゾウカブトのオスの角はゾウカブトの中でも特に強固なものである。

ヤヌスゾウカブトラミレスゾウカブトと呼ぶこともある)は独立種とすることが多いが、亜種とする場合もある。アクティオンと異なり体に艶があるのが特徴[3]。頭角はアクティオンよりやや短く、体には厚みがある。

 
ヤヌスゾウカブト

生態編集

メスは羽化時に卵を土に産み、卵は約9か月で孵化する。幼虫期間は非常に長く、3年ほどかかる。3齢の幼虫は体重200グラムに達することがあり[4]、これは昆虫の中でも最重量級である。成虫の平均寿命は短く、約半年ほどである。

分布編集

本種は南アメリカ、特にブラジルボリビアペルーコロンビアエクアドルアマゾン川流域に多く生息する。

近年は分類が見直され、南アメリカ大陸の東側の個体群を従来通りアクティオンゾウカブトとし、ペルーやエクアドルなど西側の個体群をレックスゾウカブトMegasoma rex)として亜種扱いすることとなった。

現地では光につられた本種に体当たりされた電球ガラスが割れるなどの事故が多数報告されている。

脚注編集

  1. ^ 同じく体が黒いタイプであるマルスゾウカブトとの違いである。マルスゾウカブトは艶があり、角が放射状に細長く伸びる。
  2. ^ 『原寸大!スーパー昆虫大事典』 成美堂出版 井出勝久監修 P.16,17
  3. ^ 『小学館の図鑑NEO カブトムシ・クワガタムシ』第3刷 P.140,141
  4. ^ オスのラットとほぼ同等の重さである。

関連項目編集