メインメニューを開く

United States Football League (USFL)はかつて存在したアメリカンフットボールのプロリーグであり、1983年から1985年の3シーズンにわたって、春夏シーズン制で3年間興行された。NFLの競争相手であったが、4シーズン目の前に解散した。

USFL
競技 アメリカンフットボール
創立 1982
参加チーム 18
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
最終年 1986年
最終優勝 ボルチモア・スターズ

USFLは、NFLおよびカレッジフットボールがシーズンオフとなる夏にプロフットボールの市場があると見た、ニューオーリンズの実業家デヴィッド・ディクソンによって構想された。ディクソンは、かつてルイジアナ・スーパードームの建設とニューオーリンズ・セインツの創設にかかわる中心メンバーであった[1]

構想によれば、各チームはNFLチームと同じスタジアムを春夏期間のシーズンオフ中に使用し、様々なガイドラインに従うはずであった。だが現実には各チームは財政問題を抱え、かつNFLチームからの圧力でスタジアム確保もままならなかった。サラリーキャップの欠如により、運営コストがコントロール不可能になるほどの年俸を支払うチームも出現した。その結果、チームの移転、合併、売却が続出した。また、NFLおよび他のUSFLチームに対抗して好選手を確保するため、年俸条件のつり上げが起こってチームの財政を悪化させた。

USFLチームの運営幹部およびヘッドコーチはNFLでの経験があり、有望な選手やコーチはUSFLでキャリアをスタートさせ、その何人かは後にプロフットボール殿堂や大学フットボール殿堂に入ることになった。シーズン初年度の1983年にはミシガン・パンサーズが優勝し、1984年にはフィラデルフィア・スターズが優勝し、最終シーズンとなった1985年には、移転してボルティモア・スターズとなって連続優勝した。

1985年、USFLは翌年からシーズンをNFLと重なる秋冬制に変更しようとした。当時のニュージャージー・ジェネラルズのオーナーであったドナルド・トランプを含むオーナーたちは、この変更によりNFLとの合併をもくろんだ。その一環としてUSFLはNFLを反トラスト法違反で訴えたが、わずか3ドルの賠償金を得ただけにとどまり[2]。USFLは1億6千3百万ドルの負債を抱えて終了した。

目次

USFLからNFLに移動した主な選手編集

チーム編集

  • アリゾナ・アウトローズ (1985; アリゾナ・ラングラーズとオクラホマの合併による)
  • アリゾナ・ラングラーズ (1983, 1984; アリゾナとシカゴは選手をトレード)
  • バーミンガム・スタリオンズ(1983–1985)
  • ボストン・ブレイカーズ (1983)
    • ニューオーリンズ・ブレイカーズ (1984; 移転)
      •  ポートランド・ブレイカーズ (1985;移転)
  • シカゴ・ブリッツ (1983, 1984; アリゾナとシカゴは選手をトレード)
  • デンバー・ゴールド (1983–1985)
  • ヒューストン・ギャンブラーズ (1984–1985)
  • ジャクソンビル・ブルズ (1984–1985)
  • ロスアンゼルス・エクスプレス (1983–1985)
  • メンフィス・ショーボーツ (1984–1985)
  • ミシガン・パンサーズ(1983–1984; 1985年にオークランドと合併)
  • ニュージャージー・ジェネラルズ (1983–1985)
  • オークランド・インベーダーズ (1983–1985; 1985年にミシガンと合併)
  • オクラホマ・アウトローズ (1984)
  • フィラデルフィア・スターズ(1983–1984)
    • ボルティモア・スターズ (1985; 移転)
  • ピッツバーグ・モーラーズ (1984)
  • サンアントニオ・ガンスリンガーズ (1984–1985)
  • タンパベイ・バンディッツ (1983–1985)
  • ワシントン・フェデラルズ (1983–1984)
    • オーランド・レネゲイズ(1985; 移転)

1986年編集

NFLとの裁判の前、インディペンダンス・ディビジョンとリバティー・ディビジョンの二つに分ける構想があった。

参照編集

関連項目編集

外部リンク編集