メインメニューを開く

ワールド・トレード・センター (映画)

ワールド・トレード・センター』(World Trade Center)は、2006年アメリカ映画アメリカ同時多発テロ事件で崩壊したワールドトレードセンターを舞台にし、実話を元に製作されたノンフィクション映画

ワールド・トレード・センター
World Trade Center
監督 オリバー・ストーン
脚本 アンドレア・バーロフ
原案 ジョン・マクローリン
ドナ・マクローリン
ウィル・ヒメノ
アリソン・ヒメノ
製作 マイケル・シャンバーグ
ステイシー・シェア
モーリッツ・ボーマン
デブラ・ヒル
製作総指揮 ドナルド・J・リー・Jr
ノーム・ゴライトリー
出演者 ニコラス・ケイジ
マイケル・ペーニャ
音楽 クレイグ・アームストロング
撮影 シェイマス・マクガーヴェイ
編集 デヴィッド・ブレナー
ジュリー・モンロー
配給 アメリカ合衆国の旗 パラマウント映画
日本の旗 UIP
公開 アメリカ合衆国の旗 2006年8月9日
日本の旗 2006年10月7日
上映時間 129分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $63,000,000[1]
興行収入 $162,970,240[1]
24億円[2] 日本の旗
テンプレートを表示

ストーリー編集

2001年9月11日ニューヨークは、いつもと同じ朝を迎えていた。港湾局警察に勤めるベテラン巡査部長のジョン・マクローリンや、同じく港湾局警察に勤めるウィル・ヒメノをはじめ、警察官たちも普通に業務を開始した。

だが、午前8時40分過ぎ、突如、タワー1(北棟)に、アメリカン航空11便が激突した。続いてタワー2(南棟)にも、ユナイテッド航空175便が激突。アメリカ国民だけでなく世界中の人が我が目を疑った。

ジョンたちは、上層階に取り残された人々を避難誘導すべく、さらなる恐怖が迫っているとも知らずに部下たちと共にタワーへ向かった。

キャスト編集

※括弧内は日本語吹き替え

スタッフ編集

製作秘話編集

  • アドバイザーとして映画についた二人は、あくまで事実に忠実に撮影するよう進言。ニコラス・ケイジがビル内で崩壊寸前に別の警官と話すシーンをオリバー・ストーン監督が消防署員に演出を変更しようとしても、マクローリンは「あの時出会ったのは警官だった」と譲らず、結局監督の方が折れたという
  • 救出に出た海兵隊の軍曹を名乗る男性は、元海兵隊員で普通の市民である。
  • ジョン・マクローリン英語版ウィル・ヒメノ英語版本人も特別出演している。その他、消防隊や警察官など、当時の救助に参加した隊員もエキストラとして出演している。
  • 事件後のヒメノは、恐怖体験によるPTSDから逃れられず、食に走り、見る影もなく激太りしている[3]

脚注編集

  1. ^ a b World Trade Center (2006)”. Box Office Mojo. 2009年11月13日閲覧。
  2. ^ 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』(キネマ旬報社、2012年)660頁
  3. ^ 「映画になった奇跡の実話」 鉄人ノンフィクション編集部

関連項目編集

外部リンク編集