メインメニューを開く

ヴィルジニア・ラッジ

イタリア共和国の政治家

ヴィルジニア・エレーナ・ラッジ: Virginia Elena Raggi1978年7月18日 - )は、イタリア共和国政治家。第34代ローマ市長。

ヴィルジニア・ラッジ
Virginia Raggi
Virginia Raggi - Festival Economia 2016.jpg
生年月日 (1978-07-18) 1978年7月18日(40歳)
出生地 イタリアの旗 ローマ
出身校 ローマ第3大学イタリア語版
現職 弁護士
所属政党 五つ星運動
公式サイト Virginia Raggi

イタリアの旗 第34代ローマ市長
在任期間 2016年6月20日 -
テンプレートを表示

目次

経歴編集

 
M5Sの旗とラッジ(2016年)

生い立ち編集

1978年7月18日、首都ローマの第9地区に生まれる。ローマ第3大学イタリア語版法学を学び、司法民法を専攻して卒業した[1]弁護士として開業していたが[2]、やがてベッペ・グリッロが旗揚げしたインターネット政党の『五つ星運動』(Movimento 5 Stelle、M5S)と関わる様になった。2009年にM5Sの政治家だった男性と結婚し、2011年からは自らもローマ第13地区の支部に所属した[3]

2013年ローマ市議会・市長選挙英語版でM5Sから出馬して市会議員に当選、政治家に転じた[4]

市政編集

2016年6月20日2016年ローマ市議会・市長選挙英語版に市長候補としてM5Sから立候補し、一次投票で35.26%を得票して第1位となった。決選投票では与党のイタリア民主党が擁立した第2位候補のロベルト・ジャケッティイタリア語版と争い、67.15%を得票して圧勝した。ローマ市で初の女性市長として[5]、蔓延する汚職の一掃などを公約している[6]

 
式典に出席するラッジ(2018年)

2016年、市長就任直後にローマ市が2024年オリンピックの開催都市に立候補していたのを取り下げ、フランスのパリ市に開催権を譲った。その際にラッジは「130億ユーロの借金をしてまで砂漠に聖堂を作るべきではありません」と発言して、財政出動に消極的である事を示した[7][8]。1960年のローマオリンピック以来となる首都への大規模な公共投資は行われず、既に決まっていた約56億ユーロの大型投資(イタリア政府が32億2000万ユーロ、IOCが15億ユーロ、投資家が9億1000万ユーロ)も白紙となった[9]ローマ第2大学イタリア語版の試算ではオリンピック開催で約62億ユーロの増収が見込まれ、更に4万名の雇用機会が望めていたとされる[9]

2017年2月、ラッジの人事に対して2件の不正が取り沙汰され、警察の捜査対象となった。報道によれば市長の職権を乱用して自身の親族が高給を得られる様に働きかけた疑惑が持たれている[10]。同年末にラッジはM5Sの政治腐敗を防ぐ為の内部規則に従い、2021年の任期終了後に市長へ再立候補しない事を約束した[11]。他のM5Sの政治家と同じく清新さを期待されていたラッジの市政は早くも市民から失望されつつあり、世論調査での市民支持率は44%に低下している[12]

2018年、ラッジ市政下で行政サービスが悪化したとの報告が相次いでおり、公共交通機関廃棄物処理英語版において顕著である。前者については2017年1月以降、整備予算の不足から30台以上の市営バスが火災事故を起こしている[13]。あまりにも急激に頻発する様になった事から、ラッジの市長当選以降は「誰も市営バスの火災でテロを疑わない」と冗談の対象にされている[13][14]。市営バスのサービスを補う為に市営の路線へ民間企業の参入を求める署名が展開されている[15]廃棄物処理英語版については回収作業が3週間に1回程度に減少し、ナポリと同様に市街地にゴミが積み上がる状態になっている[16]。街中には害虫、ネズミ、カラスやカモメが溢れ帰り、山から下りてきたまで餌を目当てに出没しているという[16]

母校のローマ第3大学イタリア語版で2018年に実施された主要都市の生活水準に関する調査において、ローマ市は2017年の67位から85位に悪化している[17]

引用編集

  1. ^ Marco Damilano (2016年3月16日). “Virginia Raggi, chi è la donna che spaventa Renzi e Berlusconi” [Virginia Raggi, the woman who scares Renzi and Berlusconi] (Italian). L'Espresso. 2016年6月11日閲覧。
  2. ^ ローマ市長に史上初めて女性が当選 ビルジニア・ラッジ氏ってどんな人? ハフィントンポスト 2016年06月20日
  3. ^ Raggi, Virginia. “Chi sono: Virginia Raggi” [Who I Am: Virginia Raggi] (Italian). Five Star Movement. 2016年6月11日閲覧。
  4. ^ Rosie Scammell (2016年6月12日). “Rubbish on the streets, corruption in the air: Rome looks for a clean-up candidate”. The Guardian. https://www.theguardian.com/world/2016/jun/11/rome-mayoral-elections-raggi-corruption-five-star-movement 2018年11月18日閲覧。 
  5. ^ ローマ市長に「五つ星」の女性弁護士当選確実に 讀賣新聞 2016年6月20日付
  6. ^ Pianigiani, Gaia (2016年6月6日). “Italy’s Five Star Movement Leads in Rome’s Mayoral Election”. The New York Times. https://www.nytimes.com/2016/06/07/world/europe/italys-five-star-movement-leads-in-romes-mayoral-election.html?_r=0 2016年6月6日閲覧。  エラー: 日付が正しく記入されていません。
  7. ^ Dampf, Andrew (2016年6月22日). “New Rome mayor maintains opposition to 2024 Olympic bid”. Associated Press. Associated Press. http://bigstory.ap.org/article/16a3f9cfd32c4654ae26fde1ec558bff/new-rome-mayor-maintains-opposition-2024-olympic-bid 2016年9月20日閲覧。 
  8. ^ “Rome 2024 Olympic bid collapses in acrimony”. BBC News. (2016年9月21日). https://www.bbc.com/news/world-europe-37432928 2017年5月3日閲覧。  エラー: 日付が正しく記入されていません。
  9. ^ a b Bassi, Andrea (2016年9月22日). “Con il no alle Olimpiadi Roma perde 5 miliardi e migliaia di posti di lavoro” (Italian). il Messaggero (Rome). https://sport.ilmessaggero.it/olimpiadi/no_olimpiadi_roma_perde_5_miliardi_posti_lavoro-1980588.html 2018年7月29日閲覧。  エラー: 日付が正しく記入されていません。
  10. ^ Kaschel, Helena (2017年2月2日). “Rome mayor's scandal «a catastrophe for the Five star movement»”. Deutsche Welle. http://www.dw.com/en/rome-mayors-scandal-a-catastrophe-for-the-five-star-movement/a-37390172 2017年2月8日閲覧。  エラー: 日付が正しく記入されていません。
  11. ^ “Raggi: «Non mi ricandido, c’è la regola. Arrivare viva alla fine sarà un successo»” (Italian). La Stampa (Turin). http://www.lastampa.it/2017/12/19/italia/politica/raggi-non-mi-ricandido-nel-ms-c-la-regola-dei-due-mandati-2pJ718wZew528kx6pWpxgJ/pagina.html 2018年1月13日閲覧。  エラー: 日付が正しく記入されていません。
  12. ^ “Raggi solo 88ma tra i sindaci d'Italia” (Italian). il Tempo (Rome). (2017年9月27日). http://www.iltempo.it/politica/2017/09/27/news/raggi-solo-88-esima-tra-i-sindaci-d-italia-1035390/ 2018年7月29日閲覧。  エラー: 日付が正しく記入されていません。
  13. ^ a b “Perché gli autobus a Roma continuano a prendere fuoco?” (Italian). The Post Internazionale (Rome). (2018年5月8日). https://www.tpi.it/2018/05/09/autobus-fuoco-roma/ 2018年7月29日閲覧。  エラー: 日付が正しく記入されていません。
  14. ^ Pianigiani, Gaia (2018年5月10日). “Rome Is Burning (or at Least Its Buses Are)”. The New York Times. https://www.tpi.it/2018/05/09/autobus-fuoco-roma/ 2018年7月29日閲覧。  エラー: 日付が正しく記入されていません。
  15. ^ Perrone, Manuela (2018年4月27日). “Roma, referendum Atac: dietro il rinvio gli errori e le aspettative del Campidoglio”. Il Sole 24 Ore. http://www.ilsole24ore.com/art/notizie/2018-04-26/roma-referendum-atac-dietro-rinvio-errori-e-aspettative-campidoglio-215241.shtml?uuid=AEB98JfE 2018年7月29日閲覧。  エラー: 日付が正しく記入されていません。
  16. ^ a b Curridori, Francesco (2018年4月28日). “A Roma è di nuovo emergenza rifiuti” (Italian). il Giornale (Milan). http://www.ilgiornale.it/news/cronache/roma-nuovo-emergenza-rifiuti-1520561.html 2018年7月29日閲覧。  エラー: 日付が正しく記入されていません。
  17. ^ “Qualità della vita: crolla Roma, Bolzano resta prima” (Italian). la Repubblica (Rome). (2018年11月18日). https://www.repubblica.it/cronaca/2018/11/18/news/qualita_della_vita_crolla_roma_bolzano_resta_prima-211987121/?ref=RHPPLF-BH-I0-C8-P4-S1.8-T1 2018年11月18日閲覧。  エラー: 日付が正しく記入されていません。

外部リンク編集

脚注編集

公職
先代:
フランチェスコ・パオロ・トロンカイタリア語版特別委員
(市長代行)
  ローマ市長
2016 -
次代:
現職