メインメニューを開く

ロイヤル・サブリン (戦艦・2代)

Arkhangelsk-RoyalSovereign1944.jpg
写真は「アルハンゲリスク」時代のロイアル・サブリン。
艦歴
起工 1914年1月15日
進水 1915年4月29日
就役 1916年4月18日
除籍 1949年4月5日売却後解体。
性能諸元
排水量 基準:29,150トン
満載:33,500トン
全長 189.3 m
全幅 31.0 m
吃水 基準:8.7 m
満載:9.8m
機関 バブコックス&ウィルコックス式重油専焼水管缶18基
+パーソンズ直結タービン(高速・低速)2組4軸推進
最大出力 40,000hp
最大速力 21.5~21.9ノット
航続性能 10ノット/4,200海里
燃料 重油:3,110トン
乗員 1,009名
兵装 竣工時:
Mark1 38.1cm(42口径)連装砲4基
MarkXII 15.2cm(45口径)単装速射砲14基
Mark II 7.62cm(40口径)単装高角砲2基
オチキス 4.7cm(43口径)単装機砲4基
53.3cm水中魚雷発射管単装4門

1938年:
Mark1 38.1cm(42口径)連装砲4基
MarkXII 15.2cm(45口径)単装速射砲12基
MarkXVI 10.2cm(45口径)連装高角砲4基
4cm(39口径)八連装ポンポン砲2基
12.7mm四連装機銃四連装2基

1944年:
Mark1 38.1cm(42口径)連装砲4基
MarkXII 15.2cm(45口径)単装速射砲10基
MarkXVI 10.2cm(45口径)連装高角砲4基
4cm(39口径)八連装ポンポン砲2基、同四連装ポンポン砲2基
エリコン 20mm(76口径)連装機銃6基&同単装機銃24基
装甲 舷側:
330mm
主甲板:
51mm(竣工時)
102mm(1944年)
主砲塔:
330mm(前盾)
174mm(側盾)
mm(後盾)
152.4~174mm(天蓋)
バーベット部:
254mm
司令塔:
279mm(側盾)
レーダー 竣工時:
無し

~1944年:
273型 1基
279型 2基
282型 2基
284型 1基
285型 2基

ロイヤル・サブリン (HMS Royal Sovereign, 05) は、イギリス海軍戦艦リヴェンジ級の1隻。

艦歴編集

 
1936年当時の「ロイヤル・サブリン」の武装・装甲配置を示した図。

本艦は1913年度海軍整備計画でポーツマス海軍工廠1914年1月15日起工。1915年4月29日進水。1916年4月18日竣工、同年5月に就役し本国艦隊(グランド・フリート)に所属したが、ユトランド沖海戦時には機関故障で参加する事が出来なかった。

1930年代初頭に近代化改装が行われたが、主砲の最大仰角を15度から倍の30度に引き上げて射程距離の延伸を行い、1936年に後部甲板に装備していた水上機射出用カタパルトを撤去し、1938年に対空攻撃力強化のため10.2cm単装高射砲を10.2cm連装高射砲に換装した。

1939年9月に第二次世界大戦が開始された時に本艦は依然として本国艦隊司令長官チャールズ・フォーブス英語版大将の麾下第二戦隊に所属していたが、本国艦隊から高速なフッドレパルスが引き抜かれてドイツ海軍通商破壊艦の捜索に就いている時も、低速な本艦は主だった活動はなかった。

1940年中頃に本艦は地中海艦隊に編入された。1940年5月4日にアレクサンドリア到着。6月22日、戦艦ラミリーズ、空母イーグル、第2駆逐群と共にアレクサンドリアから出撃(BQ作戦)。これは船団護衛を目的としたものであったが、作戦は延期され6月23日にアレクサンドリアに戻った。6月28日に再出撃(MA3作戦)。7月2日帰投。7月7日からMA5作戦に参加。作戦中の7月9日にカラブリア沖海戦に参加したが、本艦の低速は決定的な戦いに間に合わないばかりか僚艦マレーヤの優速も殺し、イタリア海軍の戦艦コンテ・ディ・カブールジュリオ・チェザーレとの戦いに参加できなかった。8月11日、アレクサンドリア出港。8月12日にスエズ運河を通って紅海に入った。これ以降ロイヤル・サブリンは1941年までの間に大西洋などでの輸送船団護衛任務に従事し、無事に果たした。

1942年10月に本艦は、日本海軍の攻撃により壊滅した東洋艦隊を再編成するため短期であるが東洋に所属した。最初にセイロン島トリンコマリーで艦隊編成が成されたが、日本海軍の破竹の猛攻に東洋艦隊は積極的な行動を取るが出来ず、一部は地中海に撤退し、本艦を含む残りはケニア沖まで撤退する事となり、僚艦ラミリーズ、レゾリューションリヴェンジらとアフリカ沖で船団護衛に従事した。

第一次世界大戦時には有力な艦であった本艦も大規模な近代化改装を受けられなかったために日本海軍の擁する空母機動部隊に対して対抗できない時代遅れな戦力となってしまった。その後、本艦は1942年から1943年の間にアメリカで整備を受けた以外はこれといった活動はしていない。

ソ連海軍への貸与編集

 
1944年当時の「アルハンゲリスク」時代の本艦。

イタリアが降伏するとソ連はイタリア艦艇の3分の1の分配を要求するもこれは容れられず、代わりにアメリカとイギリスから艦艇が貸与されることとなり、「ロイヤル・サブリン」もそのうちの1隻となった[1]。1944年5月30日にソ連へ引き渡されて「アルハンゲリスク」と改名され、それからスカパ・フローで訓練を実施[2]。8月17日にJW59船団の護衛の一隻としてイギリスを離れた[3]。6日後、船団を攻撃したドイツ潜水艦「U711」艦長Hans-Günther Langeは「アルハンゲリスク」と駆逐艦に魚雷を命中させたと報告したが、これは誤りであり[4]実際は魚雷は早爆していた[5]

「アルハンゲリスク」を撃破したと考えていたドイツ軍はコラに停泊する「アルハンゲリスク」に対して潜水艦による攻撃を幾度か行ったが防雷網の存在のため失敗に終わっている[4]。続いてビーバーによる攻撃が計画されたが機械的な問題のため中止となっており、また実行されたとしてもその予定日には「アルハンゲリスク」はコラを離れていた[6]

「アルハンゲリスク」は8月29日に北洋艦隊に編入された[7]。「アルハンゲリスク」は第二次世界大戦時のソ連艦艇では最大のものであり[8]、Gordey Levchenko提督の旗艦となり、北極海での船団護衛に従事した[9]

1947年後半に白海で座礁したが、損傷の有無や程度は不明である[10]

イタリア戦艦「ジュリオ・チェザーレ」がソ連へ引き渡された後の1949年2月4日に「アルハンゲリスク」はイギリスへと返還された[8]。ソ連は当初「アルハンゲリスク」はイギリスまでの航海に耐えられないと主張して返還をのがれようとした。返還後、状態が悪かったことから解体のため売却となった。[11]1949年4月5日に売却され[12]、スコットランド、インヴァーケイシングのThos W Ward社の解体場に5月18日に着き、解体された[10]

脚注編集

  1. ^ 幻のソ連戦艦建造計画、143、146ページ
  2. ^ 幻のソ連戦艦建造計画、148ページ
  3. ^ Paterson, p. 153
  4. ^ a b Paterson, pp. 153–154
  5. ^ Rohwer, p. 350
  6. ^ Paterson, pp. 154–156
  7. ^ 幻のソ連戦艦建造計画、149ページ
  8. ^ a b Budzbon, p. 3
  9. ^ Ward, p. 44
  10. ^ a b McLaughlin, p. 418
  11. ^ Daniel, pp. 98–99
  12. ^ 幻のソ連戦艦建造計画、150ページ

参考文献編集

  • 瀬名堯彦『幻のソ連戦艦建造計画 大型戦闘艦への試行錯誤のアプローチ』潮書房光人社、2017年、ISBN 978-4-7698-3016-0
  • Paterson, Lawrence (2006). Weapons of Desperation: German Frogmen and Midget Submarines of the Second World War. Annapolis, Maryland: Naval Institute Press. ISBN 1-59114-929-0. 
  • Rohwer, Jürgen (2005). Chronology of the War at Sea 1939–1945: The Naval History of World War Two (Third Rev ed.). Annapolis, Maryland: Naval Institute Press. ISBN 1-59114-119-2. 
  • Budzbon, Przemyslaw (1989). Soviet Navy at War 1941–1945. London: Arms and Armour Press. ISBN 0-85368-948-2. 
  • Ward, John (2000). Ships of World War II. Osceola, Wisconsin: MBI. ISBN 0-7603-0935-3. 
  • McLaughlin, Stephen (2003). Russian & Soviet Battleships. Annapolis, Maryland: Naval Institute Press. ISBN 1-55750-481-4. 
  • Daniel, R. J. (2003). The End of An Era : The Memoirs of A Naval Constructor. Penzance, UK: Periscope Publishing. ISBN 1-904381-18-9. 

関連項目編集

参考図書編集

  • 「世界の艦船増刊第22集 近代戦艦史」(海人社)
  • 「世界の艦船増刊第83集 近代戦艦史」(海人社)
  • 「世界の艦船増刊第30集 イギリス戦艦史」(海人社)
  • 「世界の艦船増刊第67集 第2次大戦時のイギリス戦艦」(海人社)
  • 「世界の艦船増刊第35集 ロシア/ソビエト戦艦史」(海人社)

外部リンク編集