メインメニューを開く

ヴァーリア科(ヴァーリアか、学名:Vahliaceae) は、被子植物のヴァーリア目に属する唯一のである。下位分類にはタイプにして唯一の属でもあるヴァーリア属がある。ヴァーリア科は5草本植物および木本植物があり、ほとんどが北西部を除くアフリカ全土に生育し、他に南アジアではイラクからセイロン島にかけて、更にはベトナムフーコック島にも隔離分布する。ヴァーリア科に属する種は、河岸をはじめとする開けた地域で生育し、草地や森林の中ではあまり繁殖しないが、海水が流れ込むような塩分が濃い土地でも繁殖する様子が見られる[1]。なお、学名デンマークノルウェーの植物学者マルティン・ヴァール (Martin Vahl) に因む[2]

ヴァーリア科
分類APG IV
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
階級なし : コア真正双子葉類 core eudicots
階級なし : キク類 asterids
階級なし : シソ類 Lamiids
: ヴァーリア目 Vahliales
: ヴァーリア科 Vahliaceae

ヴァーリア属 Vahlia

なお、学名Vahliaceae の「Va」の日本語での学術用語の表記法は、ラテン語の学術用語のカナ表記に基づいて「ワ」か「ウァ」としている為、「ウァーリア科」が正しいとされる。

形態編集

一年生または多年生、矮性の低木である[1]

対生単葉全縁、楕円状から線状で無毛または軟腺毛で覆われている[1]

高密度の集散花序で3心皮合生心皮を形成する。花冠の薄片と花弁は同じ長さであり、花弁は白から黄色に色づく。子房は花弁よりも下にあり(子房下位)、それゆえ花被は子房の上につく。最上位に花盤があり、そこから5本の雄蕊が出る。柱頭は頭状であるものもないものも存在する[3]

果実

球形の蒴果である[1]

分類編集

ヴァーリア科は従来の分類体系ではユキノシタ目の下位クレードに位置付けられてきた。分子研究の進展により、キク類に属す科であることが判明した[1]2016年に改訂されたAPG IVでは、ヴァーリア科はヴァーリア目のモノタイプに位置付けられることになり、ヴァーリア目は独立したとして新設され、ナス目シソ目などと近縁性が同等に離れている分類階級のひとつとしてシソ類を構成することになった[4][5]

包括されている種編集

[6]

系統編集

キク類


ミズキ目




ツツジ目




キキョウ類


シソ類

クロタキカズラ目




メッテニウサ目




ガリア目




ムラサキ目



リンドウ目



ヴァーリア目



シソ目



ナス目








参考文献編集

  1. ^ a b c d e Heywood V. H., Brummitt R. K., Culham A., Seberg O. (2007), Ontario: Firely Books, pp. 328, ISBN 1-55407-206-9 
  2. ^ Per Magnus Jørgensen (2009年2月13日). “Martin Vahl”. 2018年11月15日閲覧。
  3. ^ Angiosperm Phylogeny Website. 2018年11月15日閲覧。
  4. ^ P.F. Stevens (2001), http://www.mobot.org/MOBOT/research/APweb/+2010年3月22日閲覧。 [リンク切れ]
  5. ^ The Angiosperm Phylogeny Group (2016), Botanical Journal of the Linnean Society 181, 1: pp. 1–20, doi:10.1111/boj.12385, http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/boj.12385/abstract 
  6. ^ “Vahlia”, The Plant List. Version 1.1, http://www.theplantlist.org/1.1/browse/A/Vahliaceae/Vahlia/ 2016年11月14日閲覧。