メッテニウサ科

メッテニウサ目から転送)

メッテニウサ科(メッテニウサか、Metteniusaceae)は、被子植物のメッテニウサ目に属する唯一のである[1]。 主に熱帯地域に自生する11約60から構成される[2]。従来、本科はメッテニウサ属のみが属していたが、分子系統学の研究の成果から当時のクロタキカズラ科の内の10属が本科に属すことが分かり、整理された。

メッテニウサ科
Metteniusa tessmanniana 01.jpg
分類APG IV
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
階級なし : コア真正双子葉類 core eudicots
階級なし : キク類 asterids
階級なし : シソ類 Lamiids
: メッテニウサ目 Metteniusales
: メッテニウサ科 Metteniusaceae

本文参照

概要編集

主に熱帯地方に自生して、樹木低木といった木本植物として分布している。樹高はDendrobangia boliviana で最大40m、Poraqueiba sericea で最大30mになる。は互生で葉柄は堅い。数種の葉は乾燥すると黒くなる。花序は楕円形または斜めに様々で、束生、腋生集散花序、穂状花序、円錐花序などがある。花は両性で時に単性。雄しべは5本または4本で、しばしば短くて平らな花糸がある。雌しべは5心皮合生(Calatola属は4心皮)で、子房は1または2-3つの子房室から成り、糸状または太い花柱がある。果実は核果、1種子をつける[3][4][5][6][7][8][9]

分布編集

メッテニウサ科には11属64種があるとされる。分布はラテンアメリカ、サハラ以南のアフリカマダガスカルアジアの熱帯地域、オーストラリアニューカレドニアと広い。特に熱帯アメリカ(メキシコ中南米カリブ海)で最も多様性が高く、7属37種が見られる。アジアの熱帯地域には3属(Platea 属、Pittosporopsis 属、Apodytes 属)があり、インド及び中国南部から東南アジアに至る。クイーンズランド州固有種である Apodytes brachystylis は、オーストラリアで唯一の種である。ニューカレドニアにも、Apodytes clusiifolia という固有種が分布する。サハラ以南のアフリカとマダガスカルには、Rhaphiostylis 属とApodytes 属の2属が生息する。最も広い分布域を持つ種は、唯一アフリカとアジアの両大陸に分布する Apodytes dimidiata である[10]

分類編集

本科は元来メッテニウサ属7種だけを含み、従来のAPG体系においてもその枠組みが踏襲されてきたが、2016年のAPG IVでは、クロタキカズラ目クロタキカズラ科に属すと考えられてきた以下の10属がメッテニウサ目メッテニウサ科に移された[11][12]

系統編集

キク類

ミズキ目

ツツジ目

キキョウ類

シソ類

クロタキカズラ目

メッテニウサ目

ガリア目

ムラサキ目

リンドウ目

ヴァーリア目

シソ目

ナス目

利用編集

Metteniusa edulis の種子は、コロンビア北部および東部の原住民の食糧となっている[13]。他に南米の Poraqueiba sericea とアジアの Pittosporopsis kerrii の種子も食用とされる。アフリカからアジアにかけて広く分布する Apodytes dimidiata は、材の硬さから建築資材として利用されるだけでなく、アフリカ先住民には薬としても重宝されている[6][14][3]

参考文献編集

  1. ^ Angiosperm Phylogeny Group (2016). “An update of the Angiosperm Phylogeny Group classification for the orders and families of flowering plants: APG IV”. Botanical Journal of the Linnean Society 181 (1): 1–20. doi:10.1111/boj.12385. http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/boj.12385/abstract. 
  2. ^ Christenhusz, M. J. M.; Byng, J. W. (2016). “The number of known plants species in the world and its annual increase”. Phytotaxa (Magnolia Press) 261 (3): 201–217. doi:10.11646/phytotaxa.261.3.1. http://biotaxa.org/Phytotaxa/article/download/phytotaxa.261.3.1/20598. 
  3. ^ a b Berry, P.E. et al. (1999), Flora of the Venezuelan Guayana (vol. V), Missouri: Timber Press, ISBN 0-915279-71-1 
  4. ^ Leistner, O.A (2005), Seed plants of southern tropical Africa: families and genera, Pretoria: SABONET, ISBN 1-919976-07-8 
  5. ^ Steenis, C. (ed.) (1971), Flora Malesiana. Vol. 7 (1), Leiden, Niederlands: Foundation Flora Malesiana 
  6. ^ a b Peng, Hua; Howard, Richard A., Flora of China: Pittosporopsis, http://www.efloras.org/florataxon.aspx?flora_id=2&taxon_id=125637 
  7. ^ Peng, Hua; Howard, Richard A., Flora of China: Platea, http://www.efloras.org/florataxon.aspx?flora_id=2&taxon_id=125748n_id=125637 
  8. ^ Standley; Steyermark (1949/12), Flora of Guatemala. Icacinaceae, 24(6), Fieldiana 
  9. ^ Báez, Celso Gutiérrez (2008/01), La familia Icacinaceae en la Península de Yucatán, México, 25, Polibotánica, http://www.scielo.org.mx/scielo.php?script=sci_arttext&pid=S1405-27682008000100002 
  10. ^ Hassler, M. (2016), Catalogue of life. Synonymic Checklists of the Vascular Plants of the World, Naturalis Biodiversity Center, http://www.catalogueoflife.org/ 
  11. ^ Byng, James W. et al. (2016), An update of the Angiosperm Phylogeny Group classification for the orders and families of flowering plants: APG IV, 181, Botanical Journal of the Linnean Society, http://w3.ufsm.br/herb/APG%20IV.pdf 
  12. ^ Stull, Resolving basal lamiid phylogeny and the circumscription of Icacinaceae with a plastome-scaledat a set, 102(11), American Journal of Botany 
  13. ^ González, Favio A.; Rudall, Paula J. (2010), Flower and fruit characters in the early-divergent lamiid family Metteniusaceae, with particular reference to the evolution of pseudomonomery, 97(2), American Journal of Botany 
  14. ^ PlantZAfrica.com: Apodytes dimidiata, South African National Biodiversity Institute, (2000), http://www.plantzafrica.com/plantab/apodytesdim.htm