メインメニューを開く

ロボコン』(Robot Contest)は、高専ロボコンを題材にした日本映画監督脚本古厩智之長澤まさみの初主演映画である。

ロボコン
Robot Contest
監督 古厩智之
脚本 古厩智之
製作 富山省吾
製作総指揮 植田文郎
古川一博
小松賢志
出演者 長澤まさみ
小栗旬
伊藤淳史
塚本高史
荒川良々
須藤理彩
鈴木一真
うじきつよし
音楽 パシフィック231
蓮実重臣三宅剛正
撮影 清久素延
編集 三條知生
配給 東宝
公開 日本の旗 2003年9月13日
上映時間 118分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 2.0億円
テンプレートを表示

目次

あらすじ編集

高専生・葉沢里美とその仲間達のロボットコンテスト通称ロボコンへかける青春物語。

要領は良いが、やる気ゼロの落ちこぼれ高専生・葉沢里美は、第2ロボット部顧問の図師隼人から居残り講義を免れる条件として「ロボコン」への出場を打診される。しかし、ロボコンで好成績を残そうと執念を燃やす第1ロボット部とは違い、第2ロボット部は変わり者の溜り場だった。初めはやる気のない部員達と距離を置く里美だったが、合宿を通じて徐々に部員達と友情が芽生えるようになり、改良を加えた犬型ロボット「BOXフンド」で全国大会に挑戦するのだった。モデルとなった2002年の課題は「プロジェクトX」を模した「プロジェクトBOX」だった。

登場人物・キャスト編集

葉沢里美 - 長澤まさみ
主人公。第2ロボット部操縦担当。快活だが飽きっぽい性格の女の子。
相田航一 - 小栗旬
第2ロボット部設計担当。天才肌の設計者だが、他人の感情を理解することに欠ける。
四谷四郎 - 伊藤淳史
第2ロボット部部長及び作戦担当。ロボコンに関する知識は豊富だが統率力が欠ける。
竹内和義 - 塚本高史
第2ロボット部組み立て担当。組み立て技術はピカイチだが、忍耐力がない。
図師 - 鈴木一真
第2ロボット部顧問。
笹木 - 須藤理彩
保健の先生。
オババ - 吉田日出子
旅館の女将。
豪原 - 荒川良々
第1ロボコン部部長。
脇田 - 平泉成
第1ロボコン部顧問。
葉沢良行 - うじきつよし
里美の父。

スタッフ編集

その他編集

  • 主なロケ地は、山口県周南市内の浦山国道2号歩道、周南市総合スポーツセンター、湯野温泉紫水園、光市室積の海岸、徳山港から出港するスオーナダフェリーなどであった。なお、エンディングで登場したボウリング場、徳山スターレーンは2011年10月30日に閉店している。
  • HONDAのASIMOが特別ゲスト出演している。
  • 本作に登場するボックスフンドは小山高専が製作。

関連項目編集

外部リンク編集