メインメニューを開く

』(みち、: La Strada)は、1954年製作・公開のイタリア映画

La Strada
La Strada.jpg
監督 フェデリコ・フェリーニ
脚本 フェデリコ・フェリーニ
エンニオ・フライアーノ
トゥリオ・ピネッリ
製作 カルロ・ポンティ
ディノ・デ・ラウレンティス
出演者 アンソニー・クイン
ジュリエッタ・マシーナ
音楽 ニーノ・ロータ
撮影 オテッロ・マルテッリ
配給 日本の旗 イタリフィルム / NCC
公開 イタリアの旗 1954年9月22日
日本の旗 1957年5月25日
上映時間 104分
製作国 イタリアの旗 イタリア
言語 イタリア語
配給収入 1億1156万円[1] 日本の旗
テンプレートを表示

フェデリコ・フェリーニ監督作品で、1956年のアカデミー外国語映画賞を受賞した。自他共に認めるフェリーニの代表作の一つ。フェリーニの作品の中では最後のネオリアリズム映画といわれる。アンソニー・クイン以外は日本では無名で、女優も美人とは言い難かったが、日本でも上映されると口コミで評判を呼んだ。

目次

ストーリー編集

旅芸人のザンパノは芸の手伝いをする女が死んでしまったため、その姉妹のジェルソミーナをタダ同然で買い取った。粗野で暴力を振るうザンパノと、頭が弱いが心の素直なジェルソミーナは一緒に旅に出る。

道化の格好で芸をするジェルソミーナ。新しい生活にささやかな幸福さえ感じていたのだが、ザンパノの態度に嫌気が差し、街へと逃げていく。そこで陽気な綱渡り芸人イル・マット(ただし映画の邦訳では名前が出てこない)に出会う。ジェルソミーナはザンパノに連れ戻されるが、イル・マットのいるサーカス団に合流することになる。イル・マットはザンパノと古くからの知り合いらしく、何かとからかってザンパノを逆上させる。ある日、我慢の限界を超えたザンパノはナイフを持って追いかけるのだが、その行いで逮捕されてしまう。

イル・マットはサーカス団から追放され、ジェルソミーナに助言を与え去って行く。翌日、ジェルソミーナは釈放されたザンパノを迎え、2人だけで芸をする日々をすごした。しかし後日、ザンパノは故障した自動車を直す綱渡り芸人を見かける。仕返しする機会を待っていたザンパノは綱渡り芸人を撲殺する。

ジェルソミーナは、綱渡り芸人の死に放心状態となり、なきがらのそばから離れようとしなかった。ザンパノは、大道芸のアシスタントとして役に立たなくなったジェルソミーナを見捨て、居眠りしている彼女を置き去りにして去ってゆく。

数年の時が流れ、見知らぬ海辺の町に立ち寄ったザンパノは、耳慣れた歌を耳にした。ザンパノがたずねると、ジェルソミーナと思われる女が、しばらくその海岸を放浪していたが、誰にも省みられることなく死んでいったという。それはジェルソミーナがよくラッパで吹いていた曲だった。海岸にやってきたザンパノは、絶望的な孤独感に打ちのめされ、ひとり嗚咽を漏らすのだった。

キャスト編集

主題曲編集

テレビ放送編集

日本
  • 吹き替え放送:NHK総合、1971年11月23日10:30~12:19
    • ブルーレイ化の際に紀伊国屋書店はテレビ放送の吹き替え音源を収録のために捜索したものの、権利元が音源を紛失して収録、放映が出来ない状態となっている。

影響編集

大槻ケンヂは『くるぐる使い』にて同映画に対し「『道』は大好きな映画で、僕は何度見てもホロホロ泣いてしまうのです。」と述べていて、表題作の短編の下敷きに使用したことを明かしている[3]

男はつらいよ』などで知られる山田洋次は本作に影響を受けたことを公言しており、阿川佐和子司会の番組サワコの朝に出演した際も、音楽リクエストコーナーで、本作のニーノ・ロータのサントラを選んだ[4]

フェリーニを敬愛している井筒和幸は、自身の推薦映画を紹介する自著で、フェリーニの『8 1/2』『フェリーニのアマルコルド』と共に、本作を推薦している[5]

舞台編集

1984年版編集

文学座が「ジェルソミーナ」のタイトルで舞台化。主人公をジェルソミーナに変え太地喜和子が演じた。

公演日程
1984年10月26日 - 11月4日、PARCO西武劇場
スタッフ
共同脚本:金子成人小林勝也
演出:小林勝也
音楽:宇野誠一郎
舞台監督:鈴木正光
出演
太地喜和子北村和夫玉井碧金内喜久夫梅沢昌代三木敏彦安井裕美鵜沢秀行山名秀の田村勝彦篠倉伸子熟田一久永田紀美子伊藤喜久子菅生隆之塚本景子脇田茂奥山緑岡本正巳水原忍

2018年版編集

音楽劇」(La Strada)のタイトルで舞台化。 演出はデヴィッド・ルヴォー。主演・ザンパノを草彅剛が演じる。

公演日程
2018年12月8日 - 28日、日生劇場
スタッフ
演出:デヴィッド・ルヴォー
美術:伊藤雅子
衣裳:前田文子
音楽:江草啓太
振付:三東瑠璃
歌唱指導:西野誠
舞台監督:徳永泰子
主催:ぴあ梅田芸術劇場
脚本家:ゲイブ・マッキンリー
翻訳:阿部のぞみ
照明:西川園代
ヘアメイク:UDA
音響:長野朋美
クラウン指導:フィリップ・エマール
演出助手:山田翠
企画・制作:梅田芸術劇場


出演
ザンパノ:草彅剛
ジェルソミーナ :蒔田彩珠
イル・マット:海宝直人
モリール:佐藤流司
その他:池田有希子石井咲上口耕平、フィリップ・エマール、岡崎大樹金子大介鹿野真央土井ケイト西川大貴橋本好弘春海四方妃海風安田カナ

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』(キネマ旬報社、2012年)139頁
  2. ^ a b c アーカイブス放送履歴”. NHK. 2013年2月19日閲覧。
  3. ^ 『くるぐる使い』(角川文庫、1998年)256頁
  4. ^ http://kakaku.com/tv/channel=6/programID=28900/episodeID=1168049/
  5. ^ サルに教える映画の話 バジリコ, 2005.10。

関連項目編集

外部リンク編集