ヴィクトール・ファイファー

ヴィクトール・ファイファードイツ語: Viktor Pfeifer, 1987年5月16日[1] - )は、オーストリアの元フィギュアスケート選手(男子シングル)。

ヴィクトール・ファイファー
Viktor PFEIFER
Figure skating pictogram.svg
Viktor Pfeifer 2010 Skate America 2.jpg
選手情報
生年月日 (1987-05-16) 1987年5月16日(34歳)
代表国  オーストリア
出生地 グラーツ
身長 182 cm
体重 69 kg
元コーチ イリーナ・ロマノワ
プリシラ・ヒル
エレーナ・ロマノワ
ウシ・ケスレル
元振付師 イリーナ・ロマノワ
プリシラ・ヒル
デニス・ペチュホフ
所属クラブ ドルンビルン FSC
引退 2014年5月
ISUサイト バイオグラフィ
ISU パーソナルベストスコア
合計スコア 194.77 2013 欧州選手権
ショート 67.34 2013 欧州選手権
フリー 129.34 2009 ネーベルホルン杯
■テンプレート ■選手一覧 ■ポータル ■プロジェクト

2006年トリノオリンピック2010年バンクーバーオリンピック2014年ソチオリンピックオーストリア代表。

表記編集

名はビクトル、ビクター、姓はフェイファー、プファイファーなどと表記されることがある。

経歴編集

1987年5月16日オーストリアグラーツで生まれる。子供のころからチェロを習っており、作曲もするという[2]

8歳のころにスケートを始めた。2002-2003シーズンのオーストリア選手権で優勝し、翌2003-2004シーズンからISUジュニアグランプリに参戦し、2004-2005シーズンから世界選手権欧州選手権にも出場した。2006年トリノオリンピックでは、フィギュアスケートで唯一のオーストリア代表選手として出場した。

トリノオリンピックの後、振付のために渡米したまま残留。オーストリアではスケートと勉強を両立する環境が整っていないために[3]アメリカ代表としての国際競技会出場を目指した[1][4]。また、2007-2008シーズンには全米選手権地区予選会に出場したが、本選に進むことはできなかった。

2007年12月からプリシラ・ヒルに師事、2008-2009シーズンは所属をオーストリアに戻し、国際競技会に復帰した[1]2009年オンドレイネペラメモリアルでシニアの国際大会で初めてメダルを獲得。2013年欧州選手権ではSP、FSともにパーソナルベストを更新し、自己最高の8位入賞を果たした。2014年5月、引退を発表した[5]

主な戦績編集

大会/年 2002-03 2003-04 2004-05 2005-06 2006-07 2008-09 2009-10 2010-11 2011-12 2012-13 2013-14
冬季オリンピック 22 21 26
世界選手権 26 23 29 20 26 22 20 30
欧州選手権 18 18 29 15 18 18 8 14
オーストリア選手権 1 2 1 1 2 1 1 1 1 1 1
GPスケートアメリカ 12
アイスチャレンジ 13 3 11 2
トリグラフ杯 2
ネペラ記念 2 5
ネーベルホルン杯 10 5 13
シェーファー記念 5 14 5
ゴールデンスピン 4
世界Jr.選手権 12 15
JGPソフィア杯 5
JGPタリン杯 5
JGPウクライナ記念 9
JGPハルギタ杯 10
JGPスケートスロバキア 22
モントフォルト杯 1 J

詳細編集

2013-2014 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2014年3月24日-30日 2014年世界フィギュアスケート選手権さいたま 30
57.17
- 30
2014年2月6日-22日 ソチオリンピックソチ 26
56.60
- 26
2014年1月13日-19日 2014年ヨーロッパフィギュアスケート選手権ブダペスト 16
60.89
11
128.17
14
189.06
2013年12月18日-21日 オーストリアフィギュアスケート選手権ザルツブルク 1
64.29
1
139.15
1
203.44
2013年11月19日-24日 2013年アイスチャレンジグラーツ 3
64.32
2
134.09
2
198.41
2012-2013 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2013年3月10日-17日 2013年世界フィギュアスケート選手権ロンドン 21
64.10
20
125.34
20
189.44
2013年1月23日-27日 2013年ヨーロッパフィギュアスケート選手権ザグレブ 10
67.34
9
127.43
8
194.77
2012年12月19日-22日 オーストリアフィギュアスケート選手権ウィーン 1
60.06
1
134.49
1
194.55
2012年11月5日-10日 2012年アイスチャレンジグラーツ 6
60.41
12
92.98
11
153.39
2011-2012 シーズン
開催日 大会名 予選 SP FS 結果
2012年4月4日-8日 2012年トリグラフトロフィーイェセニツェ - 1
63.54
3
117.45
2
180.99
2012年3月26日-4月1日 2012年世界フィギュアスケート選手権ニース 6
120.48
21
60.61
21
121.93
22
182.54
2012年1月23日-29日 2012年ヨーロッパフィギュアスケート選手権シェフィールド - 21
53.58
17
115.34
18
168.92
2011年12月17日-18日 オーストリアフィギュアスケート選手権グラーツ - 1
71.22
1
128.85
1
200.07
2011年11月1日-6日 2011年アイスチャレンジグラーツ - 4
58.88
3
129.99
3
188.87
2010-2011 シーズン
開催日 大会名 予選 SP FS 結果
2011年4月24日-5月1日 2011年世界フィギュアスケート選手権モスクワ 5
123.22
26
56.68
- 26
2011年1月24日-30日 2011年ヨーロッパフィギュアスケート選手権ベルン - 17
55.70
20
109.13
18
164.83
2010年12月17日-19日 オーストリアフィギュアスケート選手権ザンクト・ペルテン - 1
69.09
1
124.72
1
193.81
2010年11月12日-14日 ISUグランプリシリーズ スケートアメリカポートランド - 12
55.01
12
107.46
12
162.47
2010年9月30日-10月2日 2010年オンドレイネペラメモリアルブラチスラヴァ - 2
62.11
5
108.90
5
171.01
2010年9月22日-25日 2010年ネーベルホルン杯オーベルストドルフ - 12
51.08
14
95.54
13
146.62
2009-2010 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2010年3月22日-28日 2010年世界フィギュアスケート選手権ミラノ 17
59.95
21
110.84
20
170.79
2010年2月12日-28日 バンクーバーオリンピックバンクーバー 23
60.88
20
115.05
21
175.93
2010年1月18日-24日 2010年ヨーロッパフィギュアスケート選手権タリン 15
63.42
16
114.99
17
178.41
2009年12月11日-12日 オーストリアフィギュアスケート選手権インスブルック 1
70.34
1
115.12
1
185.46
2009年11月4日-7日 2009年オンドレイネペラメモリアルピエシュチャニ 1
66.11
2
118.12
2
184.23
2009年10月28日-11月1日 2009年アイスチャレンジグラーツ 12
60.35
12
104.44
13
164.79
2009年9月24日-26日 2009年ネーベルホルン杯[6]オーベルストドルフ 6
65.32
5
129.34
5
194.66
2008-2009 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2009年3月23日-29日 2009年世界フィギュアスケート選手権ロサンゼルス 29
54.01
- 29
2009年1月19日-25日 2009年ヨーロッパフィギュアスケート選手権ヘルシンキ 29
45.65
- 29
2008年12月12日-14日 オーストリアフィギュアスケート選手権リンツ 1
62.31
1
126.01
1
188.32
2008年10月14日-17日 2008年カールシェーファーメモリアルウィーン 9
49.96
4
110.80
5
160.76
2009年10月28日-11月1日 2009年アイスチャレンジグラーツ 12
60.35
12
104.44
13
164.79
2008年9月25日-28日 2008年ネーベルホルン杯オーベルストドルフ 16
51.23
6
114.75
10
165.98
2006-2007 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2006年12月14日-16日 オーストリアフィギュアスケート選手権ウィーン 2
46.70
2
99.70
2
146.40
2006年11月11日-14日 2006年カールシェーファーメモリアルウィーン 18
42.87
14
92.84
14
135.71
2005-2006 シーズン
開催日 大会名 予選 SP FS 結果
2006年3月20日-26日 2006年世界フィギュアスケート選手権カルガリー 12
26.29
26
51.14
- 26
77.43
2006年3月6日-12日 2006年世界ジュニアフィギュアスケート選手権リュブリャナ 5
105.80
17
50.21
10
99.85
15
150.06
2006年2月10日-26日 トリノオリンピックトリノ - 17
62.17
23
101.70
22
163.87
2006年1月16日-22日 2006年ヨーロッパフィギュアスケート選手権リヨン - 12
57.89
19
101.38
18
159.27
2005年11月11日-13日 2005年ゴールデンスピンザグレブ - 4
54.70
7
102.85
4
157.55
2005年10月27日-30日 2005年モンフォルト杯 ジュニアクラス(フェルトキルヒ - 1 1 1
2005年10月12日-16日 2005年カールシェーファーメモリアルウィーン - 4
52.46
5
107.17
5
159.63
2005年9月29日-10月2日 ISUジュニアグランプリ ソフィア杯ソフィア - 6
47.20
5
95.84
5
143.04
2005年9月15日-18日 ISUジュニアグランプリ タリン杯タリン - 3
52.12
8
84.93
5
137.05
2004-2005 シーズン
開催日 大会名 予選 SP FS 結果
2005年3月14日-20日 2005年世界フィギュアスケート選手権モスクワ 14
25.48
20
54.94
23
97.64
23
176.06
2005年2月28日-3月6日 2005年世界ジュニアフィギュアスケート選手権キッチナー 6
97.28
12
52.97
10
99.60
12
152.57
2005年1月25日-30日 2005年ヨーロッパフィギュアスケート選手権トリノ - 17
50.85
17
97.21
18
148.06
2004年10月14日-17日 ISUジュニアグランプリ ハルギタ杯ミエルクレア=チュク - 10
42.60
9
77.95
10
120.55
2004年9月30日-10月4日 ISUジュニアグランプリ ウクライナ記念キエフ - 9
45.87
9
82.95
9
128.82
2003-2004 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2003年9月18日-21日 ISUジュニアグランプリ スケートスロバキアブラチスラヴァ 21 22 22

プログラム使用曲編集

シーズン SP FS
2013-2014 映画『めぐりあう時間たち』サウンドトラックより
作曲:フィリップ・グラス
Breath
by Audiomachine
Piano
by Michael Orteta
Guardians at the Gate
by Audiomachine
2012-2013 月光ソナタ
作曲:ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
2011-2012 映画『ラ・カリファ』サウンドトラックより
作曲:エンニオ・モリコーネ
映画『エレファント・マン』より
作曲:ジョン・モリス
剣士の入場
作曲:ユリウス・フチーク
サーカス・コントレセプション
2010-2011 映画『マスク』サウンドトラックより
作曲:ランディ・エデルマン
2009-2010 月光ソナタ
作曲:ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
アランフェス協奏曲
作曲:ホアキン・ロドリーゴ
同 ピアノバージョン
2008-2009[1] 映画『マトリックス』より
作曲:ドン・デイヴィス
Blues for Klook
作曲:エディ・ルイス
アルビノーニのアダージョ
作曲:レモ・ジャゾット
Ancient Life
作曲:Rage
2007-2008 月光ソナタ
作曲:ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
Beethoven's Last Night
作曲:トランス・サイベリアン・オーケストラ
映画『Mr.&Mrs. スミス』より
作曲:ジョン・パウエル
2006-2007 シェヘラザード
作曲:ニコライ・リムスキー=コルサコフ
2005-2006 Chronologie Part2
Zoolook No.3
作曲:ジャン・ミッシェル・ジャール
映画『』より
映画『8 1/2』より
映画『崖』より
作曲:ニーノ・ロータ
2004-2005 タンゴ 『シルク・ドゥ・ソレイユ』より
作曲:ルネ・デュプレ
アート・オン・アイス
作曲:エドウィン・マートン
2003-2004 映画『バックドラフト』より
作曲:ハンス・ジマー

脚注編集

  1. ^ a b c d 「ヴィクトール・ファイファー 2季ぶりのカムバック」『ワールド・フィギュアスケート 35』新書館、2008年12月、p.79
  2. ^ 小坂有紀編『COLORS 2007 フィギュアスケート男子読本』あおば出版、2007年3月、p.114
  3. ^ フィギュアスケートDays Plus 男子シングル読本 2012 Winter P.80-81
  4. ^ 『WFS35』のインタビューでは、アメリカに残った理由を「ぼくのスケートにとって、辛い時期の話なので、そこで何があったのかはあまり話したくない」と語っている。
  5. ^ Pfeifer hängt die Schuhe an den Nagel
  6. ^ バンクーバーオリンピック最終予選。国際スケート連盟主催。

外部リンク編集