ヴェルズ・パーネリ・ジョーンズ・レーシング

ヴェルズ・パーネリ・ジョーンズ・レーシング (Vel's Parnelli Jones Racing) は、かつて存在していたアメリカのレーシングチーム・F1コンストラクター。

パーネリ
活動拠点 アメリカ合衆国の旗 カリフォルニア州トランス
創設者 パーネリ・ジョーンズ
ヴェルコ・ミレティッチ
スタッフ モーリス・フィリップ
ジョン・バーナード
ドライバー アメリカ合衆国の旗 マリオ・アンドレッティ
参戦年度 1974 - 1976
出走回数 16
コンストラクターズ
タイトル
0
ドライバーズタイトル 0
優勝回数 0
通算獲得ポイント 6
表彰台(3位以内)回数 0
ポールポジション 0
ファステストラップ 1
F1デビュー戦 1974年カナダGP
最終戦 1976年アメリカ西GP
テンプレートを表示

概要編集

 
1970年のインディ500で優勝したアンサーがドライブしたPJコルト

1963年のインディ500勝者である元レーシングドライバーのパーネリ・ジョーンズ英語版と、フォードカー・ディーラーである[1]ヴェルコ・ミレティッチ(Velco Miletich, 1925年 - 1998年[2])によって1969年に設立[3]された。本拠地はカリフォルニア州トランス[4][5]。1970年 - 1971年のインディ500でアル・アンサーが優勝、USACチャンピオンシップでジョー・レナード英語版が1971年のチャンピオンとなっている[6][7]

1972年はアンサーとレナード、新加入したマリオ・アンドレッティの3人体制となる[8]。スポンサーはタバコのブランドであるバイスロイ英語版がついた。この年マシンデザイナーとして加入した元ロータスモーリス・フィリップ英語版がパーネリ初のオリジナルマシン、パーネリ・VPJ1を製作、インディ500でアンサーが2位となり、レナードがUSACチャンピオンシップで優勝3回を記録して前年に次ぐチャンピオンを獲得した[9]

1974年はF5000にも参戦を開始し[10]、アンドレッティがシリーズ2位となった[11]

1975年、コスワースDFVにターボチャージャーを搭載したDFXを開発した[12]。DFXは1977年から他チームにも供給が開始され、1988年にシボレー・エンジン搭載車が優勝するまで[13]、1978年[14]から1987年[15]に渡ってインディ500を制したエンジンとなった。

F1参戦編集

 
VPJ4(1975年イギリスGP)

1974年のカナダGPよりF1参戦を開始。スポンサーはインディカーやF5000同様バイスロイが担当する。フィリップがデザインしたVPJ4はトーションバー・サスペンションやインボード・ディスクブレーキなどロータス・72に似ていたため、「4インチ低いロータス」との別名を持つ[1][16]。カナダGPでは7位で完走、アメリカGPでは予選1日目に最高位のタイムを記録、最終的に予選3位となった。

1975年は開幕から参戦。開幕戦のアルゼンチンGPではファイアストンのタイヤを使用していたが、ファイアストンがモータースポーツから手を引いたため[4]、次戦ブラジルGPからグッドイヤーに切り替える[17]。シーズン中にフィリップら主要スタッフがチームを離脱する事態に見舞われた[18]が、スペインGPの4位を最高として予選10位以内を4回記録、スペインGPではファステストラップを記録し、スウェーデンGPで4位、フランスGPで5位となった。しかし、ファイアストンの撤退とバイスロイがスポンサーを降りた影響で資金難に陥る。新しいスポンサー候補としてヒルトン・ホテルロックウェル・インターナショナルと交渉するも契約には至らず[19]、翌1976年は開幕戦のブラジルGPを欠場。アンドレッティが南アフリカGPで6位に入賞したが、次戦アメリカ西GPを最後にF1から撤退した。

撤退後はインディカー・レースに専念。1975年途中からチームに加入したジョン・バーナードが手掛けたVPJ6B[5]ポコノミルウォーキーフェニックスの3戦を制した[5][20]

インディカー・チャンピオン編集

チャンピオン 優勝 シャシー エンジン タイヤ
1970   アル・アンサー 10 コルト
キング
フォード ファイアストン
1971   ジョー・レナード 1 コルト・70
コルト・71
フォード ファイアストン
1972   ジョー・レナード (2) 3 パーネリ・VPJ-1 オッフェンハウザー ファイアストン

インディ500優勝編集

チャンピオン シャシー エンジン タイヤ
1970   アル・アンサー コルト・70 フォード ファイアストン
1971   アル・アンサー (2) コルト・71 フォード ファイアストン

F1での年度別成績編集

(key) (斜体はファステストラップ)

シャシー
エンジン
タイヤ ドライバー No. 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 ポイント WCC
1974年 VPJ4
フォード コスワースDFV V8
F ARG
 
BRA
 
RSA
 
ESP
 
BEL
 
MON
 
SWE
 
NED
 
FRA
 
GBR
 
GER
 
AUT
 
ITA
 
CAN
 
USA
 
0 NC
  マリオ・アンドレッティ 55 7 DSQ
1975年 VPJ4
フォード コスワースDFV V8
F


G

ARG
 
BRA
 
RSA
 
ESP
 
MON
 
BEL
 
SWE
 
NED
 
FRA
 
GBR
 
GER
 
AUT
 
ITA
 
USA
 
5 10位
  マリオ・アンドレッティ 27 Ret 7 17 Ret Ret 4 5 12 10 Ret Ret Ret
1976年 VPJ4B
フォード コスワースDFV V8
G BRA
 
RSA
 
USW
 
ESP
 
BEL
 
MON
 
SWE
 
FRA
 
GBR
 
GER
 
AUT
 
NED
 
ITA
 
CAN
 
USA
 
JPN
 
1 13位
  マリオ・アンドレッティ 27 6 Ret
  • DSQは失格。

非選手権編集

(key)

シャシー エンジン ドライバー 1 2 3
1975 パーネリ・VPJ4 フォード コスワースDFV 3.0 V8 ROC INT SUI
  マリオ・アンドレッティ 3

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 『AUTO SPORT YEAR '75』 三栄書房、1975年、58頁。
  2. ^ Velco Miletich”. OldRacingCars.com. 2014年12月24日閲覧。
  3. ^ Parnelli Profile”. Grandprix.com. 2014年12月24日閲覧。
  4. ^ a b 『オートスポーツ』 1975. 12/1号、43頁。
  5. ^ a b c アラン・ヘンリー著・守部信之訳 『F1マシン デザイン&テクノロジー』 CBSソニー出版、1990年、203頁。
  6. ^ Indy 500 and USAC racing 1971”. OldRacingCars.com. 2014年12月24日閲覧。
  7. ^ USAC National Championship 1971”. Driver Database. 2014年12月24日閲覧。
  8. ^ Indy 500 and USAC racing 1972”. OldRacingCars.com. 2014年12月24日閲覧。
  9. ^ USAC National Championship 1972”. Driver Database. 2014年12月24日閲覧。
  10. ^ 『オートスポーツ』 1975. 3/1号、82頁。
  11. ^ 1974 SCCA/USAC Formula 5000 Championship Review (Part 1) (PDF)”. My Formula 5000. 2014年12月24日閲覧。
  12. ^ 檜垣和夫 『インディー500』 二玄社、1994年、142頁。
  13. ^ 檜垣、173頁。
  14. ^ 檜垣、152頁。
  15. ^ 檜垣、193頁。
  16. ^ 『AUTO SPORTS YEAR '75/'76』 三栄書房、1976年、62頁。
  17. ^ 林信次 『F1全史 1971 - 1975』 ニューズ出版、1993年、108頁。
  18. ^ 『AUTO SPORT YEAR '75/'76』、34頁。
  19. ^ 『オートスポーツ』 1976. 3/1号、36頁。
  20. ^ 檜垣、144頁。

関連項目編集