レンフェ102系 (Serie 102 de Renfe,Talgo 350,HSP 350) はレンフェ (Renfe) の高速鉄道AVE用の動力集中方式車両である。タルゴ社ボンバルディア・トランスポーテーションの共同体で合計16編成が製造された。

Serie 102 de Renfe
LaSagra-AVE-S102.jpg
基本情報
製造所 客車 タルゴ
動力車 ボンバルディア・トランスポーテーション
主要諸元
編成 14両編成
M(動力車)+12T(客車)+M(動力車)
軌間 1,435 mm
電気方式 交流25,000V 50Hz
架空電車線方式
最高運転速度 300 km/h
設計最高速度 350 km/h
編成定員 316人
編成重量 322t
車体幅 2,942 mm
車体高 3,365 mm
編成出力 8,000kW
制御装置 VVVFインバータ制御IGBT素子
制動装置 電力回生ブレーキ発電ブレーキ空気ブレーキ
保安装置 ASFA, LZB, ERTMS
備考

編成長 200m

  • 軸配置 Bo'Bo'+1'1'1'1'1'1
'1'1'1'1'1'1'+Bo'Bo'
テンプレートを表示

Renfeでは2004年に発注を行い、2008年8月から2010年12月までに30編成以上が製造される予定である。動力車部分はボンバルディア・トランスポーテーションが、客車部分はタルゴ社がそれぞれ製造を担当している。

編成編集

編成は両端2両の動力車と中間12両のタルゴVII客車で組成される。客車は二等車(トゥリスタ)6両、カフェテリア車1両、中間クラスのプリフェレンテ3両、最上級クラスのクルブ2両で構成され、定員は316人である。3クラスとも座席の前後間隔(シートピッチ)は1mとなっている。クルブクラスには会議室も設けられている。

客室内の設備として、VTRやオーディオ装置がそれぞれの座席や車両に備えられ、GPSを基にした旅客案内装置も設置されている。

床面の高さは760mmであり、タルゴ客車の低重心がそのまま生かされている。

機能編集

両端の動力車のデザインはアヒルに形容されており、空気力学的な改善をもたらしている。特に横風の影響やトンネル微気圧波を軽減する効果がある。トンネルが多い高速新線区間で運用されるため、気密構造にもなっている。動力車の車外両側にはプラットホーム確認用のビデオカメラが設置されており、映像は分割して運転台に表示される。

制御システムはIGBT素子によるVVVFインバータ制御が動力車1両に4基搭載され、素子の冷却は水冷式による。動力車1両の定格出力は4,000kW、最大制動時の出力は4,200kWである。軸重は17tである。

2006年6月にスペインでの鉄道最高速度の記録365km/hを樹立した。設計最高速度は350km/hとなっているが、営業運転開始時は軌道や信号設備の関係で200km/hであった。その後300km/hに引き上げられた。

関連項目編集

外部リンク編集