メインメニューを開く

ワイアット・ファミリー

ザ・ワイアット・ファミリーThe Wyatt Family)はアメリカ合衆国プロレス団体WWEで活動しているプロレスラーのユニットである。

メンバー編集

元メンバー編集

来歴編集

ユニットの原型はWWE・NXTシーズン6にて結成された、ワイアットとコットンウッドのタッグであったが間もなくワイアットは負傷して欠場し、コットンウッドは解雇となりユニットは解消された。

8月にFCWと統合したNXTに復帰した際、新たにWWEに入団したルーク・ハーパーを部下にしてワイアット・ファミリーを再結成。また、11月にはエリック・ローワンもメンバー入りし、ファミリーを拡大。マネージャーとしてタッグマッチで相手チームへの妨害を加えるなど悪事を行い、またワイアット自身はハーパーとローワンを連れ、シングルとして試合に出場。

2013年、ワイアット・ファミリーと抗争していたNXTタッグ王者であるブリティッシュ・アンビションのオリバー・グレイを負傷させた。そしてグレイの代役となったボー・ダラスをも巻き込み、シングルマッチやタッグ王座戦で抗争を展開。

この時期よりWWEの上層部から期待されるようになり、5月2日のNXTではクリス・ジェリコと対戦した。5月下旬よりワイアット・ファミリーのPVがRAWやSmackDownなどの番組で流されるようになり、7月8日のRAWでケイン対クリスチャンのシングルマッチに乱入。ケインを襲撃したことで抗争勃発。サマースラムのリング・オブ・ファイアマッチ(敗者火葬戦)にて、ワイアットがハーパーとローワンの助けを借り勝利。ケインを火葬し行方不明にした。

10月、ダニエル・ブライアンCMパンクを相手に襲撃を仕掛けるようになるが、CMパンクはザ・シールドとの抗争に移ったため、ブライアンを標的にして抗争を開始。試合を行う度に仲間になるように誘い、12月のPPVであるTLC 2013において3対1のハンディキャップマッチを行って勝利。そして12月31日のRAWではガントレットマッチを行い、ハーパーとローワンは倒されたもののワイアットは試合開始直後にブライアンを襲わせて反則負けとなる、そして3人がかりでブライアンに暴行を加え、遂にブライアンにファミリー入りを決意させたかに見えたがそれはブライアンがワイアットを翻弄するための芝居であった。年明けのRAWにてワイアット&ブライアンのコンビでウーソズを相手にしたケージ戦を戦うがブライアンに裏切られ試合に敗退しさらにケージ内でブライアンに制裁を加えられてしまう。そして1月のロイヤルランブルにてブライアンとの決着戦が行われ、試合に勝利し抗争を終結させた。

ロイヤルランブルの翌日のRAWにてジョン・シナを新たな標的にしたが、シールドが横やりを入れて来たためシールドと戦う事を選択。PPVエリミネーション・チェンバーにて勝利し、WWE最強のトリオの座を奪った。

(シールド戦と同日の)PPVエリミネーションチェンバーのWWE世界ヘビー級王座争奪チェンバー戦に乱入しシナを襲いシナとの抗争を本格的に開始。レッスルマニア30ではワイアットは負けてしまうが、心理戦で優位に立ちエクストリーム・ルールズのケージ戦はファミリーの総力をかけワイアットの勝利に貢献。PPVペイバックではワイアットとシナの個人闘争決着戦としてラストマンスタンディング戦を闘った末シナに敗れた。その後もシナやウーソズと抗争を繰り広げ、6月29日のマネー・イン・ザ・バンクではワイアットがWWE・世界ヘビー級王座戦に、他二人がタッグ王座戦に挑んだ。

7月以降はワイアットがクリス・ジェリコと抗争しPPVバトルグラウンドでは敗れるも、サマースラムで勝利。9月8日のRAWにてケージ戦での決着戦に勝利し抗争を終結させた。

9月のPPVナイト・オブ・チャンピオンズにいずれのメンバーも出場がなく、10月のPPVヘル・イン・ア・セルに向けてワイアットは謎のプロモーションを行い、PPV当日ワイアットはディーン・アンブローズを襲い抗争を始める。そして10月27日のRAWでワイアットがVTRで「2人は俺が治療した上で解放してやった」と話し、ハーパーとローワンのファミリーからの独立をアナウンスした。

その後、幾多の抗争を終えて、7月のPPVバトルグラウンドにて、ワイアットとロマン・レインズ戦でコートを被った男が乱入。無事、その試合はワイアットの勝利で終わり、男と組織を再結成。ちなみに、コートをかぶった男の正体はハーパー。さらに、8月24日は、ワイアットが、欠場中のローワンに変わる新たなメンバー、ブラウン・ストローマンを迎え入れることを発表。そして、10月19日にはローワンも復帰した。

2016年7月19日のドラフトによって、ストローマンがRAWに移ったため、離脱。

特長編集

リーダーのワイアットのキャラクターの原型は、映画『ケープ・フィアー』にてロバート・デニーロが演じたサイコパスキャラマックス・ケネディと言われている。ファミリー全体のコンセプトは、映画『悪魔のいけにえ』のレザーフェイス一家がモチーフとされる[1]。全員が長い顎髭を蓄えている。

入場曲編集

  • Live in Fear - 現在使用中
  • He's Got the Whole World in His Hands
  • Swamp Gas

参考文献編集

  • 『週刊プロレス』EXTRA Vol.11 「WWE完全攻略ガイド」 (2014年、ベースボールマガジン社)
2013年から2014年のレッスルマニア30までの経歴の確認、特長節の説明文の加筆に使用。

脚注編集

  1. ^ 『週プロ EX』pp54,

外部リンク編集