メインメニューを開く

レッド・ミラー(Robert Red Miller 1927年10月31日 - 2017年9月27日[1])は、イリノイ州マコーム出身の元アメリカンフットボールコーチ。

レッド・ミラー
Red Miller
生年月日 (1927-10-31) 1927年10月31日
生誕地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国イリノイ州マコーム
没年月日 (2017-09-27) 2017年9月27日(89歳没)
死没地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国デンバー
大学 西イリノイ大学
レギュラーシーズン: 40勝22敗
ポストシーズン:       2勝3敗
キャリアレコード:     42勝25敗
チャンピオンシップ優勝
1回(1977年)
コーチ成績 Pro Football Reference
所属チーム(選手)
所属チーム(コーチ/管理職)
1977-1980
1983
デンバー・ブロンコス
デンバー・ゴールド {USFL}

西イリノイ大学卒業後、イリノイ州内のアストリアカントンの高校、カルタゴ・カレッジでコーチを行った。1950年代終わりにルー・セイバンヘッドコーチの下で西イリノイ大学のアシスタントコーチを務めた。その後セイバンはAFLボストン・ペイトリオッツのヘッドコーチとなり、彼は1962年にバッファロー・ビルズ、1963年から1965年まではデンバー・ブロンコス、1966年から1970年まではセントルイス・カージナルス、1971年から1972年までボルチモア・コルツ、1973年から1976年までニューイングランド・ペイトリオッツでアシスタントコーチを務めた。

1977年1月31日にジョン・ラルストンに代わりデンバー・ブロンコスのヘッドコーチとなった[2]。ラインバッカーのランディ・グラディシャーボブ・スウェンソントム・ジャクソン、コーナーバックのルイス・ライト、セイフティのビル・トンプソン、ディフェンシブエンドのライル・アルゼイドによるオレンジ・クラッシュ・ディフェンスニューヨーク・ジャイアンツから加入したベテランQBのクレイグ・モートンの活躍でチームは12勝2敗でAFC西地区優勝を果たし1960年のチーム創設以来初のプレーオフ進出を果たし、第12回スーパーボウルトム・ランドリーヘッドコーチのダラス・カウボーイズと対戦した。チームは10-27で敗れて優勝はならなかった。

チームは1979年まで3年連続でプレーオフに出場したが1978年12月30日にスリー・リバース・スタジアムで行われたディビジョナルプレーオフではピッツバーグ・スティーラーズに10-33、1979年12月23日にアストロドームで行われたワイルドカードプレーオフではヒューストン・オイラーズに7-13で敗れた。1980年に8勝8敗でプレーオフを逃した後、新オーナーのエドガー・カイザーに翌年春解任され後任にはダラス・カウボーイズのアシスタントコーチであったダン・リーブスが就任した。

1983年にUSFLデンバー・ゴールドのヘッドコーチに就任したがオーナーのロン・ブランディングと対立しそのシーズン中に解任された。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ Red Miller Dies at 89; Coached Broncos to Their First Super Bowl” (英語). The New York Times (2017年9月28日). 2018年12月2日閲覧。
  2. ^ Dick Kreck (2008年1月13日). “Broncos' magic season comes alive in memories of its magnetic players”. デンバー・ポスト. 2010年2月8日閲覧。

外部リンク編集

先代:
ジョン・ラルストン
デンバー・ブロンコスヘッドコーチ
1977–1980
次代:
ダン・リーブス