メインメニューを開く

ワレリー・エフトゥホヴィッチ

1999年7月7日コソボキャンプ・ボンドスティールにてアメリカ軍バンツ・クラドック大将(右から二人目)と会談するエフトゥホヴィッチ少将(左、当時)

ヴァレリー・エヴゲーニエヴィチ・エフトゥホヴィチロシア語: Вале́рий Евге́ньевич Евтухо́вич1954年4月17日 - )は、ロシア連邦の軍人。前ロシア空挺軍司令官。中将。

経歴編集

1975年リャザン高等空挺指揮学校を卒業。卒業後、第103赤衛空挺師団で偵察部隊長、中隊長などを勤め、同師団第350連隊参謀長としてアフガニスタンで勤務。1984年にフルンゼ軍事アカデミー卒業後、第76師団第104連隊参謀長に。1986年、第7赤衛空挺師団副参謀長へ就任し、1990年には特別独立空挺旅団訓練センター長となる。1992年第242訓練センター長へ。1999年~2000年の間、空挺軍司令官代理としてロシア軍コソヴォ派遣部隊を指揮する。2005年空挺軍参謀長謙副司令官となる。2007年1月より空挺軍司令官に任命。2009年、退役。

参考文献編集